うつ病と五月病とは何が違うのか?4つの対策で五月病を防止!

春、入学や就職、引っ越しなどで生活環境が変わり、当初は元気に頑張っていたのに、5月のGWが明けた頃から気分が落ち込み出し、勉強や仕事に集中できないなどの抑うつ感を覚える症状を、一般的に「五月病」と呼んでいます。

五月病といっても、5月や新入生、新社会人に限ってみられる症状ではなく、正式な病気ですらありません。言葉としての認知は高いですが、その実体は曖昧模糊として誤解している人も少なくありません。

五月病とは、どのような病気なのか、その概要や特徴について説明します。

五月病の主な症状とは?五月病という病名は存在しない!

五月病の主訴は、軽度のうつ病と同様な症状がみられます。

五月病の主な症状とは?

五月病では、抑うつ感など精神的な症状だけでなく、身体症状も認められています。

    <五月病の主な主訴>

  • 気分の落ち込みや不安感:精神的症状
  • 思考力や集中力、意欲の低下:精神的症状
  • 疲労感や倦怠感:身体的症状
  • 食欲不振や睡眠障害:身体的症状
  • 胃痛や頭痛:身体的症状
  • めまいや動悸:身体的症状

五月病という病名は存在しない!

五月病は、多くのケースにおいて一過性の心身不調で、1~2か月程度で症状が改善しています。社会人では、新人研修が終了し実際の仕事に就き始める6月頃にみられるため「6月病」とも呼んでいます。

しかし、五月病も六月病も、医学的な正式な病名ではなく、明確な定義や診断基準もありません。あえて精神科医が診断名と付けるなら、「軽度の抑うつ状態」または「適応障害」となっています。

本当は適応障害なのか?見逃せない気分障害!

五月病の心身症状は、程度の差はあるものの心身の疲労によって、誰にでも現れる症状です。但し、症状の深刻度合によりますが、症状が長期にわたり継続し重症化するようであれば、「適応障害」や「気分障害」の可能性があるため、注意が必要です。

本当は適応障害なのか?

適応障害とは、環境の変化に上手く対処できないことによって、心身の不調が現れる精神疾患です。発症の原因は五月病と似ており、症状が1~2か月で改善しない場合は、適応障害の可能性があります。

    <類似した発症原因>

  • 新しい環境(学校や職場など)の変化に対処できていない
  • 新しい人間関係を上手く構築できない
  • 入学や就職といった目標を達成した解放感を埋める新たな目標を見つけられない
  • 理想と現実のギャップとの折り合いがつけられない

見逃せない気分障害!

気分障害は、うつ病や双極性障害(躁うつ病)の他に、うつ病ほど症状が重くありませんが、2年以上の長期にわたって不調が続く「気分変調症(気分変調障害)」があります。気分変調症は、症状が軽く深刻な事態になりにくいため、「一時的な気分の落ち込み」と誤解されやすいところが、五月病と似ています。

1~2か月で症状が良くならなければ、五月病ではない可能性が高いため、適応障害または気分変調症を疑って、早めに専門医を受診することが大切です。

非定型うつ病は紛らわしい!背景が五月病と似ている!

従来のうつ病は、真面目で几帳面な社会的責任感の強い性格の人が、発症しやすいと認識されていました。しかし、最近では、若年層を中心に自己中心的で責任感も弱く回避的な、社会的に未熟な性格の人にも認められるようになってきています。

非定型うつ病は紛らわしい!

非定型うつ病は、休日や遊んでいるような自分にとって好ましい状況では調子が良いが、学校や職場ではうつ症状を起こしてしまう「気分反応性」が特徴的な病気です。このような人は、社会的に未成熟と見られやすく、5月頃に発症すると周囲から、「一過性の五月病なので、環境に慣れれば治る」と誤解され、うつ病を見逃してしまう危険性があります。

背景が五月病と似ている!

社会性の未熟さと会社や学校への適応期間が短いため、現実問題への対処に行き詰まった結果、ストレス反応として発症してしまう点は、五月病と非定型うつ病は似ています。

このタイプの人への対応は、従来の服薬と休養による心理的疲労回復では効果が無く、生活リズムを整えるための生活指導や社会的責任を育てるような精神療法的な対応が必要となっています。

若年層の多い理由とは?五月病は高い意識の裏返し!

五月病の人の多くは、「自分に向いていない」、「周囲や環境が悪い」といった他責的な性格傾向が強く、従来型のうつ病の自責的な性格傾向と異なっています。しかし、どちらの性格も「現状に満足しない」、「理想に近づきたい」といった向上心の高い点は、共通しています。

若年層の多い理由とは?

学生時代は、言われたことをこなしてさえいれば、良い評価を得ていたため、結果と効率にこだわり、失敗と無駄を極端に嫌う傾向があります。

しかし、最近の厳しい競争社会では、自ら考えて行動することを企業から求められています。企業側も充分な適性指導を行う余裕がないため、自力で仕事を覚えるまでは出来ないことが大半で、会社そのものがストレスとなってしまいます。更に、高い理想と現実の成果のギャップを解消できないストレスも重なって、抑うつ症状を発症してしまいます。

五月病は高い意識の裏返し!

「いい加減で細かい事を気にしない」といった性格の持ち主は、ストレスを感じにくいため、五月病になりにくいと言えます。逆に五月病になる人は、社会的の成熟度に目をつぶれば、「現状に妥協しない」という進歩的な意識を持っており、企業として望ましい人材と言えます。

未熟さを責めるより、理想に近づける努力を促すよう周囲でフォローする方が、本人にも企業にとっても有益です。

病気が進行する原因とは?五月病防止の4つの対策とは?

五月病を軽く見て放置すると、本格的な適応障害に病状が進行してしまい、更にうつ病を引き起こす危険性があります。ストレス状態の長期化は、精神的および身体的に悪影響を及ぼし、特に脳機能に回復困難なダメージを与えてしまいます。

病気が進行する原因とは?

適応障害は、精神的ストレスと身体的ストレスを同時に受ける続けることで、発症しやすくなります。

3~5月または9~10月は、日照時間や気温など気候の変化が大きく、決算時期でもあるため業務量が増え、身体的ストレスが高まります。また、入学や就職、異動や転勤のシーズンでもあり、環境変化による精神的ストレスも高くなります。

それに対処するため、精神的ストレスと身体的ストレスの影響を和らげるセルフケアが重要となります。

    <五月病防止の4つの対策>

  • 相談する人を作り、ストレスを一人で抱え込まない
  • 生活リズムを整え、特に睡眠不足にならないように注意する
  • 栄養バランスの良い食事に心がける(カルシウム、マグネシウム、ビタミンA1,B1、C,D,E、コレステロール)
  • 適度な運動で、ストレスで緊張した筋肉をほぐし、イライラなどの原因となっているストレス神経物質を低減する
  • 適度な運動で、ストレスで緊張した筋肉をほぐし、イライラなどの原因となっているストレス神経物質を低減する

まとめ

五月病は、症状は軽く正式な病気でもない上に「本人の心の持ちよう」というイメージが強いため、軽視されがちですが、うつ病などの精神疾患と同様にストレスを発症の起因としており、精神疾患の入り口として捉えられます。

環境の変化が激しい現代社会では、ストレスは避けられず「誰でも精神疾患になり得る」状況にあり、他人事ではいられません。自分自身だけでなく周囲の人の様子にも注意して、早い段階で対処し重症化を未然に防いでいきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ