学級崩壊がきっかけでうつになり、休職しました。 35歳 F.S.さん

私は公立小学校の教師をしています。4年前、うつ病による休職を経験しました。

一時は「死にたい」が口癖になっていましたが、今ではうつ病から回復し、楽しい日々を送っています。

うつ病になったきっかけ

担任をしていたクラスの学級崩壊がきっかけです。

私は大学を卒業してすぐに教師として働き始めたのですが、学級崩壊を経験したのはこの年が初めてでした。毎日教壇に立つものの、授業にならず、教室から飛び出す男子を追いかける毎日でした。

4月に、前の担任から「この学年は大変だけどがんばって」と言われていたのである程度覚悟はしていたのですが、いざ始まってみると予想のはるか上を行く大変さです。次第に身体的にも精神的にも疲れを覚え始めました。

保護者からのクレームで

そんな私にさらに追い打ちをかけたのは保護者からのクレームでした。「ちゃんと授業をしろ」と同じ人から毎日のようにクレームの電話がかかってきました。

その保護者はクラスで一番おとなしい女子の親で、その子は授業中いつも私の話をちゃんと聞いてくれていたので、申し訳なさと授業をちゃんとしきれない自分のふがいなさに落ち込みました。うつの症状はまず、声に出ました。

ある日、大きな声が出なくなったのです。教壇で声を張り上げようとすると、喉の奥がきゅっとしまったようになり、息ができなくなりました。

また、気分も次第にふさぎがちになり、授業中に突然涙がぼろぼろと出てきて、子どもたちをびっくりされてしまったこともあります。限界だと思ったのは夏休み明けの9月半ばでした。心療内科でうつ病の診断を受け、休職願いを出しました。

うつ病の回復

休職中は病院に行く以外はひたすら、好きな本を読んでいました。外に出ると生徒や保護者に会うかもしれないという恐怖があったので、ほとんど外出はしませんでした。勤務先の学校と自宅は車で30分ほどと離れていたのに、なぜかその当時は会うかもしれないという恐怖感がありました。

治療は薬の服用とカウンセリングでした。カウンセリングでは、完璧を求めすぎていた自分に気付きました。

半年の休職の後、新年度から新しい学校で復帰しました。復帰した年は副担任ということで比較的仕事が楽になるような配慮をしてもらえました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ