夫婦でうつを克服出来た萩原流行さんのきっかけとは?

萩原流行個性的なキャラクターでキラリと光る演技が持ち味の俳優の萩原流行さんもうつの克服を目指す一人です。

萩原流行さんの場合、1988年、最初に奥様のまゆ美さんがうつを発症したのがきっかけでご自身もうつを患うようになりました。

萩原流行さんがうつになった原因

萩原さんの当時の生活は仕事で朝6時に家を出て夜中の3時に帰り、家に帰って妻のまゆ美さんが作る食事と会話を楽しみにしていたそうです。しかし、まゆ美さんは昼夜逆転の生活を強いられていたのがプレッシャーになるなど様々な理由から迫神経症・不安神経症・抑うつ神経症と診断され、薬の服用とカウンセリング治療を開始したそうです。

そんな萩原さんも1991年に、芝居中にセリフは頭にあるのに言葉が口に出てこなくなってしまいます。撮影では50回のNGを出したこともあり、集中力が途切れがちで注意力も散漫になりやる気も失せていくような状況に陥りました。

どこにも出かけたくない、誰とも会いたくない、吐き気、頭痛。でも仕事はこなさなければならないというプレッシャーで押しつぶされそうになりました。

そこでまゆ美さんと同じ病院で診断してもらうと躁鬱病と診断されました。ここから夫婦二人三脚のうつを克服をする生活が始まります。

萩原流行さんのうつ克服へのきっかけ

まず最初にうつを克服するのに気づいたことが言葉の大切さです。いろんな状況の中で発せられる言葉が知らないうちに人を傷つけてしまうことがあることに気づいたのです。

例えば、うつの人の調子が落ちている時に「頑張って」と言われると、「俺はこんなにやっているのに頑張っていないのか?」と絶望的な気分になってしまうということ。相手の状況を全て分かって話しているのではないので、相手がひっかかるような言葉を安易に発しないということに気をつけたそうです。

萩原流行さんは医者に「うつ病を克服するには役者をやめなさい」と言われたそうですが、今でも抗うつ剤を飲みながら俳優の仕事を続けています。そして夫婦2人で支えあいながら、お互いを思いやり、どちらかが落ちそうになったら「お茶でもしようか」と手を差し伸べる優しさでうつと付き合っています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ