季節性うつは夏にも起こる?暑い時期に起こる「夏季うつ病」の解説

冬になると憂鬱な気分になる「冬季うつ病」は聞いたことのある人が多いでしょう。

しかしその逆、「夏季うつ病」はあまり知られていません。冬季うつ病は季節性うつ病とも言われますが、実は夏に起こるタイプの「夏季うつ病」も存在します。

この記事では夏季うつ病の症状と原因、予防法を解説していきます。

夏はダルい日が続く?もしかしたら「夏季うつ病」かも!

冬に起こるうつ病の「冬季うつ病」は有名になりましたが、実はこれが夏に起こる場合もあります。それが「夏季うつ病」です。

そもそも冬季うつと夏季うつは、正式には『季節性感情障害(通称”SAD”)』と言います。冬や夏などの特定の季節にだけ起こるもので、うつ病にそっくりの症状が表れ、その季節が過ぎると治る……こうしたサイクルが2年以上続けば季節性感情障害と診断されます。

夏に起こる季節性感情障害が「夏季うつ病」

「冬季うつ病」は聞いたことのある人も多いでしょうが、夏に起こる夏季うつ病はまだ知られていません。

季節性感情障害は”季節性”と付く通り、冬に限らず夏でも起こる場合があります。それが今回の『夏季うつ病』です。

夏バテと何が違う?夏季うつ病の症状

夏季うつ病には以下の特徴(症状)があります。

  • 夏になると毎年かかり、秋口に回復する
  • 食欲の低下
  • 不眠
  • 気分の落ち込み
  • 不安感

食欲低下や気分の落ち込みは夏バテでも起こります。夏バテからの体調不良でも気分がドンヨリとしますからね。涼しくなる秋口になると回復する辺りも夏バテと勘違いされやすいです。

夏バテと違うのは、不安感などの精神的な症状が出る点です。これは夏季うつ病の特徴であり、うつ病に共通する症状でもあります。

夏季うつ病の原因は?「自然には無い暑さ」説が有力

夏季うつ病が起こる原因ですが、まだハッキリとは解明されていません。もちろん夏の時期の症状なので、暑さや湿度が関係していると考察されていますが、特に「自然には無い、都会特有の暑さ」が原因なのではないかといわれています。

暑さを増徴させる「エアコン室外機」と「アスファルト」

エアコンの室外機からは温風が排熱されますが、この排熱によって夏の暑さが増します。さらにアスファルトの反射熱も強烈な暑さの原因です。都会のオフィス街などは、こうした夏の暑さをより強烈なものにする要素がたくさんあります。

夏の暑さにウンザリする人も多いでしょうが、現代では自然とは比べ物にならない程の暑さに当てられます。こうした異常な暑さが夏季うつ病の原因だと言われています。

クーラーの冷気により自律神経が乱れる

夏季うつ病のもう1つの原因は、クーラーの冷気と言われています。これはクーラーより扇風機が良いといった話ではなく、「外気との温度差」が問題です。夏のオフィスや公共施設はクーラーで涼しくされています。

しかし涼しく冷やしすぎる傾向にあり、「クーラーの効いた場所は最初こそ涼しいけど、しばらく居ると寒くなる」という場合も多々あります。

外は暑いのに、建物の中は寒い……こうした温度差によって自律神経が乱れ、うつ病の症状を引き起こすと言われています。

女性の方は要注意!男性に比べて3倍ほどかかりやすい

夏季うつ病のような季節性感情障害は、一般的に女性の方が3倍ほどかかりやすいです。これは季節によって女性ホルモンが変動する事と、男性よりも温度や湿度などの外的刺激に敏感な事が原因です。

これは一般的にという話なので、男性でも注意が必要です。

症状が重い場合は受診も必要!

夏季うつ病は冬季うつ病よりも珍しい症状です。その為、冬季うつ病よりも症状に気づきにくく、病的なうつ状態に陥っても見過ごす可能性が高いです。

夏に精神的な不調が表れやすい人は夏季うつ病を疑ってみるべきでしょう。うつ病の症状が重い場合、心療内科にいくことをオススメします。

夏を健康的に過ごすなら!夏季うつ病を予防する4つの方法

夏季うつ病や冬季うつ病のような季節性感情障害は、季節の環境によって原因で起こる為、誰でも発症する可能性があります。なので予防や対策を取る事が大切です。

夏季うつ病の予防法は以下の4つがあります。

  • 日光を浴びすぎない
  • クーラーの温度は適温に保つ
  • 栄養バランスの良い食事を摂る
  • 生活リズムを整える

日光を浴びすぎない

予防の第一歩は、疲労を溜めないという事が大切です。夏の日差しを浴びすぎると疲労感が溜まり、体力を消耗します。夏に外出する際は日傘を使用したり、日の当たる場所を長く歩かないなどの対策を取りましょう。

日光を浴びるのはうつ病予防に効果的(セロトニンが分泌される為)ですが、浴びすぎても良くありません。過ぎたるは及ばざるが如し……と言いますので、太陽光の浴び過ぎには気をつけましょう。

クーラーの温度は適温に保つ

上記の通り、夏季うつ病は外気と室内との温度差が原因です。クーラーを使用している場合、過剰に冷やし過ぎず、適温に設定しましょう。無理に暑さを我慢せず、かといって寒いと感じる温度にもしないのが大切です。過ごしやすい温度が適温です。

栄養バランスの良い食事を摂る

たんぱく質やビタミンなど、栄養バランスの取れた食生活を送りましょう。「夏はそうめんや冷やし中華など、冷たくてのど越しのいいものを選びたいですよね。しかしこうしたものは胃腸を弱めやすい上、麺類は炭水化物が多くなりがちで栄養バランスが偏ります。

栄養が偏ると神経伝達物質のセロトニンが不足し、精神的な不安定を招きます。セロトニンはたんぱく質によって作られるので、肉や卵、魚、チーズなどのたんぱく質も積極的に摂取しましょう。

生活リズムを整える

夏季うつ病は暑さで自律神経に乱れが生じる事が原因です。なので自律神経を整える事が肝心であり、もっとも簡単な方法が「生活リズムを整える」事です。

食事や就寝の時間を同じくらいに保ち、規則正しい生活を送ることで自律神経は整えられます。寝る前にパソコンやスマホの使用を控えれば、睡眠の質も上がり熟睡できます。

自律神経の乱れは夏季うつ病に限らず、うつ病にも繋がります。生活リズムを整えればうつ病予防にもなります。

まとめ

夏季うつ病は夏の環境が原因であり、誰しも影響を受けます。特に都会ではアスファルト塗装された道路やクーラーの室外機が多い為、夏季うつ病の発症リスクが上がります。しかし冷房の温度調節や生活リズムの改善などを行うことで、夏の影響を相殺出来ます。

ここで紹介した予防法を参考に、自分の出来る範囲で環境をコントロールして、精神的に健康な夏を過ごしましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ