自律神経失調症になったら仕事はどうすればいい?3つの手段!

自律神経失調症の主な原因は「ストレス」と「不規則な生活」の2つです。特にストレスから自律神経失調症に陥るパターンが多く、その中でもそのストレスの原因が「仕事」である、という人は少なくありません。

実際、今の世の中はストレスを生む事柄で溢れかえっています。具体的には、キャパオーバーの仕事量や、残業や早朝出勤などによる長時間勤務、得意先や社内での人間関係などがあげられます。

そのようなストレスにさらされ続けていることで、自律神経が乱れ、自律神経失調症を発症してしまう…というパターンは、非常に多く見られています。そして、自律神経失調症となったことでさらにストレスを生み、症状が悪化するという悪循環を生みます。

そこで、自律神経失調症になってしまった場合の仕事との付き合い方を解説します。

自律神経失調症になると仕事にどんな影響が出る?主なものは2つ!

自律神経失調症になると、仕事に影響が出る!

自律神経失調症になると、少なからず仕事に影響が出てきます。それは主に体調不良による欠勤遅刻です。自律神経が乱れると、ありとあらゆる場所に不調が出ます。その不調のせいで、体が動かせなくなって起き上がれなくなるという状況に見舞われることもあります。

そうすると仕事ができる状態ではなくなり、結果として欠勤したり、出勤できても遅刻となってしまったりします。

同僚へ影響が出る場合もある!

自律神経失調症により遅刻や欠勤をすることが増えてしまうと、同僚へ影響が出てしまう場合もあります。自律神経失調症は、体が辛くても日常生活を送ることができるケースもあるので、周囲から「怠けているのでは?」「やる気が足りないのでは?」と思われてしまうこともあります。

もちろん自律神経失調症に陥っている本人は辛くてたまらないのですが、理解されない、あるいは勘違いをされてしまうことがあるのも事実です。こうなると余計にストレスが溜まってしまい、自責の念にかられてしまうこともあります。

そうならないように、普段から周囲とコミュニケーションをとったり、周囲に配慮をしたりすると、周囲から理解を得られるようにするとストレスが軽減される場合もあります。同僚との付き合い方については、慎重にするのが大切です。

自律神経失調症で体が辛いときに取るべき行動は?3つ紹介!

仕事が合っていないことで自律神経失調症になる可能性も!

自律神経失調症で体が辛くて遅刻や欠勤を繰り返してしまうのは、もしかしたら仕事自体が合っていないのかもしれません。仕事が合っていないというだけでも、非常にストレスが溜まるものです。そしてそのような状態で仕事をしていても、自律神経失調症は一向に改善されません。

自律神経失調症を乗り越えるには、環境を変える必要がある場合も!

自律神経失調症の改善を目指す場合、いっそ仕事環境を変えてしまうというのも手です。そのために、主に3つの手段があげられます。

    <自律神経失調症を改善するための手段>

  • 職務内容や部署の変更
  • 休職
  • 退職

仕事を変えると自律神経失調症が治る?話し合うことが大切!

仕事内容や人間関係が原因なら、そこを変えて行くのもあり!

仕事内容や部署内の人間関係がストレスとなっている場合は、それを遠ざけることでストレスが軽減され、自律神経失調症の改善が見込めます。仕事内容や部署が変更になるだけでも仕事環境は十分変わるので、現状を打破することができます

信頼できる上司に相談してみることが大切!

ここで大切なのが、仕事内容や部署内の人間関係が原因である場合は信頼できる上司に相談するということです。上司であれば仕事の采配に対する決定権を持っている場合が多いので、希望をすれば仕事内容や部署異動の大きな力になってくれる可能性が高いです。勇気を持って、「辛い」ということを打ち明けてみましょう。

自律神経失調症で休職できるの?医師の診断が必要!

自律神経失調症でも休職はできる!

自律神経失調症の症状があまりにもひどく、職務を全うすることができない場合は「休職」というのも1つの手段になります。休職自体は医師の診断が必要ですので、自律神経失調症であまりに体調がすぐれない場合は医師と相談してみるのも1つの手段です。

医師の診断書が貰えれば、傷病手当金が支給される場合もある!

「休職するとお金が入らなくなる…」ということがネックになり、休職に踏み切れないという人もいますが、それにも対策があります。

病状があまりにもひどい場合は、医師に依頼すると診断書を書いてもらえます。それと各健康保険組合への申請書を提出することによって、傷病手当金がもらえることがあります。

傷病手当金とは?

傷病手当金は、病気で働くことができない人がお金を気にすることなく十分な休養をとり、元気になれるよう支給されるものです。本当に体が辛く「これ以上続けられない」と悩んでいるときは、傷病手当金のことも加味して、休職をするというのも1つの選択肢です。

自律神経失調症が改善されない場合は?退職を考えるのも!

仕事内容や部署の変更、休職を経ても改善されない場合は、職場を退職することで自律神経失調症が改善される場合もあります。ただし、退職は非常にリスキーな行為ですので、じっくりと考えてから選択する必要があります。

そのためには、自分がどのような状況だとストレスを感じやすいのかを把握しておくことが重要です。例えば「長時間労働が辛い」のであれば残業時間が少ない職場を、「不規則な時間で働くのが辛い」のであれば、勤務時間が固定されていたり、夜勤が少なかったりという条件をあげて職場を選びます。

仕事との付き合い方で大切なことは?「よく考えて行動する」こと!

自律神経失調症になってしまった場合の仕事との付き合い方について解説しました。自律神経失調症になってしまうと、仕事自体に影響があったり、周囲にも影響があったりすることがあり、自罰的になってしまうことも少なくありません。そうすると自律神経失調症が悪化するばかりか、最悪の場合はうつ状態に陥ってしまうこともあります。

そうならないために、仕事との適切な距離感をよく考えて行動することが非常に重要です。「自分がどのような仕事に向いているのか?」「何を辛いと思っているのか?」を見極め、その上で仕事内容や部署の転換をはかったり、仕事から離れてみたり、退職し新しい仕事をしてみたりするのです。そうすることで、現状が大きく改善する可能性があります。

仕事は人生を構築する大きな要素です。安易に行動するのではなく、じっくりと腰を据えて考えるのが大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ