自分だけはうつにならないと思っていたのにうつで休職に 障害者福祉施設勤務 男性 26歳 S.S.さん

ニュースや新聞などで、うつになる人が増えているという話を耳にすることが増えた昨今ですが、まさか自分がその一人になるとは夢にも思っていませんでした。

まして、私は過去に障がい者福祉の現場で働いていたこともあり、うつに陥ったときの衝撃は尋常ではなかったのです。

うつにならない自信があった

私は過去に障がい者福祉の現場で働いていたこともあり、うつに罹った人が治るか治らないか分からない状況下で健康である人々と区別され、生き辛さと息苦しさ、絶望を感じているかということを聴く機会が多くありました。

また、そうなった経緯も多く知っていたことから普通の人よりはうつについて知っており、自分がそうはならないという自信を持っていました。

しかし、それは過信でした。

違う会社で勤め始めて数か月後のこと。胸の苦しさや気怠さ、吐き気などに苛まれたのが始まりでした。

夏場だったため、夏バテだろうと思って、内科で夏バテ用の薬を貰って安心していたのです。けれど、体調は日増しに崩れていきました。

電話応対の仕事をしていたのですが、ある時電話口で話している自分の声が自分のものに思えなくなり、会話のペースも崩れ、そもそも話すことが難しくなったのです。そこで病院に行った結果、心療内科へ回され、うつだと診断されました。

うつの始まりで休むことの大切さを知った

仕事ではうつの利用者様にアドバイスをしていた自分が、いざうつになってみてどうして良いのかまるで分かりませんでした。また、どれだけ自分が思い上がっていたのか痛感しました。

客観的な言葉がどれほど救いにならないのか身を以て知りました。休職などできないと診断を受けた直後は思いましたが、医師に「今少し休んで体調を戻すのとこの先一生を棒に振るのとどちらが良い?」と訊かれ、会社に説明し、休むことにしました。

医師が診断書を作成してくれ、幸い会社の方も気遣ってくれて、休職はスムーズに行えました。

休んでいる間は、自分は何をやっているだと自己否定が多く、暫く体調は崩れる一方でした。しかし、薬や診断、また一定期間休んだことで自己否定自体が収まっていき、半年ほど休み、復職できました

通院は続けております。人は思っているほど強くなく、壊れるのは一瞬だという教訓を得た経験でした。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ