うつ病に音楽療法は効果的か?3つのアプローチで自律神経を整える!

うつ病の治療は、主に薬物療法と認知療法を併用して施されています。その他の治療法には、医学的実験段階なものや限定的な方法として、強い光を使用した「光療法」、運動によるストレス低減を狙った「運動療法」、絵や彫刻を活用した「芸術療法」などがあります。

最近、芸術療法の一つである「音楽療法」が、徐々に広まってきています。音楽という身近なツールを使った「音楽療法」とは、一体どのような治療なのか、手法や効果など概要を説明します。

音楽療法の歴史は古い!日本での活用方法とは?

音楽療法は、まだ日本では馴染みの薄い治療方法ですが、欧米では割と認知されている精神療法です。また、その歴史も古く、宗教の創生と同時期に生まれており、儀式や呪術的な治療として用いられた記録があります。

最近の日本でも、音楽療法を活用したうつ病の治療が始まっており、復職支援プログラムでのカリキュラムへの取り入れや、「音楽療法士」の資格(民間認定資格)が認定されるなど、徐々に認知が広まってきています。

音楽療法の定義とは?うつ病と音楽の関係性とは?

音楽療法の定義とは?

音楽療法は、音楽による身体や精神に与える影響を活用して、心身の健康の回復と向上を目指した治療方法です。日本では、科学的未検証医学や医療体系の総称である、「代替医療」や「補完医療」と定義されています。

うつ病と音楽の関係性とは?

うつ病の発生要因の一つに、「自律神経」の乱れが挙げられています。自律神経とは、自分で意識的にコントロール出来ない神経で、「交感神経系」と「副交感神経系」の二つが、人間の身体を支配しています。

社会的や精神的なストレスに直面すると、心を安定化させる副交感神経系の働き(セロトニンの生成および伝達)が抑制され、心肺などの活動を活性化する交感神経系が優位になります。そのため、気力や集中力の低下をまねき、不安や抑うつなどネガティブ感情を生み出されことがうつ病の要因となっています。

音楽療法は、感情と密接な関係のある副交感神経系に、外部から音楽によって刺激することで、自律神経の働きを整え症状を緩和する効果があります。

音楽の治療効果とは?個人差の大きさに注意!

音楽の治療効果とは?

音楽療法は、様々な実験から「身体的、精神的な症状の改善効果」があると、実績として確認されています。がん患者での実験では、モーツァルトの楽曲を聴いた後に、リンパ球の増加が確認され、健常者でも、体温上昇、唾液増加、血圧および心拍数の安定がみられ、音楽が身体と精神両面に影響している結果が得られています。

ただ現時点では、詳細なメカニズムまでは立証されておらず、根本的治癒力も認められていない状況です。

個人差の大きさに注意!

音楽による身体的、精神的効果は、その人の育った文化や環境、趣味嗜好、その時の心身状態の影響を色濃く受けるため、個人差が大きいことを認識しておく必要があります。

音楽を聴く効果とは?歌と演奏は自律神経に効果!

音楽療法では、「音楽を聴く」、「歌を歌う」、「楽器を演奏する」という3つのアプローチで、症状の改善を図ります。

音楽を聴く効果とは?

自律神経の働きが低下した影響で、上手くできなくなっていた感情表現を活性化させ、その時の感情や情緒に合った音楽を聴いて気分を安定化させるリラックス効果があります。

歌と演奏は自律神経に効果!

歌うことや楽器の演奏は、呼吸器、心肺機能、感覚機能、運動機能を活性化し、脳への血流量の増加が促せれ、自律神経を整える効果があります。また、普段抑圧されていた感情を解放させ、集団で行えば一体感や協調性の回復にもつながり、社会復帰への手助けとなります。

よく使われる楽曲とは?脳波に直接効く音とは?

よく使われる楽曲とは?

音楽療法に用いられる楽曲は、副交感神経系を刺激する音域が多いモーツァルトなどのクラッシクが使用されています。

    <副交感神経を刺激する楽曲>

  • モーツァルトのバイオリン協奏曲
  • バッハのG線上のアリア
  • 中国楽器の二胡を使った楽曲

脳波に直接効く音とは?

音楽療法には、脳波に直接影響を与えるように音を厳正に調整した「デザイナーミュージック」も使用されています。デザイナーミュージックは、左右の耳に異なった周波数の音を形成する「バイラルビート」を使用することで、脳波に直接働きかけます。

音楽療法を始める時期は?症状に合わせたアレンジを!

音楽療法でうつ病の治療を行う場合は、ある程度回復傾向に入ってからでないと効果がないため、始める時期に注意する必要があります。うつ病の症状の一つに「興味と喜びの喪失」があり、それまで楽しめていたものが楽しめず、逆に苦痛に感じてしまう状況です。

歌うどころか、音楽を聴くだけでも辛さを覚える時期に行ってしまうと、楽しめなくなった今の自分に失望し、症状を悪化させてしまう危険性があります。また、うつ状態は、生きていることで精一杯なので、音楽を聴くだけでも莫大なエネルギーを使ってしまい、疲労させてしまいます。

音楽療法とは、ただ効果のあるといわれる楽曲を聴けば良い訳ではなく、適切な時期を見極め症状に合ったアレンジを施す必要のある専門性の高い治療と言えます。

まとめ

音楽の効果は、TVや映画のBGMなどで、体験的には誰でも感じているものです。特に、音楽を少しでもかじった方なら、和音や長短調などで変わってくる印象の違いを理解しているでしょう。

治療に用いるには専門家の指導が必要ですが、音楽のリラックス効果は実証されており、日常生活に活用しない手はありません。積極的に音楽を生活に取り込み、ストレス対策としてうつ病等精神疾患の予防に活かしていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ