自分が誰かを傷つけるのではという不安がある?それは加害恐怖かも!

道を歩いていて向こうから人が来る事に気がついた時に、その人とすれ違う時に自分が相手に危害を加えるのではないかという想像をして不安に襲われます。

そんな不安な考えを打ち消しても、打ち消しても不安は何度でもわき出て来ます。実際にはそんな事は無いのです。自分でもそんな事はないという事はわかっているのです。

その行動に出てしまう事が困るという事ではなく、そうなってしまったらという不安に襲われるのです。これは、強迫障害の加害恐怖の症状になります。今回はそんな強迫障害の、加害恐怖について調べました。

加害恐怖て何?人に害を加えたらと強い不安がある!

強迫性障害とは、自分が他の人に傷つけるのではないかという異常な不安に襲われます。打ち消しても打ち消しても、不安な考えが何度でも思い浮かんでくるのです。これを、強迫観念と言います。

この不安を取除く為に強迫行為として行なわれるのが、確認行為になります。これは、自分が人を傷つけていないかの確認を何度も繰り返しします。

その場所での確認や、ニュースや新聞での確認を繰り返します。自分で確認できない時等には、周りの人に安心を得られるまで異常なほどの確認をしてしまうのです。

どんな症状があるの?

実際にあったら困るような事が思い浮かび、不安が生じてその反応で確認行為を繰り返してしまう加害恐怖の強迫観念は色々ありますが代表的なものを挙げました。

    <加害恐怖の強迫観念の代表的なもの>

  • 刃物を見ると人を傷つけるのではないかと不安になる
  • 車で人を轢いてしまうかもと不安になる
  • すれ違った時に人に触れた事で怪我をさせたのではと気になる

本人も悩んでるのです!

実際にはありえない事と判っているし、おかしい行動をしていると感じているのですが患者さんは止める事が出来ないのです。その為に患者さんも、とても悩んでいます。

家族の優しさが重症化へ?家族関係も悪くなる!

患者さんは強迫行為を自分だけで行える時もありますが、自分だけで出来ない程の恐怖がある時など何度も家族に確認を頼んで安心を求めたりする事もあります。

家族も初めは驚いて確認をしますが、繰り返す事でおかしい事に気がつきます。家族も疲れて患者さんとの関係が悪くなる事もあります。それとは逆に要求に応えてしまう事もあります。この事が加害恐怖を悪化させてしまうのです。ですから、家族は注意が必要です。

なぜ重症化するのか?

患者さんの希望に応えて、患者さんの代わりに確認をする事は不安を回避する事を手伝う事に繋がります。この家族の行為が、重症化させてしまうのです。

重症化で引きこもり?

重症化すると強迫行為をする為に時間がかかり、普通に出来ていた事が出来なくなり日常の作業や仕事に悪影響が出ます。仕事を続けるのも難しくなり、時には引きこもりになる事もあります。

原因は何なの?性格や環境変化にストレスが影響!

加害恐怖の原因は、性格や生活環境の変化やストレス等が色々と積み重なる事によって生じています。患者さんの平均年齢が、20歳前後にありこの時期は学校を卒業して社会人になる時期で生活環境も変化する時期でもあります。

仕事や家庭の毎日のストレスの積み重ねも、加害恐怖を誘発します。これは、ストレスを上手く発散出来なくて自分の中にためてしまう方に多く見られます。

性格が関係あるのか?

加害恐怖とは、してはいけない事をしてしまうのではという考えから始まります。これは、こうしなければいけないという考え方が強いのです。神経質でまじめな人が多く見られます。

治療はどのようにする?行動を正しい方向へ向ける!

強迫性障害の加害恐怖の治療の基本は、他の強迫障害と同じで薬での治療と認知行動療法になります。この両方の治療方法を合わせて行なう事で、高い治療の効果が出ています。

症状は色々とありますが、治療をする事で間違えている所を正しい方向へと向けていきます。患者さんにより症状は色々ありますので、状況を体験出来ない時もあります。その様な時には、危険を避けて出来る事を繰り返して行なっていきます。

恐れと向き合うとは?

認知行動療法で、暴露反応妨害という治療方法により強迫観念から来ている恐れに対して必要以上に警戒していた事から逃げずに向き合うようにして強迫行為をしなくても済む様にしていきます。

治療の効果を高める為には?家族の協力が必要!

強迫性障害の加害恐怖の治療に1番大切な事は、家族も強迫性障害の加害恐怖について理解をする事になります。そうする事で、正しい対応が出来るようになります。

治療は、直ぐに結果が出るものではないので時間が必要になります。患者さんが、治療を続ける気持ちも大切になります。ですから、家族の協力が強い見方になるのです。

しかし、家族にもそれぞれの生活があります。けっして無理をしないで、主治医と相談する等してストレスを溜めないようにケアする事も大切な事になります。

治療には時間が必要!

この病気は治療を始めたからといって直ぐに治るものではないのです。良くなってきたかなと喜んでいたら、悪化したなんて事もあります。良い方向へ進んだ後に、後退する事を繰り返しますので、時間をかけてゆっくりと見守って下さい。

家族も無理をしない事!

病気である事が判った後は、どうしても患者さんのペースでの生活になりやすいのですがその状況が長期化すると家族の負担が大きくなるのでストレスも溜まります。けっして無理をせずに、主治医を相談していきましょう。

まとめ

今回は、強迫性障害の加害恐怖について症状や原因について、治療方法や家族との関わり方や家族がするべき事等について調べました。

加害恐怖とは、してはいけない事をするのではという考えから始まります。その不安を取除く為に強迫行為として確認行為が始まります。

家族の注意点は、巻き込まれないようにする事です。症状が重症化する事や、家族との関係が悪くなる事にも繋がります。

原因は、性格や生活環境の変化やストレス等が色々と積み重なる事で生じます。神経質でまじめな性格の人に多く見られます。

治療は薬物治療と認知行動療法で、両方を併用する事で高い治療の効果が出ています。家族が病気を理解する事も、大切な事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ