不安障害を克服するために!自己を知ることがなにより大切! 男性 28歳 T.M.さん

不安障害は不安の出方にさまざまな種類があり、またその程度も人によって異なるため、なかなか他人に理解してもらうことが難しい症状です。

また他の症状を併発している恐れもあるため、自分がどの症状で苦しんでいるのか把握できないことも厄介なポイントです。

もともとの性格的な部分からきていることも多く、長く付き合わなければいけないこともあるので、あまり深刻にとらえすぎないことも大切です。

考えすぎは要注意!深く悩みすぎてしまわないように

些細なことでも深刻にとらえ、深く悩んでしまう人は要注意です。

私の場合は幼い頃からの性格的な要因もありますが、心配性で何事も用心深い性格だったため、何においても悩んでしまう人間でした。またひとりで背負い込んでしまうことも多かったため悩んでも答えが出ず、その答えが出ないということがまた自分を不安にさせました。

答えを出せない自分に罪悪感を覚え、答えが出ないのは自分の考えが足りないせいだと思い、そうなってしまうとさらに悩むことになり、考えすぎるという負のスパイラルにはまってしまうのです。

考えすぎるとすべてのことが不安になっていく

悩み、考えすぎてしまうと、どんどん不安なことが増えていきます。先のことをあれこれ想像してしまい、これからやることに対しての不安や心配事が多く出てきて、自分では処理できなくなるとさらに不安が増大してしまいます。

ひどいときには雨が降るかもしれないというだけで不安になり、家から出られないこともありました。不安なことはすべて解消しなくてはと心配事を片っ端から調べるようにもなりました。

人に話すだけでも悩みは軽くなる

不安は自分だけで悩んでいてもなかなか解消されません。どうすれば少しでも不安が解消されるのかと考えた結果、私は心療内科でカウンセリングを受けることにしました。初めはあまり信用していませんでしたが、自分の悩んでいることを他の人に言うだけでも悩みが軽くなるということを初めて感じました。

不安や悩みをひとりで抱え込んでいる人は、近くに家族や友人など悩みを聞いてもらうことで、前進できるかもしれません。信頼できる人が周りにいないとしてもカウンセラーなど話を聞いてもらえる人は必ずいますので、いざとなったときに連絡できるように一度調べてみることをおすすめします。

自分を知るということが大切

不安は未知であるがゆえに発生します。そのような意味において不安は、無くなることはないものと考えています。しかし自分自身を知ることで自分が何に対して不安を感じるのか、同じようなことで不安を感じているのではと気づくことができます。

私は不安についてひとつずつ解消しようとするばかりで、自分についてあまり知ろうとしていなかったことに気がついたのです。それでもいざ何かを実践しようと思えばどうしようもない不安はやってくるのですが、自分を理解し、そんな自分を責めることなく受け入れることが前向きに生きるうえで大切なのではと思います。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ