何となく疲れてるし眠れない?睡眠障害の原因にビタミン不足がある!

なんとなく眠れないと悩んでいる日本人は多くいます。なんとなく疲れている気がするという人も、多くいます。このなんとなくの症状は、食事の偏りのせいの可能性があります。

現代社会では、食の少なくなっている人の他栄養不足なんで考えにくいのですが実際にはあるのです。多忙な毎日で、簡単に買えるコンビニでのお弁当を選ぶ時にはついつい好きな物ばかり選んでしまいます。

その為に栄養も偏りやすくなります。まして、好き嫌いが激しくある人ならなおさらです。今回は、そんな食事と睡眠について調べました。

睡眠障害とは何の事?睡眠を邪魔する症状の事!

睡眠障害とは、眠れない状態になってる症状の事です。症状は、人によって色々あり「不眠症」・「過眠症」・「概日リズム睡眠障害」・「睡眠呼吸障害」・「その他の睡眠障害」・「病気からの睡眠障害」の6つの種類に分けられます。

なんとなく眠れないと感じながら毎日を過ごす事で、疲れも重なり昼間に眠くなったり日々の生活や仕事にも支障が出てくるのは困ります。早めに、睡眠障害の原因を探して対応される事をお勧めします。

睡眠障害の原因とは?

睡眠障害の原因は、人により様々違いがあります。症状が似ていてもその対応は、原因により違いますので注意が必要になります。よく見られる原因を挙げてみました。

    <睡眠障害のよく見られる原因とは>

  • ストレスが原因
  • 病気の症状が原因
  • 心の病気が原因
  • 服用している薬が原因
  • 時差ぼけ、体内時計の乱れが原因

睡眠障害に食事が関係が?睡眠と関係が深い栄養素!

皆さんもご存知のとおり、ストレスが睡眠障害の原因になっているケースは数多くあります。しかし、現代社会ではストレス無しに生活していく事は困難になります。

他にも不眠になる原因として食事があります。睡眠と関係が深い栄養素、ビタミンB12やビタミンB6があります。食事の偏りなどからビタミン不足になる事があり、その結果代謝や酵素の働きが悪くなるので疲れがとれないとか眠れない等の症状が続きます。

睡眠と栄養素の関係?

睡眠にはメラトニンの分泌量が大きなポイントになります。その分泌量を調節して、睡眠のリズムを作るのがビタミンB12になります。ビタミンB6は自然に眠りに入りやすくしてくれます。

ビタミンB12の役割とは?リズムを整える働きがある!

ビタミンB12の働きとしては、悪性貧血を防ぐ為に赤血球を作り出します。その時には葉酸というビタミンと共に、正常な赤血球を作る働きをします。

睡眠が正しく取れている人は、朝明るくなったら起きて夜暗くなったら眠るという事が毎日繰り返されています。これは、脳から分泌されるホルモンのメラトニンの働きにありビタミンB12はこの分泌を整えます。また、脳の神経伝達を正しく伝える為には必要不可欠な栄養素になります。

ビタミンB12が多い食品!

ビタミンB12が多い食品は、動物性食品に多く含まれています。植物性食品にはほとんど含まれていないのですが、発酵食品の醤油や納豆や味噌には含まれています。

ビタミンB6の役割とは?神経の伝達の手助け!

ビタミンB6とは、脂質とたんぱく質の代謝で大事な働きをします。特にたんぱく質を組み合わせてから身体の筋肉や内臓に皮膚やホルモンを作る時には大事なものになります。

食品からたんぱく質を吸収してからアミノ酸に分解して、たんぱく質を作り直します。そして余ったアミノ酸はエネルギーになりその時にもビタミンB6が必要です。また、神経伝達の手助けをします。これが、睡眠に深く関係します。摂取する時には注意も必要です。

睡眠に深く関係とは?

神経伝達の手助けをして、日々の神経の働きが支障なく滑らかに運ばれるようにする働きがあります。また、眠りやすい状態にしてくれます。

摂る時の注意とは?

ビタミンB郡には、お互いに相乗効果の働きがあるので組み合わせがポイントです。ビタミンB6を取る時には、ビタミンB2を多く含まれる食品を一緒に摂る事がお勧めです。

その他にも大事なものがある?トリプトファンです!

気持ちの良い睡眠のために必要なものとして、トリプトファンというものがあります。人の身体をつくる為や、動かす為に必要なアミノ酸の1つになります。摂取すると、片頭痛や不眠、時差ぼけ等にも効果が現れます。

睡眠に関係の深い、セロトニンやメラトニンをつくる栄養素になります。またそこにはビタミンB6が必要になりますので、バランスよい食事を摂りビタミンB6も忘れずに摂りましょう。

何を食べれば良いのか?

トリプトファンは、色々な食品に含まれていますのでバランスよく1日3回で摂れるように工夫をして下さい。下記に多く含まれる食品を挙げました。

    <トリプトファンが多く含まれる食品とは>

  • 穀類は、うどん、そば等
  • イモ類は、サトイモ
  • 豆類は、小豆、インゲン豆等
  • 種実類は、アーモンド、くるみ等
  • 野菜類は、枝豆、春菊等
  • 果実類は、キウイフルーツ、アボガド等
  • きのこ類は、しいたけ、マッシュルーム
  • 魚介類は、かつお、まぐろの赤身等
  • 肉類は、牛リブロース、牛サーロイン等
  • 卵類は、鶏卵

トリプトファン摂取量?

人が生活していく上で必要なトリプトファンの摂取量は、目安として体重1Kgで2Mgくらいになります。ただし、不眠等の治療目的には必ずとはいえません。

バランスが大事です!

トリプトファンは、肉類や魚介類に多く含まれています。だからといって、毎日肉類にする等といった偏った食事にすると栄養のバランスが崩れる事になるので注意しましょう。

まとめ

今回は、睡眠に関係の深いビタミンとそのビタミンの働きと効果を上げる為の方法や食品の摂取についての注意等調べました。

不眠の原因は食事にもあり、睡眠と関係が深い栄養素ビタミンB12やビタミンB6があります。ビタミン不足は、代謝や酵素の働きが悪くなり疲れがとれず眠れない等の症状を招きます。

睡眠にはメラトニンの分泌量が重要でその分泌量を調節し、睡眠のリズムを作るのがビタミンB12です。ビタミンB6は自然に眠りに入りやすくします。ビタミンB6を取る時ビタミンB2を一緒に摂る事がベストです。

良い睡眠に必要なものに、トリプトファンがあります。肉類や魚介類に多く含まれますが偏った食事には栄養のバランスを崩す為注意が必要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ