一人暮らしでうつ病に!うつ病を克服するための4つの方法は?

もしも一人暮らしでうつ病にかかってしまったら、どうしたらいいのか考えてしまいますよね。一人暮らしは孤独を感じやすい環境ですので、不安をより感じることも多いでしょう。

もしもそうなってしまった場合は、一体どうやって克服すればいいのでしょう。

実家に戻ることを検討する

まず、始めに考えるのが実家に戻ることです。家族と一緒にいることで、毎日なにかしらのコミュニケーションをとることが出来るため、気を紛らわしやすい環境になるでしょう。

また、自分のことを気にかけてくれたり、必要としてくれる存在のそばにいることで、自分への肯定感が増すことは、克服へと繋がることでしょう。

また、家族や自分の生まれ育った土地に戻ってみることで、親しんだ環境が心を癒やしてくれたり、新たな気づきを得て心が軽くなる可能性も十分に考えられます。

身近な頼れる人に相談する

一人暮らしでうつになった場合、一人の時間が多くなり、思ったことを抱え込んでしまうことが多くなる傾向があります。そんなときは、なにげないコミュニケーションでもかまいませんので、お友達や頼れる方に連絡を取るようにしてみましょう。

もし、自分がうつで悩んでいることをすぐに話せなかったとしても、何気ない会話をするだけでも気が紛れることもあるでしょう。「電話はつらいなぁ」という方は、メールのひとつでもかまいません。ほんの少しのコミュニケーションからはじめてみましょう。

なるべく昼間に外に出る時間を作る

一人暮らしの場合、小さな部屋で、さほど動き回れる程の環境でない場合が多いと思います。なるべく太陽のでている時間に、外に出かける時間を作ることをおすすめします。

太陽の出ている時間に身体を動かすことによって、体内の循環もよくなり、気持ちもポジティブになりやすい傾向があります。太陽の光は、体内でビタミンDを生成するのを助け、ビタミンDが正常に生成されることによりうつ病の改善にも繋がります。

また、気持ちを切り替える上での、気分転換にもよいでしょう。

無理をしないで自分に優しくうつと付き合おう

一人暮らしだと自分一人しかいないので、ついつい無理をしてしまい自分に負担をかけすぎてしまうことがありがちです。「つらいなぁ」と思ったら、無理をしすぎずに、周りの人に相談したり、お医者さんに行かれるをおすすめします。

また、自分を振り返る日記をつけてみて、その中で自分のいいところを見つけて文字にしてアウトプットすることも効果的です。自分自身にポジティブな言葉を自らかけてあげることでも、大きく違うと思います。まずは、自分に優しくすることからゆっくりとはじめてみましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ