ほんとに効くの?抗うつ剤の効果と副作用に対する3つの対処法について

うつ病になってしまった時に抗うつ剤で治したい、そう思われている人は多いのではないでしょうか。

しかし、それとは裏腹に抗うつ剤を使うことで起こる副作用が不安だと思われている方もいるはずでしょう。確かに、抗うつ剤はうつ病を克服するのに効果的ですが、副作用にも目を傾けておかなければなりません。また、抗うつ剤にはどのような効果があるのでしょうか。

そこで今回は、うつ病の人が処方する抗うつ剤の効果、また副作用について話しします。

うつ病を克服!抗うつ剤の効果とは

うつ病には、軽度のものから重度のものまであります。また、それぞれの症状には個人差がありますが、ひどい場合は起きることもままならない状態です。そんな時に、抗うつ剤を処方してうつ病を克服させる方法というのが年々増えてきています。

では一体、その効果というのはどのようなものなのでしょうか。

うつ病の症状と原因

うつ病の症状というのは、何に対してもやる気が起こらなくなってしまう、不安感、焦り、落ち込みといったものです。また、この症状は重ければ重いほど寝たきりの状態になってしまいます。その原因としては、主に2つあります。それは、精神的ストレスと化学的ストレスです。

精神的ストレスは、職場内での人間関係などが代表的です。化学的ストレスは、栄養不足や睡眠不足といったことが挙げられます。

つまりこの主な2つの原因によって、うつ病になってしまうということです。

抗うつ剤の主な効果とは

抗うつ剤は、その名の通り「うつ状態を改善させる薬」です。

抗うつ剤の中でも、今でも多くの患者に処方されているのが「イミプラミン」と呼ばれる薬です。イミプラミンは主にパニック障害で処方されますが、うつ病にもじゅうぶん効果があります。うつ病に対する予期不安感や公的恐怖に対する不安には直接的効果はありませんが、うつ病の発作抑制効果に優れているため治療に良いとされています。

しかし、欠点も少なくありません。なのでここからは抗うつ剤の欠点についてお話ししていきます。

意外と欠点が多い!?抗うつ剤のデメリットとは

うつ病にとても効果がある抗うつ剤ですが、やはり良いものにはそれなりの欠点があります。そこで、抗うつ剤を使用するにあたってのデメリットを紹介します。

効果の即効性がない

抗うつ剤の欠点の1つは、効果が出るまでに1週間から2週間かかるということです。

理由としては、抗うつ剤の処方を始めた時に効果が発揮するには、脳の代謝のバランスが変わってくる必要があり、それに時間がかかるためと考えられているということです。また、効果が出始めるのに1から2週間かかりますが、個人差がありますが効果が効くようになるのには約1から2ヶ月かかります。

副作用の出が早い

抗うつ剤のもう1つの欠点は、効果が出る前に副作用が出てしまうということです。つまり、飲み始めて1から2週間は効果が出なくて、副作用だけが出るということです。ここで大切なことは、とにかく効果が出るまで我慢をするということです。

抗うつ剤の副作用ってなに?その症状と対策とは

実は抗うつ剤の副作用には様々なものがあります。また、抗うつ剤の副作用は初めが一番強く、だんだんと副作用が軽減していきますので、初めのうちは我慢強く辛抱しなければなりません。

副作用の症状

副作用の症状で多いのは眠気、口渇、便秘です。

眠気に関しては、脳の中枢神経の抑制作用により起こるものです。なので、服用してからの車の運転控えなければなりません。逆に、不眠の人には夜就寝前に服用すると、睡眠薬の効果を得られます。

口渇と便秘に関しては、抗コリン作用と言われる自律神経系に表れてくる副作用によるものです。防ぎ方としては、口渇は唾液の分泌が減るのが原因のため、こまめに飲料水をとる、もしくはチューイングガムを噛んで唾液の働きを活性させましょう。

便秘は、食物繊維を摂取することで抑制することができます。食物繊維は主に緑葉野菜に含まれています。また、手軽に食物繊維や他の栄養素も摂取可能な青汁を飲むのもオススメですよ。

他にも症状は色々

今述べた副作用というのは主な症状です。他にも起立性低血圧や頻脈、目のかすみや鼻閉のような症状も起こることがあります。

また注意すべき点は、前立腺肥大症や緑内障を持っている人は、排尿障害や眼圧上昇が起こる可能性がありますので、その際はきちんと医師に申し出をしましょう。

抗うつ剤による眠気は実はさまざまな原因によるものだった?その理由とは

抗うつ剤による眠気の症状というのは、切って離せない関係です。その理由は、うつ病になった時に服用する抗うつ剤の副作用によるものだからです。

「じゃあそれを防ぐ方法はないのか」と思われるはずです。確かに、仕事に影響が出てしまっては困ります。

なので、ここでは抗うつ剤による眠気についてもう少し詳しくお話しをしてから、その副作用の対策法を紹介していきます!

抗うつ剤にはなぜ眠気が表れるのか

抗うつ剤が眠気作用を引き起こすのには、覚醒物質の抑制、夜間睡眠の悪化、薬に慣れるまでの眠気の3つの原因が考えられます。

覚醒物質にはヒスタミンなどが含まれます。なので、これを抑えようとすると当然眠気がきます。また、抗うつ剤は抗ヒスタミンという覚醒物質の作用が強いものが多いので、それを抑制することで眠気が起きてしまうということです。

しかし抗うつ剤はセロトニンやノルアドレナリンを増やす薬で、実は覚醒物質を増やしてしまいます。基本的に薬を夜就寝前に服用する人が多いので、服用すると興奮状態になり夜間の睡眠が悪化してしまうのです。

3つめの原因は、抗うつ剤を服用した際に、初めのうちはカラダが薬に慣れていないということから起こるものです。これは理屈で考えることができず、理論的には眠気が出にくい薬でも、初めて使った薬はそのような予測ができない場合があります。

これって対策できるの!?すぐに実践できる抗うつ剤による眠気の対処法3選

このような原因による眠気は、実は自分一人でもすぐに対処することが可能です。そこで今回は色んな対処法がある中から特にすぐできる対処法を紹介します。

薬を分割して飲む回数を増やす

この方法は、薬を飲んでしばらくすると眠気が強くなってくる人にオススメの方法です。

薬の副作用は、血中濃度がピークに達している時に一番強く出ます。なので、薬を分割して飲む回数を増やすと血中濃度は安定するということですね。そうすることでな向け作用を抑制します。

抗うつ剤を増やすペースを落とす

これは、抗うつ剤を少しずつ増量していき、カラダが慣れるまで時間を稼ぐ方法です。もし薬を増量したタイミングで眠気作用が出てきた場合は、増やすペースを遅らせるのも良いでしょう。

他の抗うつ剤に変える

もし抗うつ剤の眠気作用が強くて服用が続けられない時は、減薬して他の抗うつ剤に切り替えます。医師に相談すれば、あなたに合った抗うつ剤を提供してくれます。

抗うつ剤の長所?ペンゾジアゼピン系抗不安薬との比較

このように、抗うつ剤には、うつ病に効果のあることだけでなく副作用の強さについても理解できたはずです。

また他にもアルコールへの相互作用、胎児や乳児への影響に関してはペンゾジアゼピン系抗不安薬も同様の効果が得られます。つまり、抗うつ剤服用中は飲酒を控え、授乳や妊娠中は服用をしないようにすべきです。

ペンゾジアゼピン系抗不安剤は、抗うつ剤と違ってうつ病には効果がありません。なので、その点に関して言えばやはり抗うつ剤の方が総合的にも良いでしょう。

このように、きちんと抗うつ剤の知識を知った上で、適切な処置をとりましょう!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ