うつ病になるのと同時に不眠になるのは原因が同じだったから

うつ病とは、一般的なイメージでとてもネガティブで内向的な印象を受ける方は多いです。現にうつ病方々の動作は鈍く、笑いも少なく表情はどこか乏しい感じがするのではないでしょうか?

しかし、天才型に多いのも事実です。それはどうしてなのか、脳内分泌されているセロトニンの影響を受けていると現在の科学では認知されはじめています。

精神病は脳の栄養失調

セロトニン(serumとtoneが由来)は約60年前に発見され、血管平滑筋を収縮させる物質で血管の緊張を調節する働きにある。セロトニンの作用がない場合、ドーパミンやアドレナリンの感情的な興奮時に分泌されます。感情的な興奮をコントロールし安定させるとされているのがセロトニンなのです。

試験や大会など、訓練を周期的に行うためには安定性が必要です。そのための記憶力もいいとされるのは、このせいではないかと言われています。

そもそも精神病というのは、神経系・伝達分泌の影響によるもので、そのほとんどは栄養失調とも言われています。具体的には、必須アミノ酸の欠乏と思われます。

セロトニン不足で不眠とうつ病に

そして、不眠はドーパミンやアドレナリンの作用により眠れない場合もあるのです。その場合、トリプトファンというアミノ酸の一種を摂取すると良いとされています。例えばホットミルクなどは有効とされています。

うつ病はもともと脳の神経作用にあるものなので、発症時はさまざまで年齢性別を問いません。うつ病に多くみられるのは腰痛と肥満です。

アメリカの大学ではこれを解消できると発表しました。それはウォーキングです。それも適度な速度で約1時間半程度歩くことです。ポイントは適度な速度で、吐く息に二酸化炭素が出る程度に歩くというものでした。

もともとセロトニン作用なので、これの逆のドーパミンやアドレナリンの作用を使うためです。ようするに、解消といいますか発散させてしまうのです。被験者は2週間ほど継続して行う事で、腰痛と不眠を克服できたそうです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ