気分変調症でも仕事をしたい!皆はどうやって働いている?

気分変調症を患っている人は、どのように働いているのでしょうか。「回復してきたら仕事をしたい」「社会と繋がっていたい」と思うのは当然のことです。

生活のために働かなければならないケースもあるでしょう。もちろん、体調が悪い時にはゆっくり休むことが必要です。

今回は、気分変調症の人でも無理なく働ける仕事に関しての情報をまとました。便利なサービスも紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

気分変調症とは?症状を確認しておこう!

気分変調症は、気分の落ち込みが2年以上続き、倦怠感や睡眠障害などの症状が見られます。うつ病と似ているため診断が難しいこともあります。

夕方に体調が悪くなることが多いのも特徴です。うつ病や不安障害を併発するケースもあります。現在は「気分変調性障害」、「持続性抑うつ障害」などの名称でも呼ばれます。

気分変調症の人の仕事の状況!主な経験談は?

休職と復職を繰り返す人が多いですが、職場に理解がないとなかなか続けられません。不調で1週間ほど休むと元気になり、また仕事をこなすという声が多く聞かれます。

人が少ない夜勤が合っている、という人もいます。体調を考えて1日数時間、週に数日という形態を選ぶ人も多くいます。

もっと稼ぎたいと無理をして働き、再度体調を崩してしまうケースもあるので、頑張りすぎないこともポイントです。

気分変調症でも仕事をしたい!働き方は?

現代では様々な職種が増えたので、働き方も自由に選べます。自分に合った形を探してみましょう。

在宅ワーク・フリーランスなど

インターネットの普及で、在宅でも様々な仕事ができるようになりました。仕事の紹介サイトに登録すれば、自分に合った職種を探せます。

空いた時間に作業ができるのが魅力で、仕事量に応じた金額が受け取れます。本業をこなしながら副業で行う人もいます。

アルバイト・パート・委託など

曜日と時間を決めて時給制で働く方法です。毎日出勤するのは大変という人に向いている働き方です。技術がある場合は、業務委託という形もできます。

扶養控除を受ける場合は、所得金額の限度があります。保険の加入は企業によって異なるので直接問い合わせましょう。

正社員・派遣社員など

正式に企業に雇用されている正社員や、期間を決めて働く契約社員、人材派遣会社に登録しておき、指定された企業で働く派遣社員などがあります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、体調が良くない場合は難しい働き方です。

気分変調症で仕事をするには?効率的な探し方!
仕事探しも随分と便利な世の中になりました。フリーペーパーや折込みチラシ、求人情報雑誌などの紙媒体だけではありません。

インターネットの利用

求人情報のサイトも多数あるため、使いやすさやわかりやすさ、情報の多さなどがポイントになります。

仕事内容の豊富さはもちろん、条件の詳しい絞り込み、気になった案件の保存、スマートフォンでの閲覧が可能などの便利な機能があります。

実際に閲覧して使いやすいサイトを探してみましょう。

ハローワークへ登録

厚生労働省が設置している、公共の職業安定所です。全国に窓口があり、求人の数が大変多く職種も多岐に渡ります。セミナーや職業訓練などのサポートもあります。

以前は最寄りの窓口に出向く必要がありましたが、現在はインターネットを利用して登録や検索ができるサイトがあります。

障害者雇用専門エージェント

この場合のエージェントとは、仕事を紹介してくれる仲介業者という意味です。「障害」と言っても、身体の障害や精神の障害、視覚障害、聴覚障害などとそれぞれ異なります。

気分変調症は、精神障害の枠に入ることを把握しておきましょう。自分が病気である事実と正面から向き合うことになるので、初めは抵抗があるかもしれません。

しかし、状況を理解してもらえるため安心して相談ができます。

障害者雇用専門のエージェントとは?メリットがたくさん!

ここでは障害者枠の仕事が探せる「障害者雇用専門エージェント」について説明しましょう。インターネットでもたくさんのサイトが紹介されています。

以下にメリットをまとめてみました。

  • 障害者のための枠なので競争率が低め
  • 障害者の目線で安心して対応
  • 当事者のスタッフからアドバイスが受けられる
  • 取引の長い企業の非公開案件がある
  • 様々な講座やフォローがある

ただし、障害者雇用専門エージェントを利用するには「障害者手帳」が必要になります。次の項目で説明しましょう。

障害者手帳を用意しよう!申請の方法は?

正式には「精神障害者保健福祉手帳」と呼ばれる手帳が交付されます。社会に参加して自立をするために、厚生労働省の下で制度化されています。

障害者手帳の概要は?

税金の控除や減免、医療費の助成、乗り物や施設の割引、携帯電話料金の割引、その他にも各種補助が受けられます。

ただし、精神疾患と診断されて6ヶ月以上過ぎないと申請できません。また、手帳の有効期限は2年なので、その都度更新が必要になります。

必要がなくなれば、いつでも返還ができます。

申請の方法は?

各自治体の窓口で行います。申請書と障害者手帳を申請するための診断書、本人の顔写真、印鑑などが必要です。

診断書はかかりつけの病院で作成してもらいますが、費用がかかります。詳しくは病院で相談するか、公的なサイトや案内用サイトなどで調べてみましょう。

まとめ

気分変調症を患う人の仕事について説明してきました。現代は様々な働き方があるため、自由に選べるのはありがたいですね。

職場の理解があれば通常の仕事でも充分に働けますが、うまく見つからない場合は、各種サービスを利用してみることをおすすめします。

安心して働ける職場で自信を積み重ね、次のステップに向けて踏み出しましょう!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ