ユースケ・サンタマリアさんもうつだった?体に現れるうつ病とは?

ユースケ・サンタマリアさんと言えば、「踊る大捜査線」で一躍有名になった、大物俳優さんですよね。バラエティででも活躍されており、自然体で答えるかけあいを楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか。

しかし、あの明るくて人を笑顔にしてくれるユースケ・サンタマリアさんが、実は「うつ病」を抱えていたことはご存知でしょうか?確かにある一時期、かなり痩せてしまっていて、重病説が流れたこともあったようです。ユースケ・サンタマリアさんの経歴と共に、「うつ病」の真実についてまとめてみました。

ユースケ・サンタマリアさんの経歴

ユースケ・サンタマリアさんは、1971年生まれ、大分県出身です。意外かもしれませんが、1994年の23歳の時にラテンロックバンド・BINGOBONGOのボーカリストとしてデビューしています。しかし、バンド活動は軌道に乗らず、3年後の1997年、ユースケ・サンタマリアさんが26歳の時に解散してしまいました。

俳優業に転身

そのユースケ・サンタマリアさんが一躍脚光を浴びたのが、解散と同年に出演した「踊る大捜査線」です。その後踊る大捜査線の主要キャラクターとして俳優業に進みます。2005年に公開されたスピンオフ映画の「交渉人真下正義」では、主演を務め、見事日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞されています。

バラエティでも活躍

また、その才能は俳優業だけにはとどまりません。1998年の27歳からバラエティ番組「ぷっすま」でメインMCを務める等、多彩な才能を発揮されています。SMAPの草彅さんとの掛け合いを楽しみにしている方も大勢いらっしゃるでしょう。いつも明るくて元気な印象がありますよね。

司会者としても活動

また、クイズ番組やバラエティ番組でも色々な番組で司会者としても活躍されています。主観にはなりますが、人を傷つけるような発言は少なく、その場の空気をお笑いに変えてくれるユースケ・サンタマリアさんの司会は、見ていてもホッとしますよね。

プライベート

ユースケ・サンタマリアさんはプライベートも充実しています。2004年、ユースケ・サンタマリアさんが33歳の時に、20歳の頃から交際されていた会社員の女性と結婚されました。交際歴は何と13年。一途なところがさらに魅力的です。仕事もプライベートも順風満帆と言ったところでしょうか?

でも実は心の病気を抱えていた

しかし、そんな明るくて才能にあふれたユースケ・サンタマリアさんは、実は心の病気を抱えていたようです。きっかけは32歳、原因不明の吐き気と倦怠感に襲われます。現場に嘔吐用のバケツを持参するくらいその症状はひどかったようです。

また、8か月間の下痢が止まらず体重も激減。当時は「役作りのため」と周りに隠してお仕事を続けられていたのですね。病院に行っても異変はなく、そんな大変な状況が、何と40歳になるまでの8年間も続いていたようです。TVで明るく振る舞っていた蔭にはそのような生活を送られていたのですね。大変な努力を重ねていらしたことが推測されます。

原因は仕事の負担?

その原因は、飛ぶ鳥を落とすような勢いで有名になってしまったことだといわれています。バンドマンだった彼が、ある時突然映画に出演してみたところ大ヒット映画になってしまった。自分の実力が、周りの評価に伴っているのか、ずいぶん悩まれたようです。「一般人が芸能界に入ってしまった」というコメントは、まさに彼の状態を表していたのでしょう。

現在は寛解している

ユースケ・サンタマリアさんがうつ病であると告白されたのは、同じくうつ病で悩まれている芸能人の皆様のインタビューを集めた「サブカル・スーパースター鬱伝」という著書で答えたインタビューの中でのことでした。当時のことを振り返り、言葉にすることが出来るくらい現在は落ち着いているようです。また、身体症状も現在は落ち着いているようです。

ところでうつ病って心の病気だよね?

ユースケ・サンタマリアさんが32歳の時に最初に悩んだ症状は「吐き気」と「倦怠感」です。でもうつ病って心の病気ですよね?これはどういう事でしょうか?

うつ病は心だけの病気じゃない

実は、最初に身体症状が現れて、後々にうつ病であることが発覚する方と言うのはとても多いんです。会社に行こうと思うと朝起きられなくなる。家を出ようとするとお腹が痛くなる。電車に乗ってみたらめまいがしてくる。けだるくて仕事にならない。考えすぎて眠れない。

もちろんこれらの症状が身体的な疾患である可能性もあります。でも、中にはうつ病の症状である可能性も秘めているのです。

身体疾患はうつ病のサインである可能性も

うつ病にかかりやすい性格の人と、かかりにくい性格の人がいると言われています。以前の日本人には、うつ病にかかりやすい性格の人が多いと言われていました。それは「メランコリー親和型性格」と呼ばれる人たちです。

メランコリー親和型性格とは?

メランコリー親和型性格とは、真面目で几帳面、ルールを大変重んじる性格のことを指します。ルールを守ることはとても大切なことです。しかし、メランコリー親和型性格の人は、ルールを“守らなければならない”と考えるようになってしまい、自分自身に大変な負担をかけてしまうのです。

うつ病の症状に気が付きにくい

メランコリー親和型性格の人は、自分がうつ病だとは気が付きにくいと言われています。負担がかかっていても「それは自分が甘いから」。ルールを守れないのは「自分の努力不足」と自分を責めてしまうので、ストレスで押しつぶされそうになっていることに気が付かないのです。

体の症状として現れやすい

本当は、意欲の低下ややる気のなさなど色々なヒントがそれ以前に現れているのですが、それを見ないようにするあまり、ストレスが心の許容量を超えてしまいます。心の許容量を超えたストレスは体の症状として現れてきます。そのため、原因不明の体調不良が体の各所に現れてくるのです。

うつは色々な形で現れる可能性がある

身体疾患かと思っていたら実はうつ病であることは良くあります。他にも、耳が聞こえにくいとか、声が上手く出ないとか、肩が凝るなど、色々な形でうつ病の症状は現れてくるのです。

まとめ:うつ病のサインに気が付こう

そのため、自分の体がいつもとちょっと違うなと思ったら、そして原因が良く分からなかったら、「もしかしたらうつ病かも」と言うことを頭の片隅に入れておいてほしいと思います。小さいサインで気が付いた方が、当然ですが治りも早くなります。自分を大切にして、早めに治療に取り掛かりましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ