うつで自殺願望になっているあなたへ!うつで自殺しない改善方法を紹介

うつになりますと自殺願望がわいてきてしまいます。うつで自殺してしまわないための改善方法を紹介します。是非参考にしてください。

仕事でうつになって自殺願望になっている

仕事でうつになり自殺願望になっている方は必ず精神科などの心の病をあつかっている病院受診しましょう。うつのまま無理して病院に受診しないで仕事をしてしまいますと、うつが悪化してしまう危険性があります。

メンタル系の病院は最近は偏見性はほとんどないですから気楽に早期に受診してください。もしも医師から、休職の指示がでましたら素直に休職してください。

うつは病気ですから休養が必要になります。

家族にサポートしてもらう

大人になって家族にサポートしてもらうのは恥ずかしいやお荷物になって申訳ないという考えは捨ててください。うつは周りのサポートの環境がしっかりとしていると早期に治ります。

家族側がうつに対して理解していないなら精神系病院のドクターからうつについて理解してもらうように頼みましょう。うつで自殺しないためには家族のサポートが本当に大事になります。

行政機関でうつの自殺対策をしている

最近はうつで自殺する人が非常に多いので、行政機関は自殺対策をしています。近場の行政機構にうつで自殺願望がでていることを相談してください。

役所はうつの専門対策チームを構成されていますので非常にサポートが厚いです。秘密事項も守ってくれますから気楽に相談しにいってください。

紙に書いてみて実際に起こっている現象をかくこと

うつで自殺願望が出て困っていましたら、今実際に起こっている現象を書いてください。もしかして紙にかくことによって自殺までしなくても大丈夫と認識することもありますし、自分の悩んでいる問題も解決することがあります。

自分を追い込まないこと

うつの時は自分をどんどん攻撃してしまうことがあります。自分を攻撃してしまうほど自殺願望がでてきてしまいます。自分を攻撃しないためには、少しでも自分を追い込まない気持ちが大事になります。

もしも自分を追い込んでしまっていると考えたら、自分で攻撃することをしているなあと意識してみてください。追い込んでも仕方がないという気持ちをもつことが大事になります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ