うつ病から復職するタイミングは?復職前~復職後まで!

うつ病で休職していると、復職への焦りが出てくる傾向にあります。これは、うつ病の患者が感じる特有の思考です。しかし、うつ病が回復している途中で復職すると、うつ病が悪化して逆効果になります。

そのため、復職する時期は医師と相談して慎重に決定する必要があります。

復職のタイミングは?症状が続いていたら要注意!

うつ病で休職した際、どのような状態になったら復職できるのでしょうか。

それは、朝スッキリ起きられたり、日中ずっと起きていられたり、活動できる体力が戻ってきたりといった場合です。また、仕事に対して意欲が出てくることも大切です。

逆に、復職しない方が良いのは、朝起きられず、起きても気分が優れなかったり、日中も眠気があったり、仕事に対して焦りがあったりする場合です。

つまり、生活リズムが正常になり、仕事をしたいという気持ちが出てきたら、復職を考えてみても良いのかもしれません。

復職に向けて行うと良いリハビリ

復職までに、自分で出勤のリハビリを始めてみましょう。リハビリなので、できなかったからと落ち込まずに肩の力を抜いて行ってください。

まずは、通勤のリハビリからです。
①バスや電車に乗る練習から始め
②通勤時の服装で乗る
③通勤時の服装+実際の通勤時間に乗る
など段階を踏んで実際の通勤をシュミレーションしてみましょう。

そして、通勤の練習と同じように図書館へ通う練習や、買い物をする練習を行い、徐々に耐性を付けていってください。

その他、友人と食事に行ったり、飲み会に参加してみたり、軽い旅行に行ったりするなどして活動や人とのコミュニケーションに慣れていくのも効果的です。

復職した後は仕事を頑張らないこと!

休職したため、遅れを取り戻そうとしてすぐに仕事量を増やすのは避けたほうがいいでしょう。いきなり休職前と同様またはそれ以上の仕事を行うと、うつ病が再発・悪化してしまう恐れもあります。

うつ病になりやすいのは、真面目で責任感のある方が多いため、復職後もついつい頑張りすぎてしまう方が多いです。しかし、そこで体を壊してしまっては休職した意味もなくなるというものです。

そのため、復職後は頑張らず、上司と相談して、出来る範囲で少しずつ復帰を進めていけるよう協力を依頼しましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ