不眠症対策サプリ「北の大地の夢しずく」と睡眠薬はどっちがいいの?

あなたは「今日も夜寝付けないかなぁ?」と心配していませんか。

出来ることなら簡単に眠りたいけど、不眠症対策のサプリメントを使うのと病院でもらう睡眠導入剤(睡眠薬は睡眠導入剤の別名です)はどちらがいいか迷いますよね。

どういう人はサプリメントが良くて、どういう人は睡眠導入剤の方がいいのかをここではっきりさせます。

睡眠導入剤(睡眠薬)はなぜ即効性があるのか?

gwv45vteg睡眠導入剤には「ベンゾジアゼピン」などと呼ばれる化学物質が入っていて、強制的に人を眠らせる効果があります。このため服用して5分から10分で眠気が起こって寝てしまうのです。

まず、睡眠導入剤の種類は複数ありますが、最初に心療内科などに行って処方されるのは「超短期作用型の睡眠導入剤」です。具体的には以下の3種類です。

  • ハルシオン:ベンゾジアゼピン系で約3時間作用
  • マイスリー:非ベンゾジアゼピン系で約2時間作用
  • アモバン:非ベンゾジアゼピン系で約4時間作用

これらの睡眠導入剤は即効性がある反面、常用すると効果が徐々になくなっていく「体が薬に対して耐性が出来る」状態になります。そのため、飲み続けると徐々に量を増やしてく傾向が強いです。また、すぐにやめることが難しく、急に止めたりすると眠れなくなる副作用が生じます。

サプリメントはどうなの?

一方サプリメントは「必須アミノ酸」と「GABA」と言う通常であれば食物から摂取できる成分が入っています。ですが、これらを日常の食事で十分な量を確保するのが難しいのでそれをサプリメントで補うことにより自然な眠りを誘導する働きを持っています。

これらの成分は体内で脳の働きにかかわる「セロトニン」という物質に大きく関係しています。この「セロトニン」は必須アミノ酸やGABAが不足すると働きが悪くなります。そのため不安感や不眠の症状が現れてきます。

  • 必須アミノ酸:赤身の魚、豚肉や卵に入っている
  • GABA:トマト、みかん、カボチャなど暖色系の野菜果物に入っている

今日一日飲んですぐに効果が出るわけではありませんが、数日~1週間飲み続けると徐々に効果が表れてきます。1日だけではだめなのは少しずつ体に必要な成分が補われてきているからです。

睡眠導入剤が向く人

今日1日だけのことを考えると睡眠導入剤の方が効き目は強いです。なぜなら、これは脳を強制的に休ませる強い成分が薬には入っているからです。

  • 抗うつ剤を飲んでいる
  • うつ病で休職している
  • すでに睡眠薬を処方されている

サプリメントが向く人

睡眠薬に頼るとやめられなくなるのではないかと思っていたり、出来るだけ自然に近いもので不眠を治したいと考えている方はサプリメントの方が向いています。

  • 睡眠薬は怖い
  • いつでも止められる方がいい
  • じっくり不眠を治したい
  • 薬に頼りたくない
  • 薬を常用化するのが怖い
  • 体に優しい自然な成分で不眠を治したい

睡眠導入剤もサプリメントもそれぞれ向く人と向かない人がいます。あなたがどちらに当てはまるかを考えてよりよい選択をしてくれると嬉しいです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ