完璧主義の性格でうつ病を発症して休職に 女性 教師 28歳 U.Y.さん

中学校で英語を教えていました。教師になって四年目にうつ病になり半年間休職しました。

うつ病になった年、私は一年生の担任をしていました。その前の年も一年生の担任だったので、担任の大変さは経験していたのでそれなりの覚悟をもって臨めました。

うつ病になるまで

その年に初めての経験は一年生全体の英語科の責任者になったことです。前の年に比べて、英語科の仕事の量がぐっと多くなりました。試験問題のチェックや成績管理などが責任者の仕事でした。私は初めて任された仕事にプレッシャーを感じたものの、どうにかこなしていこうと必死でした。

夏休みがすぎ、九月の半ば、体調不良が続くようになりました。微熱が二週間続き、食欲がなくなりました。そのうち授業時間中、ずっと立っているのがつらくなりました。集中力も続かず、職員室で仕事をしていても廊下から聞こえてくる生徒の声にいらいらしていました。

この症状はうつ病によるものだったのですが、私は当分の間、自分の病気に気付きませんでした。うつ病に気付いたのは、ある朝、鏡にうつった自分の顔を見たときでした。顔の右半分がけいれんを起こしていたのです。

まぶたと唇の端がぴくぴくと震えていました。その日はけいれんが治らないまま学校に行ったのですが、職員室で他の先生に心配され、保健室に行きました。そのまま病院行き、診断結果はうつ病とストレスによる顔面神経痛でした。

休職とうつ病の治療

うつ病の診断後、しばらくは薬を飲みながら出勤していたのですが、そのうち朝起きるのもしんどくなり、やむなく休職しました。十月の半ばのことでした。

休職の間は、うつ病の治療に専念しました。仕事のことは忘れようと思い、休職中は教材や仕事関係のものは一切触れませんでした。

治療は主に、内服薬とカウンセリングでした。カウンセリングは二週間に一度の頻度で受けました。カウンセリングでは、自分の完璧主義の性格に気付くことができました。完璧にしなきゃという自分の価値観が自分を追い込んでいたのです。もっと肩の力を抜いていいんだよというカウンセラーの方からのアドバイスが心に残りました。

仕事の復帰は四月の新学期に合わせました。復帰する前は不安で眠れない夜が続いたのですが、いざ学校に出てみる、みんながあたたかく迎えてくれました。うつ病でつらいこともあったけれど、教師になってよかったと思いました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ