薬物治療以外のうつ病への新しい対処療法はないのか?

うつ病の対処療法において、今日は薬物療法というものが主なものとされています。

しかし、それが、本当に適切かどうかが再確認されていることをご存知でしょうか。

現状薬物対処療法が主流

うつ病は薬物でしか対処療法はないとされるのが日本の現状です。しかし実質は、数ある選択肢の中で、医者は薬を出すことをしないといけないということなのです。

うつ病を発症した人の家族としては、自殺の心配が一番です。そこで薬を処方してもらいますが、副作用に不安があります。しかし飲まないと、本人がきついなどと不安が絶えません。

新しい対処療法「磁気刺激治療(TMS)」

そこで対処療法の新たな一つとして、磁気刺激治療(TMS)があります。これは磁気刺激によって脳の活動を回復させる治療法です。

うつ病は心の病ではなく脳の病と考えられており、発症時の脳は血流や代謝が低下している可能性があります。

磁気刺激治療は、背外側前頭前野(判断、意欲、興味を司る脳の前頭部位)に磁気刺激を与えます。刺激は神経細胞を通じて、さらに深部にある感情を司る扁桃体に刺激を与え、個人差はありますが脳の活動を回復させる治療です。

通常、抗うつ剤ですと吐き気や口の渇き、手足の痙攣に皮膚疾患など、様々な症状が起こることがあります。そこが磁気刺激治療だと、稀に軽微な頭痛や歯痛のみとなります。

うつ病の根本問題を解決する「認知療法」

次に、うつ病の根本的な問題解決に有効とされる対処療法が認知療法です。これは、自分の思考がどのようなものかというのを調べ、うつにならない発想を作り出すために考案されたものです。

うつ病になると何をしても、あるいは何もしていなくても、嫌悪感や悪い考えばかりが頭に居座ります。これは、否定的自動思考と呼ばれています。

通常時でも否定的自動思考はあるのが普通ですが、生活の全体を占めているわけではなく、思考の切り替えで追いやることが可能です。

しかし、うつ状態になると考えることの全てが否定的自動思考になってしまいます。

この時に、これがうつ病のせいで浮かんできた否定的自動思考だと認識し、合理的な考え方でその思考に反論する。またその練習をしておくという方法が認知療法です。

このように、最近ではうつの対処療法も抗うつ剤に頼らず様々なものがあります。この中で、自分に合う対処療法を見つけ、身体にもいたわって治療していきたいですね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ