疲れやすいと感じたら?自律神経の乱れが原因かもしれません!

今まではあまり感じる事が無かったのに朝起きて体がすっきりせず重たい感じがするとか、たっぷりと寝ているのに疲れが取れていない感じがすると言ったように疲労を感じるような事はないですか?

疲れやすく感じるのはこのままほっておくと自律神経失調症になってしまうという体からの警告かもしれません。

特に現代では肉体労働の人よりも事務職などを含む頭脳労働の人にこの傾向が多く、日中は座ってパソコンに向かい作業をしているだけでこれといって体が疲れるような事をしていないのにこのような症状に悩まされる事が多いのです。

自律神経失調症の働きとは?健康を保つ働きです

自律神経失調症により疲労を感じる場合は自律神経の乱れが生じる事で起きるのですが、その原因は次のようなことから起きているのです。

通常の自律神経の働きは?

自律神経には交感神経と副交感神経が存在し、その2つがバランスよく働くことで人間の体調を良好に保っています。交感神経は主に日中活動する為に働き副交感神経は夜間体を休め疲労回復を行う為に働きます。

交感神経の働きは?

交感神経の働きをもう少し詳しく見ていくと活動をしている状態の時に働くのですが、更には会議などでプレゼンする前のような緊張状態の時、仕事の締め切りに追われていたり人間関係がうまく行かずにストレスを感じている時などにも働きます。これは交感神経とは何かが起きた時に直ぐに体が対応出来るように常に準備している状態にする為に働いているからなのです。

副交感神経の働きとは?

逆に副交感神経の働きは睡眠や何もせずに座っているように休息をしているような状態の時やリラックスしているような時に働いています。この働きは疲労を回復すると同時に内臓を動かす事も大事な役割としてあり、その事により食べたものを分解し栄養素とした上で体の様々な部位や細胞に補給していきます。更には溜まっている疲労物質などを含む老廃物などを体の外に吐き出す作用に対しても働くのです。

疲れやすくなる原因は?主にストレスです

自律神経が健康の為にバランスよく働く事が重要なのですが、現代ではそのバランスを崩す原因が沢山ありその最も多いのがストレスと言われています。その為過去に比べ疲労を感じる人が多くなり自律神経失調症になってしまう人が増えているのです。

疲れやすくなる原因は?

疲れやすく感じる原因には色々な事が考えられます。主な原因としては次の通りです。

  • ストレスを発散できずに蓄積している
  • 外食やコンビニ食が多く食事に偏りがある
  • 昼夜が逆転しているなど不規則な生活環境
  • 運動不足、又は極度に運動のやりすぎ
  • 加齢による老廃物代謝力の低下

ストレスの原因とは?

現代人に多いと言われるストレスですが、主に考えられるのが、仕事の責任やプレッシャー、達成しなければならないノルマ、長時間の仕事やパソコン作業、職場での人間関係、満員電車での通勤など仕事に伴うストレスと共に家庭での子育て、学校での人間関係など、更には慢性的な寝不足や食事時間のバラツキと言ったような不規則な生活リズム、気付かず受けているパソコンやスマートフォンなどからのブルーライト、更には気温の変化などでもストレスを感じているのです。

ストレスが多いとどうなるの?

ストレスが多いとどうなるかというと常に交感神経が優位に働いている状態が続く為、体が常に緊張状態でいるようになってしまいます。そして交感神経が優位に働いているという事は副交感神経が十分に機能する事は出来ていない状態が続くという事なのです。よって疲れた体の疲労を回復させる働きが不足して結果疲れが取れない体となって言ってしまうのです。

疲れが取れにくい体の状態とは?血流が悪い状態なのです

ストレスが多く交感神経が優位に働く事が多くなり、自律神経の働きのバラツキが崩れる事で疲れが取れない体になっていくのですが、その時体はどのような状態になっているのでしょうか?

ストレスを感じた体は?

ストレスを感じた事が無いと言う人も世の中にはいるかもしれませんが、そのよう人も含めストレスを感じている体は筋肉が緊張した状態にあり、その状態が長きに渡って続く事で筋肉が硬く固まった状態となってしまうのです。

筋肉が固まった体は?

筋肉が固まった体で何が起きるかと言うと体内の流れ、すなわち血流が滞ってしまうのです。そして血流が悪くなると本来必要な栄養の循環や疲労物質なでお体外に排出すべき老廃物などが体の中に溜まったままとなってしまうのです。

体を疲れにくくするには?筋肉をほぐす事

血流が悪くなり疲れが取れにくくなってしまった体を改善する為には何をすればいいのでしょうか?そのスタートとなるのが筋肉をほぐす事を行う事なのです。筋肉がほぐれた状態とはマッサージを受けた人はわかると思いますが、筋肉がほぐれ眠くなってくるのです。これこそが副交感神経の働きを優位にするきっかけとなっているのです。

筋肉をほぐすと?

筋肉をほぐした時の体の変化を具体的に説明すると筋肉をほぐす事で今まで筋肉により固められていた血管の働きが活性化して血流が改善します。血流が良くなると今まで体に供給されなかった酸素などをふくむ栄養などが体中に行き渡るようになります。更には溜まっていた疲労物質などの老廃物も体を循環して体外に排出され体を健康で疲れていない状態へと戻していきます。

その他に疲れやすくなる原因は?糖分に注意

自律神経の乱れ以外に疲れやすいと感じる原因にはどのような事が考えられるのかと言うと実は糖質の取りすぎると疲れやすくなるのです。

糖質の取り過ぎの原因は?

糖質を取り過ぎてしまう原因は、普段健康の為に何気なく行っている果物を食べる習慣も実は適量ならばいいのですが、取りすぎは完全に糖質の取りすぎとなります。又、飲み物も気をつける必要が有り缶コーヒーなどは例え微糖と書いてあっても侮っては駄目で結構な量の糖分が入っているのです。体を疲れやすくしない為にも糖分の取りすぎには注意した方が良さそうですね。

まとめ

疲れやすい体に感じる原因は実は大きく分けると自律神経のバランスの崩れからくるものと糖分の取りすぎということなのです。どちらも現代社会においては意識して改善していないと常に生活の中で直面してしまうことなので注意が必要です。

自律神経においてはバランスを整える為には、意識して睡眠をとる、ビタミンやミネラルを摂取する、適度な運動を心がけると言ったように生活環境の改善が必須です。それと共にもしストレスを感じ疲れやすいと思ったらマッサージなどを受けて筋肉のコリをほぐしてあげることが重要なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ