うつ病の症状の「疲労感・倦怠感」ってどんな感じなのか?

疲労感うつ病の症状として挙げられるものに、「疲労感」「倦怠感」があります。

疲労感とは、体が疲れていると感じることです。倦怠感とは、体がだるいと感じることです。疲労感も倦怠感も、きっとどなたでも感じたことはおありでしょう。

うつと倦怠感・疲労感との違い

激しいスポーツや大仕事をした日には疲労感が出ますし、風邪が熱のある日には倦怠感が出ますよね。たいてい、睡眠をとるなどして体を休めたり、風邪や熱が改善したりすれば疲労感も倦怠感も改善できます。しかし、うつ病の症状はこれらとは少し異なります。

激しいスポーツや大仕事をしたわけでもないのに疲労感が出たり、風邪や熱があるわけでもないのに倦怠感が続いたりするのです。また、うつ病では、体を休めても風邪薬などを飲んでも症状は改善されません。それなのに、「とても疲れている」「体が重い」「体が疲れて全身に力が入らない」と感じるのです。

厄介なのは、特に体を動かしているわけでもなく、風邪など分かりやすい病気にかかっているわけでもないという点です。本人は好きで疲労を感じているわけではありませんから「しっかりしなくては」「頑張らなくては」と気持ちは焦ってしまいます。

うつ状態だとやる気が出てこなくなる

しかし、体がついてこず、余計に不安や罪責感を抱えてしまいます。そして、やる気が出ない(無気力)、マイナス思考、焦燥感を招くこともあります。さらに、周囲の人が心の病からくる症状だと分からずに「だらしない」「しっかりしてよ」と声をかけてしまったり、そのようなプレッシャーを本人に与えてしまったりするとより症状の悪化を招く恐れがあります。

だれでもやる気が出ない事はあるはずです。しかし、自身や身近な人の様子がおかしい、これまでと違うと感じるのであれば、「怠け」と決めてかかるのではなく、気にかけてあげることが必要です。ただし、疲労感や倦怠感があるからと言って必ずしもうつ病とは限らないのも事実です。

他の心の病気が影響していることもありますし、内臓の疾患などが原因になっているケースもあります。体の調子がすぐれないと感じたらまずは内科にかかってみるのも良いでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ