何度確認しても不安が消えない?強迫性障害の確認行為の可能性あり!

玄関を出て少しすると、鍵をかけたか不安になり家に戻り確認をする事はだれにでもある事です。これが、何度確認しても不安が出て繰り返し行なわれるのは強迫性障害の確認行為の可能性があります。

これは、治療で改善可能な病気です。1日も早く専門の医療機関を受診される事をお勧めします。なんの病気でもそうですが、早期発見・早期治療がポイントになります。今回は、こんな強迫性障害の症状でもある確認行為について調べました。

強迫性障害て何?異常な程の確認行為をする!

強迫性障害とは、何らかの考えにとりつかれて頭から消し去る事が出来ない状況にあります。これを強迫観念といいます。そして、強迫観念から来る不安や恐怖を取除く為の行動を繰り返すようになります。この行為を強迫行為と言います。

強迫性障害の患者さんは、この行為についておかしいと気がついているのです。しかし、不安や恐怖が消えないのでやめる事が出来ない状況なのです。普段の生活にも、支障が出てしまいます。

どんな確認行為がある?

自分でもおかしいと思いながらも止める事が出来ない、行為です。不安を消し去る事が出来ないので、まじめに何度も繰り返してしまいます。よく見られる確認行為を、下記に挙げました。

    <よく見られる確認行為>

  • 玄関の鍵をかけ忘れていないか確認
  • 水道の栓を閉めたか確認
  • 電気のスイッチを切ったか確認
  • 落し物をしてないか来た道やお店の中を確認

結果を恐れて確認する?

患者さんも過剰な確認行為をしたくはないのです。精神的に苦痛でも、確認行為をしなかった事で生じる悪い事を想像して過剰な確認を繰り返すのです。

慎重なのとは違うの?不安や恐怖から行為を続ける!

物事に慎重な対応をする人は、2度チェック等念入りなチェックをしています。慎重な人は、念入りにチェックをしますが生活に支障が出るような事になる事はしないのです。

強迫性障害の確認行為は、確認した事で危険は防げているのにその事に気がつかないで不安や恐怖から確認行為を続けてしまうのです。このような事を繰り返す事で、時間を無駄に過してしまいます。

慎重な人はどんな人?

慎重な人は、じっくりと考えてから行動に移ります。出かける前にキチンと持ち物を確認して、忘れ物をしないようにします。急な予定変更等は苦手です。

確認症状が及ぼす影響?社会生活や仕事にも影響!

強迫性障害の患者さんは、たとえ仕事でも確認行為がやめられずに何度でもチェックします。人の前で出来ない時には、頭の中でする時もあります。

そんな状況の中での作業ですから、当然時間が掛かるようになり職場では仕事が遅いとか仕事が出来ない等の評価を受けてしまいます。そうすると、会社にもいずらくなるので辞めるという事に繋がります。

ミスする事を恐れる?

強迫障害の患者さんの中には、完璧主義の方もいます。そんなケースでは、完璧主義が過剰になり確認行為も終りが無いように続く事になります。

原因は何なの?脳の認識機能の低下によるもの!

ガスの消し忘れの確認を繰り返す患者さんもいます。ガスの火が点いていれば、ひと目で直ぐに判ります。この判断に患者さんは、自信を持つ事が出来ないのです。

これは、脳が「出来ているよ」と理解する機能が低下してしまい何度でも確認をしなければいけなくなる状態にあるのです。患者さんの脳の画像でも、幾つかの部位の活動が普通の時よりも高くなっている結果が出ています。その事が、確認行為の悪循環にも繋がります。

確認行為の悪循環とは?

脳の認識機能の低下から、重症な患者さんほど自分でコントロール出来ないので「出来ているよ」を求めて確認を繰り返すと止められなくなって悪循環になります。

治療を始める時に大事な事?今の自分を知る事!

治療をはじめる時に大切な事があります。それは、今の自分の状況をキチンと知る事認めることになります。これは、病気が脳の認識機能の低下から生じている事を受け入れる事です。

治療は、専門医療機関での治療になります。方法は、専門医の指導の下薬物治療と認知行動療法を患者さんの状況に合わせて時間をかけて行なわれます。

先の事を心配しない?

患者さんは、将来への保障等を過度に求める事が多く見られます。あまりに先の事を心配して不安になるよりも、今出来る事すべき事をした方が良いです。

認知行動療法とは?

認知行動療法とは、患者さんの状況にもより治療法は違いますが良く行われる方法では嫌な感情や不安になる事に向き合い行為をしないようにしていきます。

薬物治療は何の為?

薬物治療は、抗うつ剤や抗不安剤が使われます。患者さんの状況を医師が正しい判断をしながら強い強迫観念を弱める為に使います。

まとめ

今回は、確認行為とは何なのか、どのような事をするのか何が原因でそうなるのか治療にはどのようなものがあるのかそして潔癖症との違いについて調べました。

強迫性障害とは、何らかの考えを頭から消す事が出来ない状況にありこれを強迫観念といいます。強迫観念から来る不安や恐怖を取除く為の行動を繰り返す行為を強迫行為と言います。

慎重な人は、じっくりと考えてから行動します。出かける前に持ち物を確認して、忘れ物をしないようにします。急な予定変更等は苦手です。

原因は脳の認識機能の低下です。治療をはじめる時に大切な事は今の自分を認めることです。病気が脳の認識機能の低下から生じている事を受け入れる事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ