社会不安障害とはどんな病気?原因や治療法、予防策を紹介!

社会不安障害という障害を知っていますか?社会不安障害とは、不安障害の一種に数えられているものです。

特に神経質な人や真面目な人がなりやすいと言われているこの社会不安障害ですが、まだまだ世間的な認知度は高いとは言えません。自身がこの社会不安障害だと気がつかないまま、悩んでいる人も数多く存在しています。

そこで、社会不安障害というのはどのような病気なのか、どのような症状が出るのか、原因や治療法、予防策まで徹底的に解説します。

社会不安障害とは?「人の目」が異常に気になる!

社会不安障害とは?

社会不安障害は、「社交不安障害」や「社交不安症」、「社交恐怖」とも言われていますが、全て同じ精神疾患を指します。社会不安障害は、具体的なものや出来事と言うよりも、「社会」という「概念」に対して不安を感じる病気です。

社会不安障害の具体例は?

社会不安障害では、プレゼンなどの人前での発表や、上司といった目上の人間との会話、他人との食事など、つまり他者から注目されることに対して恐怖感を抱いてしまうというケースが多く見られています。

社会不安障害の症状は?「回避行動」が出たら注意!

社会不安障害の症状は、主に2つあります。

①不安や緊張、恐怖が頭の中を占めてしまう

社会不安障害を患うと、常に他者の目が気になり、そのことに対する不安や緊張、恐怖が頭から離れなくなってしまいます。人によっては、「頭の中が真っ白になってしまい、何もできなくなってしまう」というケースもあり、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

②不安や緊張、恐怖を感じる場面を避けるようになる

不安や緊張、恐怖から逃れたいあまり、外出など人前に出ることを避けようとしたり、人との会話や食事をしなくなってコミュニケーションが欠如したりすることにより、仕事や日常生活が困難になってしまうことがあります。

それが悪化してしまうと、「自分は何もできない」と自己評価がどんどん下がってしまい、うつ病へと発展してしまうケースも考えられます。

社会不安障害の原因は?「トラウマ」がきっかけになることも!

社会不安障害は「色々な要因が組み合わさって」生まれる病気!

社会不安障害には、明確な原因というものがありません。様々な要因が複雑に絡み合って発症する可能性が非常に高いです。主に要因として考えられるものは、性格や遺伝、幼少期の環境などがあります。

内部的要因だけでなく、「トラウマ」がきっかけで発症することも

また、遺伝や性格などに加え、人前で失敗したり、大きな恥をかいたりしたことがあるといった経験から、「またあのような思いをしたくない」と考えてしまい、社会不安障害へと発展してしまう人も多くいます。いわゆる「トラウマ」によるものです。

そしてそれが悪化してしまうと、前述した通り、その元凶となった出来事を避けようとしたり、元凶に近づくような出来事を避けようとしたりするという回避行動に出るようになります。そのうちに何もかもが元凶を引き起こすようになると考えるようになり、何もできなくなってしまうというケースも考えられます。

社会不安障害の治療法は?主な治療方法は2つある!

社会不安障害の治療法には、以下の2つがあります。

    <社会不安障害の治療法>

  • 薬物療法
  • カウンセリング

①薬物療法

社会不安障害においては、抗うつ剤や抗不安薬によって改善するケースが多く見られています。特に使用されているのが抗不安薬で、効き目が15~20分と短時間で現れるものもありますので、頓服としても使用されている場合があります。ただし、副作用として眠気が強く出やすいものが多いです。注意力を必要とする危険な作業をする可能性がある人や、運転をすることが多い人は、処方の際は医師と相談することが重要です。また、妊婦に影響がある場合もありますので、妊娠の可能性がある人は医師に相談するのがベストです。

②カウンセリング

社会不安障害については、カウンセリングも非常に効果が高いです。自身の他人に対する恐怖を覚えるきっかけに至った出来事やトラウマと向き合うことでそれを克服することにより、自己評価の回復が望めます。また、カウンセリングは薬物療法と違い、副作用もなく、依存性も低い上に再発率が低いことで知られています。薬物療法だけでは不安だという人は、専門家によるカウンセリングを検討してみることもおすすめします。

社会不安障害の予防策は?「考え方」が大切!

社会不安障害の予防としては、「『考え方』を変えてみる」のが最も有効です。人は生きていれば誰でも恥をかいたり、失敗したりすることがあるものです。「1度の恥や失敗がなんだ!」と割り切ってしまう考え方をすることが、社会不安障害を予防するのには非常に大切です。

社会不安障害になってしまったら心がけたいことは?医師の手を借りてみるのもOK!

社会不安障害という病気について、原因や治療法、予防策について紹介しました。社会不安障害は、性格の問題だと思ってしまう人も多く、自覚するのが非常に難しい病気です。それと同時に、1人で治そうと思ってもなかなか難しいのが現実です。

そんな時は1人で抱え込もうとせずに、少しでもおかしいと思ったら、医師やカウンセラーなどの専門家の力を借りることも大切です。適切な治療法やアドバイスに従うことで、社会不安障害の症状は大きく改善します。また、割り切った考え方も非常に大切です。真面目な人や神経質な人はつい深く悩んでしまいがちな傾向にありますが、気分を楽にして物事に向き合うことも重要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ