強迫性障害の治療方法はどんな方法?認知行動療法を主に行なう!

少し前は強迫性障害は、治療が難しい病気と考えられていました。しかし強迫性障害の治療の状況は大きく変わりました。強迫性障害は、適切な治療をする事で改善する病気になりました。

強迫性障害の症状は、人により様々で患者さんの負担にならない程度だと「もう少し様子を見てから考えよう」「これは、病気ではなくて私の性格」などと考えて時期を逃してしまいがちです。

これは、悪化させる事にも繋がりますので早く病院へ行きましょう。今回は、こんな強迫性障害の治療方法について調べました。

強迫性障害とはどんな病気?強迫行為に縛られます!

強迫性障害とは、自分の意思に関係なく同じ確認を何度も繰り返し行うので日常生活にも支障が出て来ます。自分の意思に関係なく頭に浮かんでくる考えを強迫観念、その考えを取除く為に行なう行為を強迫行為といいます。

はっきりとした原因は未だ解明されていませんが、脳の神経伝達物質に関係がある事が判ってきました。引き金になるものにはストレスや、生活環境の大きな変化があります。

治療すれば改善する!

強迫性障害になる原因は、はっきりと解明されていませんが治療をする事で改善できる病気になります。1日も早く、専門医療機関を受診しましょう。

どんな症状があるの?

強迫性障害の症状は、患者さんにより違いがあり色々あります。強い不安や恐怖から洗う事を繰り返す、確認する事を繰り返すなどがあります。よく見られる症状を下記に挙げました。

    <強迫性障害でよく見られる症状>

  • 汚染を防ぐ為に何回も手を洗う
  • 汚れているものに触れないようにする
  • 戸締りの確認
  • 電気や火が消してあるか確認
  • トイレの後、全て着替える

強迫性障害で困る事はあるの?生活全てに影響する!

強迫性障害の症状が初期症状や軽い時には、強迫行為をする事で苦痛を感じながらも日常生活を送る事ができます。しかし、重症化した時には強迫行為に掛かる時間が多くなり過ぎて他の事が出来なくなります。

当然日常生活にも支障が出て、学校へ通えなくなる事や会社へ行けなくなる事もあります。そして、家から、部屋から出られなくなり引きこもりのようになるケースもあります。

体調にも影響がある?

症状が続く事で、気分が落ち込む事もあります。引きこもりのようになるので、悲観的な考え方をする事が増えてうつ病を誘発させる事にも繋がります。

仕事への影響もある?

症状が続く事で、職場での仕事の出来や評価にも影響が出て来ます。仕事の作業に時間がかかり、評価も下り状況によっては会社を辞める事にも繋がります。

専門家から心理教育?病気の説明を受けて理解する!

強迫性障害の治療を始める前に、専門の医師から病気の説明や治療について説明を受ける事になります。これを「心理教育」と言います。治療に対する意識を高める事にも繋がります。

この事が、家族や患者さんが病気を理解する事も出来て治療にも役立ちます。心理教育をして病気を理解でき、病気とどのように付き合うべきなのかもわかり再発防止にもなります。.

自分の状況を把握する?

症状が長く続いている患者さんは、症状が普通の事になっている事もすくなくありません。症状が出ている時には困難ですが、落ち着いている時にでも症状である事とそう出ない事の区別をつける事も必要です。

治療法はどのようなもの?認知行動療法と薬物療法!

強迫性障害の治療には、認知行動療法と薬物療法を併用させる事で高い効果が得られる事と再発の確率が低いという報告もあります。いずれの方法でも直ぐに効果は現れないので根気よく続ける事です。

治療でよく行なわれる認知行動療法は、暴露反応妨害法と言うものになります。患者さんが恐れているもの、嫌なものに向き合うものなのでその事を患者さんが理解して自分から参加してもらえる為にも心理教育というものが必要なのです。

認知行動療法とは何?

認知療法とは、自分ではわからない考え方のくせに働きます。行動療法は、その人の問題になっている行動を修正する為のものになります。この2つを組み合わせ治療をするので「認知行動療法」と呼びます。

なぜ薬物治療と併用?

認知行動療法の治療を進める中で、不安感が強く出た時などに使用して治療のサポートとして使う事があります。もちろん、その前に患者さんの状況により医師の判断で使用される時もあります。

再発防止の為出来る事は?無理の無い生活をする事!

症状の再発を防ぐ為には、強迫性障害の悪循環に陥らない事が大きなポイントになります。普通に生活をしているだけでも、ストレスを感じる事なく過すのはとても難しい事です。

ストレスは、全く感じる事がなくならくても時間が過ぎれば減る物です。無理に消そうとしたり、焦って対応する事は逆効果になります。大きく深呼吸をして、落ち着きましょう。

人と比べない事?

ストレスと上手く付き合う事や、休みながら無理をしないで生活が出来ると日常生活も少し楽になります。再発防止にも繋がります。無理をせず、人と比べる事をしないでゆっくりと自分の出来る事をして行きましょう。

まとめ

今回は、強迫性障害について症状や生活に与える影響や治療方法そして再発防止の為にどうしたら良いのかという事などを調べました。

強迫性障害は、自分の意思に関係なく確認を繰り返し行うので日常生活にも支障が出ます。原因は、脳の神経伝達物質に関係があります。引き金になるものにはストレスや、生活環境の変化があります。

治療を始める前に、専門の医師から病気の説明や治療について説明を受ける事になります。これを「心理教育」と言います。治療に対する意識を高める事に繋がります。

治療には、認知行動療法と薬物療法を併用させる事で高い効果が得られる事と再発の確率が低いという報告もあります。いずれの方法も根気よく続ける事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ