パニック障害と似た病気!呼吸器と心臓の6つの病気に似ている

パニック障害は、不安障害に含まれる精神疾患ですが、症状として身体的な不調が出現ために、患者さんはしばしば自分の心ではなく、身体に異常があるのではないかと思い始めます。しかし、実際は身体的な異常ではないため、パニック障害の発見が遅れてしまう場合があります。

そのため、パニック障害とよく似ている症状を示す病気についても十分に知識をもっておく必要があります。今回は、パニック障害と混同されやすい疾患ついて、以下にまとめます。

パニック障害の怖さ!普通の検査では見つからない

パニック障害の診断は、主に病院やクリニックの精神科医が行います。パニック障害を発症した患者さんは、まず自分の身体的な不調や異常に目が行くため、精神科は受診しづらく、まず脳神経科や心臓外科、内科などを受診します。しかし、パニック障害の原因は身体的なものではないため、必ず異常はなし、という診断結果がくだるのです。

パニック障害に隠された心と身体の原理

患者さんが受診する科を誤ってしまうのは、パニック障害の症状に、心身相関の原理が働いているためです。パニック障害の症状は、心と身体のバランスが崩れ、悪循環に陥ることで生じています。

パニック障害の原理である心身相関

心身相関とは、心と身体が互いに密接な関係にあって、心の働きが身体的な変化をもたらすことを指します。また、逆に身体的な働きが、なんらかの心の変化をもたらすこともあります。

医療機関を受診しないと…!症状は悪化する

患者さんは、自分が原因の分からない病気にかかっているのではないか、自分はおかしい人間なのではないかという不安が強くなってしまい、さらにパニック障害の症状が強まってしまいます。

パニック障害と類似!呼吸の病気や心臓の病気

パニック障害によく似ている病気は、意外とたくさん存在します。主に、呼吸の異常や心臓の異常などが出現する病気が多いですが、そのほかの症状をしめす病気ともよく似ているため、注意が必要です。

パニック障害とよく似た病気①心臓病

心臓は主に筋組織からなる臓器であり、ポンプ作用で全身の血液循環を保つ重要な働きをしています。心臓になんらかの異常をきたした病気が心臓病です。心臓病には先天性のものと後天性のものがあります。また心臓病を診断する方法には以下のものがあります。

    <心臓病の診断方法について>

  • レントゲン
  • 心電図
  • 心臓カテーテル
  • 心臓エコー
  • MRI
  • CT

パニック障害とよく似た病気②呼吸器の病気

呼吸をつかさどる中枢は、主に延髄付近に存在します。呼吸器障害では、体内の二酸化炭素と酸素の入れ替えを行い、呼吸運動を調節することができなくなります。

パニック障害とよく似た病気③パーキンソン病

パーキンソン病とは、筋肉が固く硬直してしまう病気です。パーキンソン病を発症してしまうと、普段の生活において歩いたり、走ったりすることができなくなります。

パニック障害とよく似た病気④甲状腺疾患

甲状腺疾患とは、甲状腺ホルモンの分泌以上によって生じる病気です。全身の代謝が亢進してしましいます。その結果、心悸亢進、発汗、手指のふるえ、食欲増進などの変化が生じます。

パニック障害とよく似た病気⑤てんかん

てんかんとは、てんかん発作を主症状とする慢性の大脳疾患のことです。発作は、大脳灰白質の真剣伝達の異常により生じます。てんかん発作は反復して生じます。

パニック障害とよく似た病気⑥低血糖

低血糖とは、身体が活動するにあたり必要な血糖が少なくなっている状態を指します。低血糖に陥ると、なんとなく元気が出づらく、普段通りの活動ができなくなってしまいます。

患者さんの思い!診断が間違っているという認識

パニック障害を発症した患者さんは、まず身体の不調の異常から、病院を受診します。最初に受診した病院で、自身は健康的であるという診断が下されると、納得がいかずに別の病院でも受診します。

最初は地元の小さな病院を受診して、納得がいかないと、さらに都会の大病院にまで受診をする患者さんもいらっしゃいます。患者さんは病院をたらいまわしにされたと感じ、医療者に対して不信感を抱いてしまうのです。

パニック障害の診断は…!とても難しい

パニック障害は診断がとても難しい病気です。パニック障害の患者さんが早期に精神科を受診しても、パニック障害だという発見が遅れる場合があります。パニック障害は、うつ病や神経症を併発している場合が多いため、うつ病や神経症だと診断されることがあります。患者さんは、症状のきっかけは何だったか、どんな症状がどのように出現するのかについて、自分で報告できるのがよいです。

まとめ

パニック障害によく似た病気は、様々です。心臓病から、呼吸器の病気、メニエール病からパーキンソン病など、多岐にわたります。また、パニック障害の患者さんは、その他の精神疾患を併発している可能性が高く、その診断は大変難しいです。そのため、患者さん本人は、自分の症状についてきちんと正しく報告できることが望ましいですが、なかなかそうはいきません。

そういった場合は、家族などの患者さんをよく知る人に付き添ってもらい、どんな症状なのかを伝えてもらうことも必要です。患者さんや患者さんの家族が、パニック障害の症状についての知識やパニック障害によく似た病気について知識を持っておく必要性があります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ