適応障害患者の復職!本人と職場が注意したいポイントとは?

休職していた適応障害患者が会社に復帰する際には、本人だけでなく職場側でも気をつけなければいけないことがいくつかあります。

適応障害はその性質上、非常に再発しやすい疾患です。復職は果たしたものの、再び症状が悪化して休職を繰り返すことは、本人だけでなく会社側にとっても大きな損失となります。スムーズな職場復帰のために、知っておきたい復職の注意点を紹介します。

本当に大丈夫?復職のタイミングはとても重要!

休んでいた職場に再び復帰するタイミングは非常に重要です。復職の時期が早すぎれば症状悪化で逆戻り、遅すぎれば本人の復職への意欲が低下してしまうからです。復職の判断を行う際のポイントはどこにあるのでしょうか?

主治医の判断

主治医は本人の症状や回復の程度を客観的に把握している一番のキーパーソンです。主治医からのGOサインがないうちの復職は時期尚早と言わざるを得ません。

本人の意志

本人に職場に復帰したい意志はありますか?精神疾患を原因とした休職からの職場復帰では、本人は不安を感じているのが当たり前です。それを踏まえたうえで、復職の意志を確認する必要があります。

職場の受け入れ体制

適応障害を発生したことは、職場の環境にも原因があります。職場では、再発を防ぐための受け入れ体制が整備されていますか?

本人も職場も不安!スムーズな復職のためにすべきこと!

復職がスムーズにいくかどうかは、本人の状態だけでなく職場の環境整備も不可欠な要素のひとつです。そのためのポイントは「復職前」にあります。

復職前に十分な面談を行う

復職の前には、入念に面談を行う必要があります。本人の現在の状態や医師の判断、会社側の配慮など、本当に復職しても再発の恐れがない状態化をチェックしなければなりません。

職場の環境調整

復帰する部署では、適応障害患者の受け入れ体制は整えられていますか?物理的な環境や業務内容の整理だけでは不十分です。抵抗障害からの復職者を受ける際に考慮に入れておきたいポイントを紹介します。

  • 復職者ができる業務とできない業務の部署内での情報共有
  • 本人が不調時に業務を代わりに行える人員の確保
  • フォロー体制
  • 他の社員への負荷が重くなりすぎることはないか
  • 適応障害という疾患に対する理解
  • 復職を歓迎しているという雰囲気

復職時の注意点!本人はどんなことに注意が必要?

復職は自身の意志で行うものです。会社任せにしてはいけません。復帰してはみたものの、再び休職という事態を招かないために気を付けたいことは何でしょう?

ストレス要因を過度に意識しない

そもそもストレスが皆無な職場など存在しません。何かしらのストレスが存在していることが普通なのです。ストレス要因にばかり目を向けると、適応障害が再燃する恐れがあります。

会社は敵ではない

あなたの休職と復職を受け入れてくれたということは、あなたは会社にとって必要な人材であることの証です。確かにあなたを適応障害に追い込んだのも会社ですが、あなたを必要としてくれているのもまた、会社なのです。

会社は敵ではなく見方であることを忘れないでください。

ストレスの分析

適応障害はストレスに対して上手く対処できなかったことが原因で発症します。再び同じ轍を踏まぬためにも、今度はストレスを分析し、具体的な解決法を探す力をつけましょう。

復職時の注意点!職場側が注意しなければいけないことは?

復職のカギを握っているのは本人の状態だけではありません。職場側でも注意しなければいけない点がいくつもあります。これは、適応障害患者のみならず職場全体のメンタルヘルスを守るためにも重要な点でもあるのです。

休職前と同じレベルを求めない

もともとは、以前の職場環境に耐えられなかったから適応障害に至ってしまったのです。これまでと同じ業務量やレベルを要求することは再発のリスク以外の何物でもありません。

他の社員の不満を溜めないために

復職直後は特に、仕事に全力投球できないことも珍しくはありません。そんな時、復職者の業務のしわ寄せが他の社員に行くことは極力避けなければいけません。そのような行為は、第二の休職者を出すだけです。

業務改善や人員補充、制度の見直しなどを進め、他の社員に過剰な負荷がかからないように配慮することは会社側の義務でもあります。

まだ健康と病人の中間!復職直後の仕事は慎重に進めて!

無事、復職を果たすことが出来たからといって、適応障害が再発するリスクがなくなったわけではありません。特に復職直後は、いわば「病気と健康のはざま」にいます。仕事は慎重に進めていく必要があります。

できること・できないことを明確に

復職を果たすと、「これまで通り」を求められるケースも少なくありません。しかしまだ万全な状態ではないことを忘れてはいけません。現状でできる事・まだ無理な事を明確にしておく必要があります。

薬をうまく使いながら

職場のストレスから逃げることはできません。それは適応障害の再発への道につながるからです。そんな時には医師から処方されている薬をうまく併用していきましょう。

相談相手を見つける

周囲にどれだけサポートしてくれる人がいるかによって、適応障害の予後は大きく左右されます。友人・同僚・上司・産業医・カウンセラー・家族・職場の医務室など、自分の本音を相談できる場所を確保してください。

「復職したから全て解決」ではない!継続的なフォローが不可欠!

適応障害による休職から無事に職場復帰できたからといって、そこですべてが終わるのではありません。職場側では復職がゴールであると認識してしまいがちです。

しかし、復職者にとっては、復職はスタート地点に過ぎません。適応障害の再発を防ぐためには、継続したサポートやフォローを忘れないことが何より重要なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ