不安障害にはどんな種類があるの?主なものは4つあった!

現代社会において、精神的な疾患を患う人は3人に1人の割合となっています。

中でも、「うつ病」や「不安障害」といった精神疾患が問題視されており、外出が困難になったり、人と関わることができなくなったりするといった日常生活に支障をきたすケースが数多く見られています。

今回はその中でも、様々な種類が存在する「不安障害」について取り上げます。一口に「不安障害」と言っても多数の種類があり、症状や原因もまた異なります。そこで、それぞれの種類について、症状や原因を徹底的に解説します。

不安障害の種類にはどんなものがあるの?主なものは4つ!

不安障害は、主に4つのものに分類されます。

    <不安障害の種類>

  • パニック障害
  • 社会不安障害
  • 全般性不安障害
  • 恐怖症

これらはそれぞれ名前こそ違いますが、全て不安障害の一種です。この記事ではそれぞれについて解説していきます。

パニック障害ってどういうもの?「死」への恐怖が起きたら注意!

パニック障害の症状は?

パニック障害では、突然の激しい動悸や脈拍の増加などに加え、胸の詰まり感や吐き気など胸部の不快感に襲われることもあります。あまりの苦しさに、パニック障害の患者は「このまま死んでしまうかもしれない」という強い不安感に襲われます。

胸部周辺に症状が起きることが多いため、心臓病と勘違いされることも多い病気ですが、実際には心臓には何の異常もありません。

パニック障害による症状は、30分~1時間程度でおさまります。これを「パニック発作」と言います。パニック障害の怖いところは、症状が悪化すると「また同じ症状が出たらどうしよう」という、不確定な未来への不安(予期不安)から外出することができなくなってしまい、日常生活に支障をきたす場合があるということです。

パニック障害の原因は?

パニック障害の原因としてあげられるものは、主に2つあります。

1つ目は、生まれながらに持っている性質です。遺伝子や不安症体質、神経質な性格やこだわりを持つ性格が、パニックを引き起こしやすくなっています。

2つ目は、生まれたその後に築き上げられたものです。育てられた環境や育ち、教育といった外部からの刷り込みにより、「~しなければならない」などと思い込んでしまったり、親の死や離婚といった早期離別の経験があったり、虐待を受けたりといったことがある場合は、それがストレスとなり、パニックを引き寄せてしまう場合があります。

社会不安障害ってどういうもの?「他の人の目」が気になったら注意!

社会不安障害の症状は?

社会不安障害は、またの名を「社交不安障害」や「社交不安症」、「社交恐怖」とも言います。「社会」という曖昧なものに対して不安を感じる病気で、特にプレゼンなどの人前での発表や、目上の人間との会話、他人との食事など、他者から注目されることに対して非常に大きな恐怖を感じることが特徴です。不安や緊張、恐怖が頭の中を占めてしまい、「頭の中が真っ白になって何もできなくなる」と訴える患者も少なくありません。

よって、そのような事態を避けようとする「回避行動」をとることが多くなります。これが悪化してしまうと、仕事をすることが困難になったり、外出することが難しくなったりする場合があります。また、自己評価が低くなっていき、うつ状態に陥ってしまうケースもあります。

社会不安障害の原因は?

社会不安障害に明確な原因はなく、様々な要因が複雑に絡み合って起こる病気であると考えられています。ある程度要因として考えられるものは、性格や遺伝、幼少期の環境などがあげられます。

また、人前で失敗したり、大きな恥をかいたりしたことがあるといった経験から、社会不安障害に至ってしまう人も多いです。「またあのような恥ずかしい思いをしたくない」という考えから、同じようなことに陥る可能性がある行動を全て回避してしまいます。

全般性不安障害ってどういうもの?「長い間続いている」としたら危険!

全般性不安障害の症状は?

全般性不安障害は、「全般不安症」とも言います。後にあげる恐怖症などとは異なり、具体的な恐怖の対象があるのではなく、起こりうるあらゆる出来事や活動に対して、過剰に不安を覚えます。また、一過性ではなく、長期にわたって不安が起こり続けることも大きな特徴です。

全般性不安障害の原因は?

全般性不安障害の原因は、明確なものがありません。性格や遺伝、周囲の環境など、様々な要因が複雑に絡み合って発症すると考えられています。その中でも比較的多いのが、精神的なストレスです。仕事や学校、家庭や健康などの心配要素がストレスとなってしまい、悪化してしまうとそのことに過剰に反応するようになります。それはやがて、不安障害に発展してしまうというケースが多くみられています。

恐怖症ってどういうもの?恐怖症の種類は多岐にわたる!

恐怖症の症状は?

ある特定の出来事や場所、状況に対して過剰な恐怖を抱くことを「恐怖症」、または「限局性恐怖症」と言います。

恐怖症については種類が多数あり、乱暴に言ってしまえばモノや行動の数だけ恐怖症が存在します。自分が恐怖に思っているものが他の人にとっては恐怖ではなかったり、逆に自分が恐怖を感じていないものが他人にとって恐怖に感じるものだったりすることもあり得ます。

    <一般的によく知られている恐怖症>

  • 高所恐怖症
  • 先端恐怖症
  • 閉所恐怖症
  • 対人恐怖症

ただ「恐怖を覚える」というだけではなく、それに直面したときに、異常な発汗や動悸などのパニック症状を起こしてしまうのが恐怖症の特徴です。

恐怖症の原因は?

恐怖症の原因は、その出来事や行動、物に対して何かしら恐怖を覚える経験をした、いわゆる「トラウマ」というものが圧倒的に多いです。例えば、閉所恐怖症の場合は、「狭い場所に閉じ込められて苦痛を味わった」など、その際に強いストレスを感じたことによりトラウマに発展してしまったケースが多く見られます。

不安障害になったらどうすればいい?専門家に頼ってみるのも一つの手!

4つの不安障害についてと、それぞれの症状や原因について解説しました。不安障害といっても、それぞれの種類で感じる不安は違いますが、どれも性格や遺伝、ストレス、トラウマなどが大きく関係していると考えらえています。

本来持ち合わせている性格や遺伝子などを変えることはなかなか難しいものですが、考え方を変えたり、ストレスやトラウマと向き合ってみたりすることによって、症状が改善方向に向かう可能性があります。これらの不安障害に悩んでいるのであれば、精神科や心療内科の医師やカウンセラーの手伝いを借りてみるのも一つの手です。専門家の手を借りることによって、回復する可能性が高くなることが期待できます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ