うつ病の時の子育てはどうやる?子供への影響とうつ病にならない秘訣!

今現在3人に1人はうつ病と言われています。隠れうつまで入れると相当な数になります。うつ病の人が子育てをするというのは決して珍しくはないのです。

自分1人で悩まないで、安心して子育てが出来るように準備をしていきましょう。また気付かないうちにうつにかかっている、なんて事もあります。自分に当てはまるか当てはまらないかも判断してみて下さい。

うつ病とはどのような病気?10個の症状を紹介!

知っているようで実はちゃんと理解はしていないという方が多いのではないでしょうか?まずは、どのような病気かちゃんと理解する事が大切
です。

こんなにあるうつ病の種類

実はうつ病とは1つだけではなく、とんでもなく種類が多いのです。どれか自分に当てはまっているうつ病はあるでしょうか?

    <うつ病の種類>

  • 内因性うつ病(一般的に考えられるうつ病と躁とウツを繰り返すウツ病)
  • 心因性うつ病(精神的なショックや心理的なものによるストレスが現任でおこるうつ病)
  • 身体因制うつ病(糖尿病や脳腫瘍などの病気や服用している薬によって引き起こされるうつ病)
  • 軽症うつ病(比較的軽いうつ病)
  • 仮面うつ病(心ではなく体から症状が出てくるうつ病)
  • 老人性うつ病(体の衰えやストレスからくるうつ病)
  • 季節性うつ病(秋から冬にかけて症状が現れるうつ病)
  • 躁うつ病(躁とウツを交互に繰り返すうつ病)
  • 女性のうつ病(月経前のイライラや産後、更年期などのうつ病)
  • その他のうつ病(長年かかえてきた重荷がなくなった時にあらわれるものや引っ越しなどで大きく環境が変化した時に現れるうつ病)

まさか自分がうつ病?チェックシートでチェック!

多くの方はまさか自分がうつ病だなんて考えた事がない。そう言います。はじめから「私はうつ病ではない」と思わずに、チェックシートで確認してみて下さい。

    <症状チェックシート>

  • 不安を感じる
  • 寝付きが悪い、熟睡が出来ない
  • 涙ぐむ事が多い
  • 気持ちが落ち着かず、イライラしやすい
  • 食欲不振、過食するようになった
  • 集中力が続かない
  • 身体が疲れやすい
  • 気分が沈み、憂鬱
  • すべて悲観的に考えてしまう
  • 朝、気分がすっきりしない
  • 日常に満足出来ない

7点以上は要注意!

0~3点は「あなたの心は概ね保たれています」4~6点は「心が少し疲れが状態にあります」7点以上「うつ病やうつ状態にかかっている可能性が高い状態です」

うつ病患者の育児とは?注意しないといけない恐い事!

うつ病と診断をされている場合は、薬の服用は気を付けなければいけません。授乳中のお母さんは薬を飲む事に抵抗を感じますよね?例え医師が大丈夫と言っても極力飲まないようにするという方が多いです。

お母さんの身体の事も考えて!

薬の影響を気にするあまり、自分の身体に負担になってしまったら子育てもうまくいきません。アセトアミノフェンという成分の薬は頓服程度であれば問題ありませんし、赤ちゃんに影響するという事はありません。抗うつ剤の中にも基準をみたした物はあります。何もかもダメと思わないで授乳中でも服用出来る薬はありますから、あまり無理はしないようにしましょう。

子育てをきっかけにうつ病?誰しも陥りやすい産後うつ!

あまりいにも完璧を求めすぎると、うつ病を発症しやすくなります。ちょっとくらい泣いてても大丈夫!や家の中がおもちでぐちゃぐちゃになったとしてもちょっとくらいいいや。という気持ちを持ちましょう。

気分転換も必要

どうしてもイライラしてしまったら、別の部屋に行って気分を落ち着かせるや音楽を聴いて見るなど気分転換しましょう。

うつ病はうつる?子供の精神発達に影響!

これは多くの育児をするお母さんが心配する事です。残念な事に育てられる子供の精神発達に少なからず影響を与えることがわかっています。お母さんのケアももちろん必要ですが、子供への配慮も必要です。

まずはお母さんが治す

1番恐いのはお子さんへの影響です。なるべく影響を与えないように家族全員でサポートしていきましょう。

うつ病になりたくない!産後うつにならない秘訣とは?

子育て中のお母さんは積極的に外に出るべきです。気分転換が必要なのです。

家族の助けが必要

父親の協力や近くに祖父母がいれば、どんどん協力してもらって下さい。おおらかな気持ちで子供を預けてみて下さい。夫婦で出掛けるのもよし、お友達とランチをしたり遊びに行くのも良いです。

家には引きこもらない

特に1人目のお子さんの場合は常に家の中にいて、外出はほとんどしていなかったという方が多いです。大体3か月くらいまでの首がすわるまでの期間です。

散歩がおすすめ

生後まもない赤ちゃんを連れ回すのは避けたいですが、散歩くらいはして外気にふれる事は赤ちゃんとお母さんにとってとても意味のある事です。

まとめ

うつ病とは本当に身近な病気です。病気の方が子育てするのは精神的にも大変な事です。もうすでに発症している方は、お子さんに影響が出ないように早く治す事が先決です。ですが、治すと言ってもそう簡単にはいかないと思います。

子育てをしていくうえで、病気とうまく付き合い自分でコントロールが出来るようになると自分自身もお子さんも楽になるのではないでしょうか。

発症はしていない方でも、家の中にばかりいないで外に出たり気分転換をして下さい。精神的にも身体的にも安定した子育てをしていきましょう。子育ては大変な仕事であるし、大事な仕事でもあります。適度に力を抜き、楽しい子育てにして下さい。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ