引きこもりの原因はどんな事で?本人の特徴と環境だった

引きこもりという言葉は、世の中でもよく見聞きする言葉となってきました。その意味は病名のような感じもしますが、症状としては家や部屋から出ないという生活習慣となってしまった人を指す言葉なのです。引きこもりとなってしまう原因とはどのようなものなのでしょうか?

引きこもりの症状を発症する原因は、主にその本人の特徴的なものと周りの環境によるものなのです。自分の子供や周りの人を引きこもりにしない為にも、また自分自身が引きこもりにならない為にもその特徴や原因を知っておくことが大事なのです。

引きこもりとは?一定期間家から出ない症状

引きこもりとは、広い意味では、慢性的に家や部屋から出ないという生活習慣で家族以外とは、ほとんど交流をしない人を表す言葉なのです。きっと周りを見渡すと該当する症状の人がいるはずです。

期間的には?

引きこもりの一般的な定義としては、その慢性的に家からでない状態を半年以上も続けている場合は引きこもりとされるのです。

引きこもりはどれくらいの人数がいるの?

引きこもりの人数というのは実は正確な統計データーは無く明確にはなっていません。しかし一説には最低でも50万人以上、推定では160万人とも300万人ともいるのではないかともみられているのです。

引きこもりの症状?

引きこもりの症状は、実は人によって様々で家や部屋から全く出られなくなってしまう人から、ちょっとした近所への外出や人との接触が少なければ外出が可能な人などもいるのです。

引きこもりに段階はある?5段階にわかれます

引きこもりと一口にいっても色々な症状があるのですが、症状の度合いについても段階があるのです。

引きこもりの5段階?

引きこもりの5段階としては次のようなチェックリストがあるので参考にしてみてください。

    <引きこもりの5段階>

  • 身体的だるさはあるが社会生活、学校、職場にはまだ参加している
  • 社会生活への交流はしなくなるが、家族交流はある
  • 心を許せる相手が母親だけ
  • 食事も一人でとり、母親とも会話は少し
  • 家族にも不信感を持ち、部屋へこもりっぱなし

日常生活の中で自分の子供がどの段階にいるのかをウォッチすることは重要です。早めに気づき手当する事が重症化を防ぐ鍵なのです。

引きこもりになりやすいのは?自己評価がマイナス

引きこもりになりやすい特徴や共通点としてしては次のようなものが挙げられます。

自分に対する評価が低い?

引きこもりの原因の一つとして根深いのが、自分自身に対する評価が非常に低かったり、ありのままの自分を人から認められている、愛されているとい実感が無いという事なのです。引きこもりになる人は、ほとんど全てがかなり大きなマイナス評価となっているのです。

自己評価がなぜマイナスになるの?

自己評価がマイナスになる要因としては、主に育った家庭環境に問題が多くあり、本当はやりたくない事を自分の感情を抑えてでも無理してやらされるような環境が継続して起こっていると本当の自分を認めてもらえない状況から自己評価がマイナスになっていくのです。

また、親としては口にしていなくても本人の感受性が強いと無言のプレッシャーから親の理想の子供にならなくてはと思い込み無理をしてしまうケースもあるのです。

自己評価がマイナスの人は?

自己評価がマイナスの人は、人から受けるちょっとした言葉などの外的要因に対して全く気にする必要の無い事でも自分を否定されているとか、攻撃されていると受け取りやすくなってしまうのです。

引きこもりになるきっかけは?ストレスです

引きこもりになる原因は、本人の考え方や物事の捉え方に大きく影響されるのですが、引きこもりとなってしまうきっかけとして一番にあげられるものは社会生活におけるストレスなのです。

例えばどのようなストレス?

引きこもりを引き起こしやすいストレスには、例えば学校や会社などで頑張っても頑張っても自分の事を評価してもらえないとか、周りや親などから期待されているのにその期待に思うように応えることができないとか、更にはそれによって将来に対して必要以上に不安を感じたりするようなストレスでそのストレスに対してうまく対応できない事が多いのです。

引きこもりが重症化すると?部屋に引きこもります

引きこもりにも不登校や会社をやめてニートとなってしまう家への引きこもりと、家庭内においても部屋に引きこもってしまうタイプがあります。家庭内で会話がある内はまだいいのですが、部屋に引きこもるようになってしまうと重症化していってしまいます。

部屋に引きこもる原因は?

学校や会社が原因で不登校になったり、会社をやめて家にいるようになった場合、その家庭が落ち着ける場所であればいいのですが、だいたいが追い打ちをかけるような言葉を本人に浴びせかけるような状況になってしまうのです。

本人としても学校や会社に行かなければ行けない事はわかっているのに家庭内でもそのような言葉を浴びせられるとだんだんと家族に顔を合わせる事が嫌になり部屋へ閉じこもるようになってしまうのです。この時に注意すべきは言葉だけではなく視線や態度も本人を追い込む原因となるのです。

まとめ

引きこもりになってしまう原因は、主に本人が持っている引きこもりになりやすい物事の考え方や捉え方に起因していることが多く、そこに本人の自己評価を低く考えさせる環境が重なると症状として発症することが多いのです。

引きこもりが発症するきっかけは様々なストレスに起因するのですが、それによって家に引きこもり始める事になるのです。その時に家族が気づかない内に追い打ちをかけるような言葉や態度を発すると部屋からも出てこない重症の引きこもりとなっていってしまいます。

本人を引きこもりから救う為には引きこもりになってしまう本人の特性と追い込んでしまう環境を排除していくことが重要なのでできる限り早めに専門家の意見の元、対応を始めることをお勧めします。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ