パーソナリティ障害との接し方とは?冷静さと距離感の2つが重要!

パーソナリティ障害とは、人それぞれ異なった性格を持っているが、その性格に極端な偏りがあり、それによって日常生活や社会生活に支障が生じてしまう精神疾患です。

パーソナリティ障害は、言い換えればその人の個性が、周囲の文化や常識に適合できていないことであって、本人や周囲の方には病気であるとの認識や理解が困難な問題を抱えています。

パーソナリティ障害の方とどのように接すれば良いか、配慮すべきポイントについて説明します。

正しい理解が重要!適切な接し方が治療に効果!

パーソナリティ障害の方との接し方で一番重要なことは、疾患とその本人を正しく理解することです。

理解の第一歩とは?

パーソナリティ障害は、個性ともいえる「思考のクセ」によって周囲との関係に問題が生じるものであり、特殊なことではなく誰にでも起こりうることを理解することが最初です。

特徴を理解する!

パーソナリティ障害の特徴を理解することも、適切な接し方には必須であり、治療のサポートにもなります。

    <パーソナリティ障害の特徴>

  • 本人は、症状(周囲とのトラブル等)に対して自覚していないケースが存在する。
  • 治療は長期間必要だが、症状は改善する疾患である。
  • 周囲のサポートが、治療には不可欠。
  • 自然回復することもあるが、放置すると他の精神疾患を合併する恐れがある。

特徴的な思考傾向とは?成熟した思考に導くには?

パーソナリティ障害は、症状の特徴によって10タイプ3グループに分類されていますが「全か無かの完全主義」の傾向がどのタイプにも共通しており、グレーゾンの理解や過程の評価ができない特徴があります。

完全主義は幼児的思考!

物事を白か黒でしか判断できない「完全主義」は、幼児期に見られる思考様式です。つまり、パーソナリティ障害とは、幼児期の思考形成が成熟しないまま継続している状態となっています。

根気よく取り組もう!

「完全主義」は、うつ病にもみられる「認知の歪み」の一つです。この認知の歪みに働きかけ、未熟な思考様式から柔軟な成熟した思考に導くことが、パーソナリティ障害でも重要となっています。

ただし、パーソナリティ障害に関わらず認知の歪みは、頑なな思い込みによって固持されているため、それを解きほぐすには充分な根気を持ってのぞむ必要があります。

相反する思考が共存?知識と自覚が治療の一歩!

パーソナリティ障害の方の思考の特徴には、過大評価と過少評価といった極端な価値観が共存する思考様式がみられます。

極端な価値観の共存とは?

極端な価値観の共存が、対人関係において様々なトラブルを引き起こします。

    <価値観が引き起こすトラブル>

  • 優越感と劣等感の共存:自己を守るための攻撃的行動。
  • 劣等感への反発:相手を見下し責めることで、自己の優越感を守ろうとする。
  • 依存傾向:自己と他者の精神的境界があいまい。他者の行動から意識を離せない。
  • 完璧主義:融通性の欠如。少しのミズも許せず自己を縛る。

認知の歪みは自覚困難!

偏った思考「認知の歪み」は、その本人にとってはごく自然な思考であり、意識することは困難です。認知の歪みを解消していくためには、本人の自覚を促すことから始める必要があります。

パーソナリティ障害の存在を教え自覚に誘導することで、初めて治療に向かえるようになります。

問題行動への対応とは?冷静に理解する姿勢を!

パーソナリティ障害の行動や言動は、時に問題行動となり周囲の大きな負担となってしまうことがあります。そのような時に、どう接するかによって本人だけでなく周囲の方のストレスも大きく変化します。

受診を促すには?

パーソナリティ障害の方は、身の回りで起こるトラブルの原因について、自分ではなく周囲にあると考える傾向があるため、医療機関に行くことや病気であること自体を拒否することがあります。

そのような場合は、無理強いしても逆効果になりかねませんので、本人にじっくりと考える時間を用意して、精神的安定を待つ必要があります。

周囲の方は、本人が受診を拒否するなど問題解決に消極的に見えても、自己と向き合うには相当の覚悟と時間を必要とすること、問題を意識することが解決のための準備となっていることを理解することが大切です。

暴言や暴力への対応は?

パーソナリティ障害の一部の方には、感情の抑制が不充分な症状によって、周囲への暴言や暴力を表すこともみられます。その対象は身近な人に向かい易く、周囲の方にとって大変な苦痛となってしまいますが、同じように感情的になって抵抗するのではなく、冷静な対応が重要となります。

本人を安心させ衝動を抑制するのは簡単ではありませんが、時には距離をとって身を守りながら見守ることも大切です。

引きこもりへの対応は?

パーソナリティ障害の方中には、受診だけでなく家に引きこもってしまい、社会との関わりを拒絶する方もみられます。引きこもる理由は人それぞれで、対人トラブルによるストレスの回避や自信の喪失、興味や関心の喪失など多種多様です。

このような場合は、無理に社会に連れ出すことはせずに、本人の気持ちへの尊重と理解をしようとしている姿を見せることが、本人の安心感を生み問題解決へ促すことになります。

接し方のポイントは距離感!依存関係に注意を!

パーソナリティ障害の方と接する上で重要なことは、適切な距離感を保つことです。

時には毅然とした対応を!

一般的に奇異に映る言動や行動には、強く反論し抑制したくなりますが、ますは本人の言葉や気持ちを聴くように、気持ちを抑えることが重要です。ただし、過保護に全てを許容するのではなく、ルールやことの良し悪しを毅然と示し、依存関係に陥らぬようにすることも大切です。

まとめ

パーソナリティ障害の方との対応には、とにかく冷静で抑制的な姿勢が求められます。問題行動を「本人の人格や性格の問題」と切り捨ててしまう事や、「病人や障害者」と決めつけてしまうことは、ものごとの本質から目をそらしているだけで、何の問題解決にもつながりません。

パーソナリティ障害は、さまざまな要因によって偏った思考形式が形成されてことによって生じるものであり、柔軟な思考を身に着けることで改善が期待できることを忘れずに接して行きましょう

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ