パーソナリティ障害の接し方!支えるための5つのワードとは?

パーソナリティ障害とは心的疾患のひとつです。この疾患は、外傷疾患と違い目には見えない症状であるため、ともすれば、本人はおろか周囲の人も気付かない事もあります。心的疾患はサインを発します。パーソナリティ障害も同様です。ここでは、パーソナリティ障害に対する接し方を紹介していきます。

上手な接し方とは?まずは知ることが大事!

パーソナリティ障害の方と上手に接するには、まず、その症状を知る事が大切です。パーソナリティ障害は、その特徴から「性格が悪い」「言い方がきつい」などといったように、単に人間性の問題と思われがちな側面を持っています。そのためにも、きちんとパーソナリティ障害の症状を知る事が大切なのです。

その症状は多種多様

パーソナリティ障害の症状は、人によって様々であり、その分類は特徴別に細分化すると10タイプにも及びます。また、悪化した場合は、うつ病など他の心的疾患を併発する場合もある事から、その症状は多種多様と言えます。

一人で悩む前に病院へ

パーソナリティ障害のような心的疾患の場合、なかなか周囲の人に打ち明ける事は難しいのが現状です。また、周囲の人も気付かない場合も多く、一人で抱え込む事になるケースが多いのです。心的疾患の治療は長期に渡ります。放っておいて悪化した場合、さらに長期の治療が必要になってきます。一人で悩む前に、まずは病院に行きましょう。

相手を理解する事?上手に接する為の秘訣!

患者さんと接していくには、その症状と患者さん自身の事を理解する必要があります。患者さんは、どういう症状なのか?原因は何なのか?まずは、これらについて理解する事が大切です。もし、機会があれば、医師と相談をして接し方やケアの仕方についてアドバイスを受けるのも、ひとつの方法です。

大切なのは相互の理解

『理解をする』という上で大切なのは、お互いに理解するという事です。これは、病気に対する理解、そして相手に対する理解の2つです。どちらか一方だけが理解していても意思の疎通は上手くいかないですし、回復に向けて一緒に歩いていく事は出来ません。

患者さんも、接していく方も、お互いに病気の事や相手の事を理解し同じ方向を向く。これが『相互理解』なのです。

恋愛における相互依存

もし、患者さんが彼氏や彼女だったら、どういう接し方が良いのでしょうか。彼氏や彼女であった場合、友人や兄弟よりも依存度が強く出る場合があります。患者さんは恋愛体質になっていますので、相手に寄りかかりたいという気持ちが人一倍強いのです。この様な場合は、まずは、きちんと話を聞いてあげる事が大切です。

ただ、患者さんの言う事を何でも理解しようとする事ではありません。あなたは、常に冷静になって、話を聞きましょう。その上で、違うと思う事は「それは違うよ」と言ってあげる勇気も必要なのです。うわべだけの優しさではなく、心で向き合う事が大事です。

相手と向き合う覚悟が必要!その心得とは?

心的疾患の方と接する事。ずっと支えていくには相当なエネルギーが必要です。生半可な優しさは相手を傷つけるだけです。治療には長い期間が必要です。また、患者さんは感情の起伏が激しいですから、常に注意深く観察しながら接していかなければなりません。その為には、相当な覚悟が必要になってくるのです。

焦りは禁物!回復までに必要な時間とは?

患者さんと接していく上で焦りは禁物です。心的疾患は、回復具合が目に見えて分かるような疾患ではありません。時間もかかりますし、もどかしく思える事もありますが、周囲が焦ってイライラするようでは、患者さんの症状を悪化させる可能性もあります。落ち着いて、長い目で向き合って行きましょう。

心的疾患は長い付き合い

心的疾患の治療は、改善するまで長い時間がかかります。人によって様々ですが、半年から1年、長い人では5年~数十年という期間を要する疾患です。ですから、一緒に治していこうとするには、揺るぎない固い決意と覚悟が必要なのです。

疲れ果てないためには

とは言うものの、患者さんと接する側が気持ちを入れ込み過ぎて空回りしては、精神的にも肉体的にも疲労が蓄積してしまいます。疲れ果て、倒れてしまわないためには、適度な距離感が必要です。着かず離れず、患者さんが興奮状態の時や、極度に攻撃的な場合は、その状態が治まるまで待って接するようにしましょう。

特別な事は不要?普段着の貴方で居る事!

接し方で特別な事は必要ありません。変に構えて向き合おうとすれば、患者さんにとってもストレスになりますし、それが原因となり症状が悪化する可能性もあります。あなたが患者さんと接する時は、無理に力を入れず、患者さんの事だけを考えてあげてください。

接し方の失敗例とは

接し方に対して失敗する例もあります。患者さんは、あなたの優しさに甘えるように依存度を増していきます。最悪の場合、あなた無しでは何も出来ない。何もやる気がしない。といった状況も考えられます。あなたは、疲労困憊し、やがては、あなた自身も心的疾患を抱える事態になります。この様な状況では本末転倒です。

優しく接するのは間違いではありません。ただ、その優しさのあまり、極度に依存され、あなた自身の気持ちが途切れてしまう。これが、接し方の失敗例なのです。

いつもの貴方でいること

上手な接し方とは、あなたが患者さんに対し、いつものあなたで居てあげる事です。それが、患者さんにとって一番の薬になるのです。『親しい人が、いつもと変わらず傍にいてくれる。』その安心感は、患者さんにとっては、これ以上ない安らぎなのです。普段着のまま、いつものあなたで接してあげましょう。

まとめ

ここで、接し方について紹介してきた事をまとめます。

    <支えるための5つのワード>

  • 接し方を知ること
  • 相手を理解すること
  • 向き合う覚悟が必要
  • 焦りは禁物である
  • いつものあなたで居ること

患者さんと上手に接する事にマニュアルは存在しません。それは、患者さん自身が十人十色だからです。「これも個性だから」、「そういう性格だから仕方ない」と言うのは単なる偽善です。特に、パーソナリティ障害の場合、社会に適応するのが困難になる症状です。「病気じゃないよ、個性だから」と言うのは、患者さんの為にはなりません。

接し方について大事なのは「知る」「理解する」「覚悟する」「焦らない」「かわらない」この5つです。ですが、何事も力の入れ過ぎは良い結果を生みません。あなたが、患者さんを理解しようと前向きに向き合う事は良い事です。ただ、患者さんにとって一番ベストなのは、いつものあなたで傍にいてあげる事なのです。その事を常に念頭に置いて接してあげましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ