一般心理療法とは?患者自身で改善していく療法です!

自律神経失調症の治療法は非常に多くの方法が存在しますが、その1つとして一般心理療法というものがあります。これはどこの病院でも行われている心理療法であり、実は当たり前のように行われています。

しかし実際は聞きなれない名前なので受けている本人さえ気付いていない事もあるのです。

自律神経失調症の治療を進めるに当たっては非常に重要なプロセスであるので、この機会にしっかりと認識をして病院に行った時に今一般心理療法が行われているということがわかるように理解していきましょう。

一般心理療法とは?問診の延長

自律神経失調症で病院に行くと医者からの診察を受けることになるのですが、初診時などに行われる「その症状はいつから出るようになったのか?」とか「その症状はどのような時にでるのか?」といったような問診を受けるかと思いますが、これがすでに一般心理療法なのです。

一般心理療法の特徴は?

一般心理療法の特徴は現在心にあり問題となっている真因真相に少しでも近づく為に同じような事柄を何度もより細かく聞くという特徴があります。問診の延長のような形で進められることが多いので通常患者は今行なっていることが一般心理療法であるとは気付きにくいのです。

一般心理療法の基本的な考え方は?

一般心理療法を進めるに当たっての基本的な考え方は原因を突き止め、それを患者自身が理解し受け止め、そして解決して行く事にあります。

医者から見た一般心理療法とは?3つのステップ

自律神経失調症を患っている患者を一般心理療法で改善させて行く為には、患者に自律神経失調症になってしまったそもそものストレスの原因を突き止めて貰うことが必要です。その為に医者として進める手順として次の3つのステップが行われます。

  • 受容
  • 指示
  • 保証

受容とは?

受容とは患者の訴えに耳を傾け、患者の辛い気持ちや不安に思っている事をそのまま受け止めてあげる事です。

支持とは?

支持とは不安な思いで過ごしてきている患者の気持ちを患者の立場に立ってその不安になっている心を支えてあげる事です。

保証とは?

保証とは必ず良くなる、必ず回復するという明るい未来があるという希望を患者に持たせ、病気の原因に対して立ち向かう手助けをして行く事です。

一般心理療法には種類があるの?いくつかの種類があります

一般心理療法とはここまで説明してきてように患者自身に自分で自分の問題に気付いて貰うことが大事です。その為の手助けとして一般心理療法はあるのですが、その療法にもいくつかの種類があります。

代表的なものとして認知療法と行動療法があります。そしてこの2つを組み合わせたもので認知行動療法というものも存在します。更には森田療法、内観療法、家族療法、夫婦カウンセリング、バイオフィードバック療法などといった治療法もあります。この中からいくつかの代表的なものを紹介していきます。

認知行動療法とは?

認知行動療法とは人は同じ物事でも人によって受け止め方が異なるという前提の元、その物事に対する受け止め方、いわゆる認知というものを修正して行くことで気分を変え行動を変えていこうという治療法です。一般心理療法の中ではもっともオーソドックスなものとなります。

森田療法とは?

森田療法とは神経質に対する療法で哲学的な療法とも言われています。その内容は神経質の基盤と言われている心気症、これになりやすい性格を鍛えることで身体的違和感などからそれを気にしすぎて更に心が病んでしまうという悪循環に気付くことで断ち切っていこうとする療法です。

内観療法とは?

内観療法においては、患者はこれまでの対人コミュニケーションで自分の態度や行動などを分析することで本当の自分を発見していきます。それによっていままでの自分や他人に対する間違っている認知に気付くことになり、それを改善することで価値観の転換が起こります。

その結果、様々な問題に発展していた患者自身の態度や行動が大きく代わりコミュニケーションの問題なども解消することから心の問題も改善されて行くという療法です。

一般心理療法を受ける時の注意点は?伸び伸び話せる環境がある事です

一般心理療法を行う時には医者側にはいくつかの注意点がありますので紹介しておきます。患者として受ける祭にはこのような配慮がなされているかは気にするようにしてみて下さい。

  • 患者のプライバシーが守られるように環境に配慮されている
  • 患者の訴えをキチンと受け止めてくれ、医者の個人的見解は押し付けてこない
  • 患者との信頼関係を築こうとしている
  • 医者と患者の心理的距離を適度に保とうとしている
  • 患者が自由に話をできるような環境にしてくれている

一般心理療法はどこで受ければいいの?心療内科がお勧めです

一般心理療法とはここまで説明をしてきたように医者と患者の間で対話を繰り返し、ストレスの原因となっているものを突き止め、その事を患者自身が自分で受け止めて解決をして行く方法なのです。よって短時間では中々効果が出にくい療法であるのです。

その為一般の病院でも同様の一般心理療法を行なっている所もありますが、専門である病院との差は時間をかけられるかどうかに大きな違いがあると言えます。よってお勧めは心療内科での受診が、一番効果が出やすいのでお勧めです。

まとめ

自律神経失調症の治療法として非常に有効である一般心理療法は、患者と医者による対話を繰り返し繰り返し行う事で自律神経失調症のそもそもの原因であるストレスがどのようなプロセスをたどって起きているかその原因を突き止めていきます。

そして突き止めた原因を患者自身がしっかりと受け止めるまで根気強く対話が続き、その事を患者自身が自覚できるようになるとどうして今のような状態になってしまったのかを考えられるようになり、そしてならない為にはどうすればいいかがわかってきます。そのように自分自身の気付きから自分の言動や行動を変えていくことで改善に向かって行く事が出来るのが一般心理療法の大きな特徴なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ