ストレスが原因で不眠症に!眠れない日々に悩んで 25歳 女性 M・Hさん

高校生の時に不眠になりました。不眠症のきっかけはおそらくストレスだったと思います。

私の学校は恐ろしいくらい上下関係が厳しくて、上級生からいじめられる人が多かったです。2学年上にすごく怖い先輩たちがいて、この影響で先輩からの後輩いじめが横行していました。

2年生も3年生を見て悪いふうに学んだみたいで、後輩で少しでも癇に障る人がいると、いじめてもいいという認識があったみたいです。

私たち1年は本当に怖くて、休み時間もずっと1年同士で固まってなるべく上級生のいる校舎には行かないようにしていました。それくらい怖かったです。部活も同様で、上下関係がすごかったです。

部活で目を付けられ

部活は新入生の部活体験のときに学校がこんなに怖いところだとは知らずに結構やらかしてしまいまして、それ以来上級生に目を付けられていました。部活中に難癖を付けられたことも何度もあります。

このせいでいろいろとストレスが溜まってしまって「不眠症」になりました。寝る前って何故か分かりませんが、その日あったことを思いだします。それが余計なストレスを増やして眠れなくなりました。

無理して寝ようとしても全然寝付けなくて、一度寝ても夜に二、三度起きてゆっくりと眠れません。その内クマができて顔もげっそりとするようになりました。

友達に心配されても恥ずかしてくて相談できませんでした。上級生を怖がって、これがストレスになって不眠症を患っているなんて言いたくなかったのです。

病院で睡眠薬をもらい

不眠症はなかなか長く私を苦しめましたが、睡眠薬を処方してもらうようになって少しだけマシになりました。病院でもらったものなので、適切な量を飲めばまったく問題ありません。

睡眠薬のおかげで大分睡眠不足が緩和しました。朝までぐっすりと眠れるのは本当に嬉しかったです。

ストレスがなくなると睡眠薬もいらなくなり

そして学年が上がっていく内にこのストレスもなくなりました。怖い先輩たちが卒業して行ったからです。

ストレスが無くなると睡眠薬も必要なくなり、ホッとして毎日暮らせるようになりました。ストレスは怖いなと今でも思います。

そして後輩たちに同じような思いはさせたくなくて、私は絶対に後輩いじめはしないと決めました。

同級生の中には「自分もされたから」と言って後輩をいじめる人はいましたが、私はああはなりたくありませんでした。後輩に好かれる先輩でいたいと思いました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ