うつ病で休職した人が仕事に復帰したい時どうすればいいか?

うつ病の人が抱える悩みの一つに、仕事を休んだ後、無事復職できるかどうか、と言うことがあります。

うつ病は、「これで完治!」という境界が非常に分かりにくい病気です。そして、治ったと思っても、何かのきっかけですぐに再発してしまうこともあります。

症状が軽くなったので復帰したけれど、またうつにならないか心配だったり、職場の人とうまくやっていけるか不安だったりと、悩みは色々尽きないもの。

ここでは、復職する時や、復職した後の悩みについて、見て行きましょう。

復帰には医師の診断が必要

まず、復職の目安についてですが、医師の診断が全てです。医師がまだ早いと言っているのに無理をおして復職すると、症状をかえってひどくしてしまう事もあり、職場に迷惑もかけてしまいます。

条件付きでなら復帰を認めてもらえることもあるため、担当医とよく相談するようにしましょう。

うつ病の人が復職する時は、多くの場合、まず勤務時間や勤務日数などに制限をつけて復職します。まずは体に無理のない範囲で仕事ができるかどうかを試し、それから徐々に慣らしていくのが負担も少なくて済むからです。

仕事の条件については、医師の指示の下、職場とよく相談した上で決定することになります。場合によっては、元いた職場とは異なる部署で復帰することもあるかもしれません。

まずは復帰することを目指して!

ですが、まずはどんな仕事でも復帰できることが大切です。あまり難しく考えすぎず、目の前に与えられた問題をクリアしていくことからスタートしてみましょう。

勤務時間や残業の有無など、決められた条件があれば無理せず、それを守るよう心がけます。

一日二日は無理ができても、突然がくっと体調が悪くなることがあるのが、うつの厄介なところ。徐々に慣れていけばいいのだと思って、最初から頑張り過ぎないようにしましょう。

職場の人に、病気のことを理解してもらうことも大切です。出来る範囲でコミュニケーションを取り、難しいことは遠慮なく助けてもらえるようになると、仕事に対する不安も減ってきます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ