不安障害とうつとの関連性とは?4割にも及ぶうつ病との併発!

「不安障害」と「うつ病」は種類の違う病気ですが、似たような症状を示す事もある上に併発の可能性もある、関連性の高い病気です。また、両方とも症状や原因に個人差が大きいため、診断が難しくなっています。

しかし、病状に応じた治療方法が必要なため、不安障害なのかうつ病なのか、その見極めが重要となっています。

不安障害とうつ病は、どのような違いや類似点があるか、それぞれの特徴について説明します。

うつ病の特徴とは?他の精神疾患を併発しやすい!

うつ病の特徴とは?

「うつ病」の特徴は、「気分、行動、思考、身体」の4つに症状が現れ、それぞれが互いに関連している点にあります。

うつ病の発症原因は、まだ明確には解明されていませんが、ストレスや思考の偏りなどの心理面と脳の情報伝達物質の働きが、複雑に関連していることは明らかになっています。

    <うつ病の主な症状>

  • 気分の症状:意欲の低下、不安感、イライラなど
  • 行動の症状:集中力や持久力の低下など
  • 思考への影響:悲観的な考え方や自殺の計画など
  • 身体の症状:頭痛、腹痛、疲労感など

他の精神疾患を併発しやすい!

うつ病は、他の精神疾患を併発しやすい特徴を持っており、発症した人の約3/4の方に何かしらの精神疾患の併発がみられ、精神医学では、これを「コモルビディティー(併発)」と呼び、複数の疾患が互いに関連性を持っていることを表しています。

うつ病と不安障害が併発した場合、うつ病そのものが重症化および慢性化しやすくなる傾向がみられています。

不安障害の特徴とは?うつ病との違いとは?

不安障害の特徴とは?

「不安障害」とは、不安や恐怖を主訴として、心理的および身体的症状によって日常生活に支障を来してしまう精神疾患で、原因や症状によって5つに分類されています。

    <不安障害の種類>

  • パニック障害:特定の条件下で激しい動悸や息苦しさの発作を起こす
  • 全般性不安障害:特定の物事にではなく、様々なことに不安を感じる
  • 恐怖症:特定の物事に恐怖を感じる(広場恐怖、社会恐怖など)
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD):心的な外傷的体験がトラウマとなって症状が現れる
  • 強迫性障害:特定の行為や考えをやめられず、やめようとしてもやめられない

うつ病との違いとは?

不安障害とうつ病の根本的な違いは、不安障害の方は日常生活に支障が出るほどの「強烈な不安」を感じている点です。また、不安障害では、「呼吸困難(息苦しさ)」や「眩暈、動悸」などの身体症状が現れ、うつ病の特徴的な症状の「意欲の低下」や「関心の低下」はみられません。

どのくらい併発するのか?不安障害の発症が先行!

どのくらい併発するのか?

不安障害は、高確率でうつ病の併発がみられ、その割合はうつ病患者の4割程度に及んでいます。また、不安障害の下位分類の一つ「パニック障害」では、半数以上の方がどこかの時点でうつ病を併発している調査結果もあり、極めて関連性の高い疾患となっています。

不安障害の発症が先行!

不安障害とうつ病の併発は、ほとんどの場合で不安障害が先に発症しています。うつ病が不安障害に先行することはまれなため、不安障害はうつ病の発症要因の一つとみることができます。また、不安障害に併発するうつ病の約半数は「非定型うつ」と呼ばれるタイプであり、極めて治療が難しいうつ病であることも重大な問題となっています。

併発を生む仕組みとは?併発が生む悪循環!

併発を生む仕組みとは?

不安障害の多くは、過剰な不安や恐怖によって、不眠になったり、発作を心配するあまり行動範囲が狭まったりするなど、日常生活に支障をきたしてしまいます。そのため、「自己否定」、「自責感の増加」など抑うつ状態になりやすく、結果的に不安障害とうつ病が併存する状況を生んでしまっています。

併発が生む悪循環!

不安障害とうつ病の併存は精神の疲弊をまねき、不安感を払拭できずに状態になり、抑うつ状態で治療意欲が低下し、うつ病の重症化と不安障害の慢性化の悪循環に陥りやすい問題を抱えています。

見過ごされやすい併発!適切な治療を受けるには?

不安障害は、誰でも持っている「不安」というごく自然な感情自体が症状となるため、本人や周囲も「性格の問題」とされ見過ごされやすく、うつ病との併発が見過ごされ適切な治療がなされていないケースも多くあります。

どちらの疾患も、検査による客観的な所見が出にくいため、専門医でも診断が困難となっている問題がありますが、自分の疾患を正しく把握するためには、自己判断は厳禁です。セカンドオピニオンを求めるなど、信頼関係を築くことのできる、相性のよい専門医の診断を受けることが大切です。

まとめ

不安障害などの精神疾患への理解は、なかなか得にくいものですが、その知識を持っていることで自分自身や周囲にとって役立つことがあります。正しい理解は、精神疾患の治療において不可欠であり、予防にもつながります。

不安障害やうつ病など精神疾患は、本人自身が「治りたくない」と心の底で思っていないかぎり、必ず回復し克服できる疾患です。

まずは最初の一歩として、「誰にでも発症の可能性があること」、「適切な治療を行えば克服可能であること」、この2つの理解から始めましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ