「中途覚醒」タイプの睡眠の悩みにはグリシンサプリが効果的でした 女性 31歳 R.M.さん

40代に差し掛かったあたりから「中途覚醒」というタイプの不眠症に悩まされてきました。寝つきは悪くないのですが夜中の3時くらいに目が覚めて、その後は朝まで寝たような寝てない様な状態が3~4か月続きました。

睡眠を助けるサプリについて調べていくと睡眠の悩みの様々なタイプにより効果のあるサプリも違うということがわかりました。そして「中途覚醒」に効果のあるものとして「グリシン」に興味を持ちました。

眠りが浅いときに覚醒してしまうタイプ

若いころは寝つきが悪いタイプでしたがそれにはちょっとストレスがたまっている、気になることがあるなど何らかの理由がありました。

しかし今回の「中途覚醒」は理由らしい理由が見当たらず、単に加齢によるものなのかな?という気もしました。しかし熟睡感がなく、疲れも貯めていたので、睡眠サプリについて勉強してみました。

やはり寝つきが悪いタイプはストレスが大きくかかわっているので、神経を沈める効果のあるハーブなどが効果的で、中途覚醒は眠りが浅くなっている時に目が覚めてしまう現象なので、睡眠を深くする成分が効果的だということでした。

1日目で効果が実感できたグリシン

深い睡眠効果を期待するために必要なグリシンの量は3000mgとされていました。国内でその量が配合されていてよく眠れる効果がうたわれているサプリは月6000円以上したのでちょっと高価だなと思い、調べていくうちにたまに海外の食品などを買うために利用していた個人輸入のサイトで錠剤のグリシンが売られていました。

1粒1000mgなので3粒飲んでも月1000円ほどなので購入しました。寝る前に3粒飲んでみると、1日目に覚醒した時間は5時でした。

少し早いけれどもう起きても良い時間でいつもよりはずっと熟睡感がありました。そして翌日は5時半でその後6時くらいの時間で安定するようになってきました。

早起きではありますがもはや中途覚醒で悩まなくなり初日から効果があったことに驚きました。

睡眠の悩みはサプリを使い分けることが重要

そのグリシンサプリは純粋にグリシンのみしか入っていないものなので、確実にグリシンの効果であると言えます。またグリシンはアミノ酸で、肉や魚介のたんぱく質の中に含まれているものなので、サプリとして飲み続けていても安心で、効かなくなってくるという心配もありません。

しかし睡眠を深める作用が主なので、寝入りが悪い場合、ストレスによる不眠症などにはあまり効果は期待できないようです。睡眠についての悩みは深刻になりがちなので自分の状況でその時々に合ったサプリメントで対応していきたいと改めて思いました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ