うつ病を克服するポイントとは?医師との連携の大切さについて

うつうつ病の診断が降りたときに、どのように克服するとよいのでしょうか。

ここでは、診断が降りてから自宅でどのように生活をするとうつ病の克服ができるのかについて紹介します。

うつ病と診断されたら

まず、もしかして自分はうつ病かもしれないと思ったら病院に行きましょう。この時選ぶのは、心療内科・精神科になります。精神科・心療内科でできることは「環境の調整」「投薬治療」「カウンセリング」です。

まずは医師の治療方針に合わせていきましょう。環境調整が必要だと言われたら、それは環境からのストレスがかなり大きくなっている証拠です。

例えば、会社を休むとか、部署を移動することで問題が解決できる場合もあります。そのように原因がはっきりしている場合は、環境を調整するだけでもうつを克服することができます。

しっかりとした内服を継続しよう

医師の治療方針で内服治療が選択された場合、まずはうつを克服するために継続的に内服することが大切になります。薬の効果は1週間から2週間ほどで見られることが多いので、効果がないように感じてもしばらくは決められた方法で薬を飲んでいくことが大切です。

副作用などが出てきた場合は、早めに医師に相談をして調整していきましょう。ここで大切なことは、自己判断で内服を止めてしまわないことです。飲み始めから終わりまで医師の判断を仰ぐことが大切なポイントとなります。

自分を見つめてみよう

病院によっては心理士が勤務していることもあります。そこで、自分の人生を振り返ったり、性格についてじっくり考えてみることも、うつを克服するポイントとなります。自分一人では気が付かないことも人と話をすることで整理することができるかもしれません。

うつを繰り返してしまう人や、なかなか治らない人にはカウンセリングもお勧めですよ。

生活環境を整えよう

うつ病になると、意欲が低下し抑うつ気分が生じてくるので、睡眠のリズムが崩れたり、食事が思うように食べられなくなることがあります。

これも、うつの症状の一つです。そのため、規則正しい生活を心がけ、食事をしっかりととることが大切になります。もし一人でそれを遂行することが難しいと感じた場合は、可能であれば家族に治療に協力してもらうことが大切です。

うつを克服するために

うつ病は完全に治るまでに数か月から1年半以上かかると言われています。そのため、長い目で見て克服していくことが大切です。医師の治療方針に従いながら、規則ただいい生活を心がけていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ