「カゼインプロテイン」と「ホエイプロテイン」どちらがうつ改善に効果があるの?

うつになると症状の重い人は「治りたい」という気力までも失せてしまい、どうやったら治るのかという治療のスタート以前の時点でストップしがちです。

そんな全てを悲観的、否定的にとらえる状態の中では、まず自分づくりを始めることが肝心です。

うつの原因は?

それも面倒くさくない手軽な方法が好ましいでしょう。例えば、飲み物を変えてみる、食事の内容を少し変えてみるなどちょっとしたことで構いません。

うつは脳内のセロトニンという神経物質と深い関係があることが分かっています。セロトニンが正常に作用しなくなったり、その数量が減少した時にうつの症状が現れるのです。

このセロトニンは太陽の光を浴びることや、親しい人とのスキンシップ、運動することで活性化すると言われています。そして、タンパク質を多く含む食品を摂取することでも活性化するということが様々な研究でわかっています。

タンパク質で脳内健康!

このタンパク質を多く含む食品には肉、魚、大豆などが代表的なものですが、これらを料理したり買い物したりする気力もないほどのうつ状態の人にとってはプロテインのサプリメントを補うのが簡単手軽でおすすめです。

プロテインとは英語でタンパク質という意味です。プロテインは大豆、カゼイン、ホエイと種類がありますが、その中でもホエイプロテインはうつ病にはあまり適さないと言われています。

その理由はホエイプロテインは吸収のスピードが早く、飲んでから1時間後に吸収のピークを迎え、2時間後にはホエイプロテインに含まれるセロトニンの生成に必要なアミノ酸が消滅してしまいます。

もしこのホエイプロテインでうつの改善を目指す場合は90分ごとに飲む必要がありますが、うつ状態では難しいのが現実です。またホエイプロテインは肝臓に負担をかけあまった栄養分が脂肪になって太る原因ともなるので正直、おすすめできません。

プロテインのサプリメントを選ぶ際には大豆、またはカゼインが主原料のサプリメントを選ぶのがポイントです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ