自律神経失調症の原因は一体何?多く見られる4つを解説!

自律神経のバランスが乱れ、身体的及び精神的な不調が出ることを自律神経失調症と言います。自律神経失調症には様々な症状があり、人の数だけ症状があると言っても過言ではありません。

また、自律神経失調症の原因も、人によって様々あります。単一の原因である場合もありますし、複数の原因が組み合わさって発症するケースもあります。その中でも大きな原因であると言われるものがいくつかあるため、こちらではその大きな原因を取り上げ、紹介していきます。

自律神経失調症の原因は?4つの原因を解説!

自律神経失調症は様々な原因で発生しますが、特に多いものは4つあります。

    <自律神経失調症の原因>

  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 環境の変化
  • 女性ホルモンの影響

これらについて、1つ1つ解説していきます。

自律神経失調症の第1の原因は?過度なストレスにあった!

何がストレスになるかは人それぞれ

自律神経失調症の大きな原因の1つとされているのが「ストレス」です。ストレスとなる事柄(ストレッサー)は人それぞれですが、ストレスが過度にかかることで自律神経が乱れ、自律神経失調症を招くことになります。

なぜストレスが自律神経失調症に関係あるの?

自律神経は、正反対の作用を持つ2つの神経から成り立っています。活動している時やストレスを感じている時に働く「交感神経」と、休息している時やリラックスしている時に働く「副交感神経」です。

この2つのバランスが正常に成り立っている時、人間は元気に活動することができますが、過度なストレスを負うことによって、交感神経が優位になってしまいます。優位になるといことはつまり「バランスが崩れる」ということを意味し、体調不良を起こす原因となります。

自律神経失調症の第2の原因は?不規則な生活がバランスを崩す!

カギは自律神経の仕組みにあった!

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つから成り立っています。「交感神経」は朝から優位になっていき、人間を活動的にさせます。そして夜に近づくにつれ、休息モードを司る「副交感神経」が優位になります。これが自律神経の正常なリズムです。

しかし、このリズムに逆らうような行動が続くと、自律神経は本来の働きを成せなくなってしまいます。自律神経のリズムを崩す具体的な行動には、夜更かしや夜勤勤務といったものがあげられます。

特に幼い子供は「不規則な生活」に注意が必要!

幼い子供は自律神経の発達が未熟な段階です。このような発展途上の体に不規則な生活を強いると、自律神経のリズムがうまく形成されず、より自律神経失調症を招きやすくなってしまいます。子供の健やかな体づくりのためにも、規則正しい生活は非常に重要であると言えます。

自律神経失調症の第3の原因は?環境の変化も自律神経の負担になる!

環境の変化が精神的なストレスになることがある!

環境が変化すると、それに対して適応できない、もしくは過剰に適応しようとして精神的なストレスになることがあります。ストレスが自律神経失調症の原因になるということは既に記載した通りで、ストレスがかかることにより交感神経が異常に優位になってしまうからです。

外部的要因のストレスも自律神経を乱れさせる

もちろん精神的なストレスだけでなく、外部的な要因から発生するストレスも自律神経を乱れさせる原因になります。特に、温度や湿度は大きな外部的要因になりえます。

と言うのも、自律神経が体温調節を担っているからです。自律神経はそもそも、人の体を適切に動かす能力を有しているものであり、適切な体温の調節も人間が元気に活動するために欠かせないことの1つです。

これが外部的要因によりうまく行えない場合、自律神経に大きな負担がかかり、結果的に自律神経のバランスを崩してしまうことにつながります。

自律神経失調症の第4の原因は?女性ホルモンが大きく関係!

自律神経と女性ホルモンは密接した関係にある!

女性ホルモンと自律神経は密接な関係にあり、女性ホルモンが乱れると自律神経も乱れる仕組みになっています。特に女性ホルモンの乱れは更年期を迎える45歳前後の女性に多く、更年期の始まりと同時に自律神経失調症を引き起こしてしまうケースも見られます。

自律神経失調症と女性ホルモンの乱れのカギはどちらも「ストレス」

自律神経失調症も女性ホルモンの乱れも、どちらもストレスが大きな原因となります。特に女性ホルモンは年齢と共に変化するため、精神的ストレスを抱えやすく、女性ホルモンによる精神的ストレスがさらに自律神経失調症を引き起こす場合もあります。

自律神経失調症の原因をまとめると?大まかに分けると2つ!

自律神経失調症の原因を紹介しました。自律神経失調症で特に多い原因は4つありますが、それらを紐解いて行くと最終的には2つのものに絞られます。それは「ストレス」「不規則な生活」です。

つまり、自律神経のバランスが崩れることと、自律神経の仕組みを無視することが自律神経失調症につながってしまうというわけです。これらを常に整えておくことが、自律神経失調症の予防及び改善策になります。

過度なストレスを抱えていないか、自律神経の仕組みに逆らった生活をしていないかをじっくりと考えて適切な対処を行うことが重要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ