気分変調症で障害者手帳は交付できる!そのメリットは?

体調不良が続き、思ったように社会生活が送れない時は気持ちが焦ることでしょう。色々調べた際に「障害者手帳」という単語を見聞きし、興味を持った人も多いかもしれません。

気分変調症を患う場合、障害者手帳を申請することができます。今回は、障害者手帳の詳細とメリット、さらに受けることができるサービスも紹介します。

まずはゆっくり休息し、気分が良くなってきたら活動に向けて少しずつ準備をしましょう。

気分変調症とは?概要を覚えておこう!

気分変調症は、ほぼ1日中気分が落ち込む状態が2年以上にわたる慢性の疾患です。倦怠感や食欲の変化、睡眠障害などもあります。

うつ病よりもやや軽い症状が長引き、男性より女性に多く発症します。現在は、「気分変調性障害」、「持続性抑うつ障害」と呼ばれることもあります。

気分変調症は障害?初めは抵抗があるかも!

「障害」とは「活動の妨げになる」という意味があり、身体障害、精神障害、視覚障害、聴覚障害などがあります。気分変調症は精神障害に当てはまります。

厚生労働省では、障害のある人でも安定した生活ができるよう雇用や助成など各種対策を行っています。

自分が病気であることを公に示すことになるので、最初は抵抗があるかもしれません。しかし、少しずつ社会に参加するためにも申請をするメリットはたくさんあります。

障害者手帳とは?詳しく見ていこう!

精神障害の場合に交付される手帳は、正しくは「精神障害者保健福祉手帳」と呼びます。交付された場合は、自立した活動ができるよう様々な支援が受けられます。

ただし、疾患が6か月以上続いていることが条件です。

障害者手帳とは?

障害者手帳は社会生活に支障や制約がある人に交付され、障害の状態によって等級が定められています。交付されると各種支援を受けることができます。

手帳の有効期限は2年で、その都度更新の手続きを行います。必要がなくなれば返還ができます。

障害者手帳を持つメリットは?

障害者手帳が交付されると、下記のような支援が受けられます。各自治体のページでも詳しく解説されているので調べてみましょう。

  • 各種税金の控除・減免
  • 各種交通機関の割引
  • 公共施設や文化施設の利用料割引
  • 携帯電話料金の割引
  • 地域によってはNHK受信料の割引、住宅への優先入居、配達料の免除など

障害者手帳の申請方法は?余裕を持って準備を!

都道府県や市などの公的なサイトでも確認できます。自分が体調不良などで行けない場合は、代理人が申請することもできます。

どこで申請する?

自分が居住している自治体の窓口で行います。役所内の所もあれば、保健福祉センターの場合もあるので調べてみましょう。

用意するものは?

申請書は自治体の窓口に用意してあります。その他にも疑問点があれば、直接問い合わせてみましょう。念のために印鑑も用意しておくと、押し忘れがあった際にも安心です。

  • 精神障害者保健福祉手帳の申請書
  • 精神障害者保健福祉手帳用の診断書または障害年金を受けている書類の写し
  • 顔写真(縦4センチ×横3センチ)
  • 本人であることがわかる書類
  • 個人の番号(マイナンバー)がわかるもの

その他の注意点

診断書はかかりつけの病院で発行してもらえますが、別途費用が3000~5000円ほどかかります。

また、他の人にお願いする場合は代理人の身元を確認する書類など、加えて必要なものがあるので気をつけましょう。

障害者雇用エージェントも利用できる!メリットは?

障害者手帳が交付されると、さらに「障害者雇用エージェント」を利用することができます。

近年ではたくさんの仲介業者がありますので、インターネットなどで調べてみてください。

障害者雇用エージェントとは?

障害がある人も安心して社会に参加できるよう、仕事の紹介やスキルアップのためのサポートを各種行ってくれる事業です。

スタッフが丁寧に対応し、面接やマナーの講座なども受けられます。社会復帰への第一歩として、利用してみてはいかがでしょう。

障害者雇用エージェントのメリットは?

障害を持った人の立場になって対応してもらえるのはありがたいことです。主なメリットを挙げました。

  • 障害者枠のため競争率が低い
  • 障害者の目線で対応してもらえる
  • 当事者のスタッフから話が聞ける
  • 信頼できる企業の非公開案件がある
  • 各種講座やサポートが受けられる

障害者手帳と似ているけど違う!障害年金とは?

調べているうちに、「障害年金」という言葉も見たことがあるかもしれません。名前が似ていますが、まったく違うものなので覚えておきましょう。

障害年金とは?

障害年金とは公的年金の1つで、障害を持った人が安定した生活を送れるように支払われる年金のことです。

指定された4つの条件を全て満たした人に、2か月に1度現金が支払われます。障害者手帳のように公共のサービスなどはありません。

障害年金の注意点

例えば障害者手帳が2級の場合、必ずしも障害年金が2級ではありません。管轄は自治体ではなく日本年金機構なので、近隣の年金事務所に問い合わせてみてください。

まとめ

気分変調症と障害者手帳についてお話してきました。気分変調症を6か月以上患う人は、障害者手帳を申請することができます。

初めは抵抗があるかもしれませんが、メリットがたくさんあり、仕事探しのサポートなどもしてもらえるのは大変心強いことです。

体調の良い時に下調べと準備をし、社会復帰に向けて少しずつ前に進みましょう!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ