睡眠障害になってしまうきっかけは?!日常生活で注意すべき点って?

睡眠障害は、一度なってしまい、悪化するとうつ病や糖尿病と言った生活習慣病を招くきっかけになってしまうことがあります。

眠れないのは、いつものことだからと放っておいたり、とりあえず市販薬を飲んでいれば眠れるだろうと自己判断は危険を招くことがあります。

まじめな人が発症しやすいといいますが、実は誰にでも起こりうる病気なのです。

何が原因で起こるのか、対処法はあるのか様々な観点で見て行きましょう。

発症しやすい時期は?!原因は何?

睡眠障害が発症しやすいのは、主に春先や冬場に突入する頃です。春は、新しい職場で働くことになったり、引っ越しや結婚、入学式といった慣れない場所での対応が無意識のうちにストレスとなってしまうからです。

その他にも、恋人と別れたことや大切な人を失った時など、季節関係なく個人差がある病気です。厄介なことに、無意識のうちになってしまうので、人に言われて気付くことが多いのです。

冬に多いのは、気温が一気に下がることでやはり体がそれに適応しようと返ってストレスになることも一因ですが、多くの病気の発端が冷えから来ているからです。

冷え対策はどういうことをすればいい?

病気のほとんどの要因が冷えとわかったところで、少しずつ体を温めることをしていきましょう。

食生活なら、偏食をせずバランスのいい献立を考えるのが基本ですが、忙しいとそこまで回りません。それならば、生野菜は体を冷やしやすいので味噌汁や鍋にして温野菜として食べたり、小腹がすいたらお菓子ではなく具が入ったおにぎりを食べたり、飲み物は氷の入ったジュースよりも温かい紅茶にするなど取り見やすいところから実行してみましょう。

体を温めることで代謝が良くなるので、便秘が改善されたりダイエット効果も期待できて一石二鳥です。

徹夜は禁止?!不眠を招く行動とは?

睡眠障害にならないように気をつけたり、悪化させないようにするには、生活習慣も改善する必要があります。

仕事が沢山溜まっていたり、夜更かしをしたくてついスマホやパソコン、テレビなどを見て徹夜したくなることがありますが、週に3日くらいからでいいので夜12時には布団に入るようにしましょう。

というのも、9時を過ぎると体は眠りに入る体質になっているため、明るい光を見ると朝だと勘違いし、それが長く続くと体内時計が狂って眠気がやってこなくなってしまうのです。

それを防ぐためには、眠れなくても真っ暗にして布団に入ったり、朝起きたら太陽の光を浴びて朝であることを体に認識させることが大切です。

光が浴びれない時は?!不調を感じたら医療機関へ!

冬や天気が悪い日は、朝起きても太陽が出てくる時間が遅かったり部屋の中が暗くて気分も沈みがちになってしまいます。そんな時は、デスク上に置けるくらいの小型ライトを浴びたり、なるべく明るい部屋でご飯を食べるだけでも気分は違ってきます。

これは、うつなどの治療法にも効果的とされています。音楽を流すのも、脳に刺激が行くのでいいでしょう。夜勤の人も午前9時に一旦光を浴びるようにすれば、時差ぼけを少しでも改善することに繋がります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ