日照時間の少ない北欧はうつ病が多い理由は?

北欧うつうつ病は「心の風邪」と別名があるほど実は身近な心の病気で誰もがなる可能性を秘めています。とくにストレスの多い現代社会ではうつ病が増加傾向にあります。

自殺者の統計を地域別で見てみると日本では新潟県、秋田県、岩手県、福島県が多いです。そして、世界的に見るとハンガリーや北欧のフィンランド、スウェーデン、ノルウェーなど寒い地域ほど自殺者が多く、逆にイタリアやブラジルなど赤道に近い温暖な国は少ないというデータがあります。

また季節的にも夏よりも冬の寒い時期の方が多いと言われています。

なぜ冬季うつ病になるのか?

うつ病も同じで寒い時期・地域に多く発症するという傾向があり、「冬季うつ病」とよばれています。冬季うつ病は、秋及び冬にうつを発症し春になると治まり、人によっては軽い躁状態になるのが特徴です。

北欧は年中曇っており、天気もどんよりとしています。また、春から夏の太陽が輝く季節が短く寒く雪が多い冬が長いのが特徴です。この北欧などの寒い地域にうつ病が多いのは、このような少ない日照時間が寒冷地に住む人達の精神面に関係があると言われています。

日照時間の影響は何か?

眠気を引き起こすホルモンの1種であるメラトニンは日光の照らない夜に分泌して睡眠を促進します。そして日光が輝き始めると分泌が止まり、脳が睡眠状態から覚醒します。

しかし日照時間が少ないと、メラトニンの分泌バランスが崩れ、過剰にメラトニンが放出され体内時計が狂ってしまいます。このメカニズムによって北欧地域には冬季うつが発症しやすいといわれるわけなのです。

前述のように北欧の中の1国フィンランドは自殺率の高さが大きな社会問題となっていました。そしてその原因をうつ病にあると解明しました。そのため国家プロジェクトとしてうつ病の対策に取り組みました。

その方法とは、一般的な外来でもうつ病の検査を実施できるように医療改正を行いました。例えば、風邪の症状で受診した患者に少しでもうつ病の傾向が見られたら検査をしたり、場合によっては薬を処方することで早期発見に努め、自殺率を大幅に減少させました

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ