更年期での注意事項は?ストレスに対応できる生活改善!

更年期を迎える人が自律神経失調症になってしまう確率は非常に高くなっています。特に女性がなるケースが高くなっています。

その原因は更年期における女性特有の体の変化のメカニズムに起因するのですが、その事を理解して対応して行くか、全く知らずに生活して行くかでは自律神経失調症になってしまう割合はかなり変わってきます。

どのようなメカニズムによって更年期が自律神経失調症に繋がってしまうのか、また、そうならない為には何をどのように注意したらいいのかを調査してみました。

自律神経失調症の男女の割合は?女性が2倍

自律神経失調症になる男性と女性の割合を比べてみると女性は男性のおおよそ2倍の確率で自律神経失調症を発症する事がわかっています。この事は発症年齢の分布などからも更年期障害との関係も大きく関わっているのです。

なぜ更年期に多いの?

自律神経失調症の発症は更年期に多く特に女性に多く見られるのですが、その原因はどのような事なのでしょうか?それは更年期を迎える女性の身体の変化に起因しています。

更年期を迎えた女性にどのような変化が起きるかというと女性ホルモンの分泌が急激に減少するという現象が起きます。そこから今までは保っていた自律神経のバランスが乱れ急にのぼせたり発汗したり、冷え、頭痛や肩凝りと言った自律神経失調症の症状を引き起こす原因になるのです。

全ての女性がなるの?

全ての女性が更年期になると自律神経失調症を発症するのかというとそうではありません。傾向としては直近5年位の間でストレスを多く感じている人がなり易いのです。

更年期障害とはなぜ起こるの?卵巣と副腎の働きが関係

自律神経失調症と関係の深い更年期障害ですが、どのようなメカニズムで起きるのかというと女性特有の卵巣と副腎の関係にあります。その関係について詳しく見ていきます。

卵巣の働きと影響は?

卵巣はその機能としてエストロゲンという卵胞ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンを分泌しています。その分泌が前提で自律神経のバランスが保たれているのですが、閉経するとこの分泌量が数年のうちに激減してしまい最後にはほとんど分泌されないようになります。これが、卵巣が更年期障害を引き起こす体の変化のきっかけとなります。

副腎の働きと影響は?

副腎ではどのような事が起きているのかと言うと卵巣と同じくエストロゲンとプロゲステロンを作っています。さらに副腎では男性ホルモンであるアンドロゲンとテストステロンも作っているのです。そして更に作っているホルモンが糖質コルチコイドと電解質コルチコイドというもので、この2つは抗ストレスホルモンとも呼ばれストレスを感じるととても多く分泌されるホルモンなのです。

抗ストレスホルモンの働きは?体をストレスに対応出来るようにします

抗ストレスホルモンと呼ばれる糖質コルチコイドと電解質コルチコイドは人間の体にとってどのような働きがあるのかを見ていきます。このホルモンは人がストレスに直面した時に体が対応出来るようにする働きがあります。

糖質コルチコイドの働きは?

糖質コルチコイドの働きはタンパク質を分解して人間に必要な糖を作る働きをしていて、これは糖新生と呼ばれ糖質不足に陥った時に行うメカニズムの1つです。これによって飢餓状態での食事などで糖質を補給出来ない状態でも自らの体内で糖質を補給する事が可能となるのです。又、糖質コルチコイドは抗炎症作用という炎症を抑える効果も持っています。

電解質コルチコイドの働きは?

電解質コルチコイドについては、体内におけるナトリウムとカリウムイオンのバランスを取る働きを持っていてナトリウムを吸収している腎臓で再吸収を行い、カリウムを体外に排出する働きを持っています。

この働きからなぜ自律神経失調症が起こるの?ストレスによる変化です

更年期に自律神経失調症を引き起こす原因であるホルモンを分泌する機能を持っている臓器であるこの2つの関係をストレスを中心にもう少し詳しく見ていきます。

ストレス状況で起こる事は?

ストレス状況下では、この2つの臓器の働きがどのようになるのかを見ていきます。まず副腎で何が起きるかというと強いストレス感じた場合、副腎は抗ストレスホルモンである糖質コルチコイドと電解質コルチコイドの2つのホルモンをストレスから体を守るため無くなるまで出し続けます。

その結果体に起きる症状として副腎機能低下症となり頭痛や動悸などの自律神経失調症と同じような症状が出る事になるのです。

副腎機能低下の影響は?

そして副腎が機能低下の状況になると無くなってしまった糖質コルチコイドと電解質コルチコイドを優先して作ろうとするために女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンを作る事を後回しにするようになってしまいます。

更年期前の女性の身体ならば卵巣でこの2つのホルモンが作られているのですが、更年期を迎え卵巣のホルモン分泌量が激減した状態では副腎で作られるエストロゲンとプロゲステロンが重要となるのですが、副腎の機能低下が起きるとこの2つのホルモンが足りなくなります。そしてやはり自律神経失調症と同様な症状に悩まされることになるのです。

更年期に当たって注意する事は?ストレスの減少です

自律神経失調症と更年期は非常に密接な関係にある事はわかりましたが、それでは更年期を迎えるに当たって何を注意すればいいのかというと一番大事なのは出来る限りストレスを少なくする事となります。

ストレスとはどのようなもの?

自律神経失調症にならない為にはストレスを極力減らさなければならない事なのですが、具体的に言うとどのような事なのでしょうか?その範囲や種類は意外と幅広く第一に心理的なストレス、そして体の歪みなどからくるストレス、特に日頃気づくことは少ないのですが頭蓋骨の歪み、更には栄養素の過不足や化学物質などから受けるストレスなどが該当します。

ストレスを減らすためには?

ストレスを減らすためには出来ることは、まずどのようなものが自分にとってストレスとなっているのかを知る事が大事です。その上で特に重要で意識する必要がある対策が次の点です。

  • 適度な休養
  • 早めの就寝と同じ時間に目覚める質の高い睡眠
  • 定期的に体を動かす習慣
  • 一日3回栄養バランスの良い食事

これらは自律神経の交感神経の働きをどちらかというと抑制し副交感神経の働き促す行為となります。これらを意識する事で副交感神経の働きが良くなれば更年期障害を発生しにくくなり、自律神経失調症になる事が予防できるのです。

まとめ

自律神経失調症と更年期とはこのように非常に密接な関係にあり、特に女性の行為は身体的変化のメカニズムからも切っても切り離せない関係にあります。今まで作られていたホルモンが作られなくなるなか様々なストレスが更に追い討ちをかけるように必要なホルモンが作られることを妨げてしまうのです。

今の社会生活においてはストレスが無いという事は難しいのでいかにストレスに対して対応できる環境を整えて行くかが大事な事なのです。そして特に更年期に差し掛かる数年前からは意識してそのような生活環境にシフトして行く事が予防につながるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ