うつ病から復職へ向けた階段を上手に登りましょう

うつ病になって休職していても、「復職・復帰」という言葉が頭から離れることはないと思います。いつ、どのタイミングで復職したらよいのか見極めが大事です。

一定期間治療に専念し、「もうそろそろいいかな」、と思い復職したが、すぐに症状が再発して、また療養を一から始めなければなくなる、という場合もあります。そして、再発したことにより、症状が前より重症になってしまうこともあります。

職場復帰を考えるようになったら、まずは担当医と相談し、家族等に意見を求め全員のゴーサインが出たら復職に向けて動き出しましょう。

うつ病は回復期が重要

うつ病で一番大事な時期なのが回復期です。この時期に症状が再燃してさらに治療が必要になるのか、または職場への復帰の第一歩となるのかを分ける大事な時期です。

回復期にはうつ病の症状はかなり良い状態になり、早く職場に復帰せねば、早く復職しないとこのまま社会に戻れなくなるのではないか、という思いが出て焦ってしまいがちです。しかし、この焦りがストレスとなり、うつ症状が再燃しかねないのです。

肝心なのは、「自分が今どんな状態かということを再認識し、では次は何をしようか?」と次の目標を一つずつ定めていくことが重要です。

また、担当の医師ともよく話し、急性期の状態がどんなものだったか、どんな時にうつ病の悪循環が起こっていたのか、また、悪循環をどう回避すればよいのかを確認し、整理しておくことが必要です。

復職に向けての目安

回復期で、「復職」という目標が定まれば次にすることは、復職するに当たって自分が適応できるのか、ということを確認することです。復職への目安として、朝自然に起きることができるか、日中ずっと起きていられるか、食事がきちんと摂れているか、長時間の作業に耐えられるか、そして、一番大切なのは、仕事をしたいと思えるか、ということが最低限の「復職」への目安です。

もちろん家族の意見、医師の診断も必要です。そして、条件が揃えばいよいよ「復職」ですが、ここには、職場の理解も必要です。

勤務形態ですが、まず短時間勤務からこなしていき、除々に時間を増やしていくという、リハビリ出勤が最適だといえます。その後、数ヶ月経った時点でフル勤務できる状態にもっていければベストです。

そしてこの間も、定期的に受診することを忘れてはいけませんし勝手に薬を止めることもいけません。

復職後のプレッシャー

うつ病になりやすい人は、真面目、神経質、何事にも一生懸命取り組み頑張りすぎてしまう、という特徴があります。つまり、何事においても「適当」にこなす、ということが出来ず完璧を求めてしまう人が、うつ病にかかり易いといえます。

職場へ復帰した場合、大事なのはこの「適当」です。いざ復職し、仕事をこなしていく上で、自分自身に完璧を求めてはいけません。

他人ではなく、自分で自分自身にプレッシャーを与えてしまっては、またうつ病に逆戻りになってしまいます。同僚や上司に迷惑がかかるのでは、との心配もあるかと思いますが、一緒に働く人たちはみなさん、復職して間もない人に完璧を求めません。

うつ病患者にとっての「適当」は、そうでない人とっては「普通」なのです。ですので、「適当」にこなすこなしていても誰も何も責めません。

まずは、仕事のことは考えず、会社へ行くことだけを考えましょう。会社へ出勤できたら、短時間の勤務をこなし、少しずつ会社に滞在する時間を増やし、会社での滞在時間が苦にならなくなるまで、ゆっくり時間をかけて以前の状態に近づけるようにしましょう。

頑張らず焦らずに

復職に向けてやはり一番大事なことは、無理をしないことです。そして何より怖いのは再発です。

職場に復帰しても、調子が悪く、担当医や家族が、休みなさい、と言えば素直に従って必ず休むことが大事です。そして、「適当」を心がけ、これ以上は無理という状態になる前にブレーキをかけ、うつ病の再発につとめることができれば、きっと以前の自分を取り戻すことが出来るはずです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ