旅行の後から夜眠れない?睡眠障害の症状の概日リズム睡眠障害かも!

海外旅行で時差が長い所から帰った時に、時差ボケで夜よく眠れないという話をよく聞きます。海外旅行をしなくても、高齢者の方が夜眠れなくて困ると聞く時もあります。

また、学生の中に多いケースとして夜遅くならないと眠る事が出来ないや朝起きる事が出来ないという症状に悩んでいるケースもあります。

これらは、体内時計が何らかの原因により調節できなくなった事で生じているのです。今回はこの、概日リズム睡眠障害について調べました。

概日リズム睡眠障害とは?体内時計が乱れている為!

概日リズム睡眠障害とは、睡眠・覚醒リズム障害とも言われています。これは、体内時計の調節に支障が出て睡眠に障害が出てしまう事になります。また、時差の大きい海外への旅行へ行った後に診られる体調の不調や睡眠の障害も概日リズム睡眠障害になります。

身体の時計が乱れてしまうと、1日の生活の中で普通に出来る事も出来なくなるので日常生活はもちろん仕事にも支障が出て来てしまう困った事になります。

体内時計の崩れる原因?

体内時計が崩れて上手く調整できなくなる原因は、特別な原因があるのではないのです。普段の生活の中にある事が多くあります。よく見られるものを挙げてみました。

    <体内時計が崩れる原因とは>

  • 朝起きる時間が一定でない
  • 朝の日差しを浴びない事が多い
  • 朝食を食べない事が多い
  • 寝床に入ってもスマホをいじっている
  • 休みの日にまとめて寝ようとする

概日リズム睡眠障害の原因は?症状で原因も違う!

人が寝たり起きたりするのは、体内時計の周期によって調整されていて概日リズムと言います。この体内時計と実際の地球の24時間のリズムでズレが出て調整が困難になる時があります。

概日リズム睡眠障害はこのような事で、眠れなくなり頭が痛くなる事や疲労などが重なり生活にも仕事にも支障がでている状態です。そうなる原因は、症状が人によって違うのと同じで症状によってその原因となる事も違ってきます。

症状と別々の原因とは?

体内時計と実際のリズムが合わない事から生じる概日リズム睡眠障害、その症状と原因
は色々とありますが以下のように分ける事が出来ます。

    <概日リズム睡眠障害の症状と原因>

  • シフト勤務からくる睡眠障害、原因は勤務時間の変化があり体内時計と合わなくなる為に起こります。症状は、夜眠れない事で昼間の眠気に作業の低下と食欲不振等がある
  • 非24時間睡眠覚醒症候群、原因は昼と夜が逆の生活をしていた後等になる為に起こります。症状は、毎日起きる時間と寝る時間が少しずつ遅れていきます。
  • 睡眠相後退症候群、原因は体内時計が遅れて睡眠が遅い時間になっていきます。症状は、なかなか寝付けず、眠れると昼過ぎまで起きれなくなります。
  • 睡眠相前進症候群、原因は体内時計が進んで睡眠が早い時間帯にずれて行くのです。症状は、夕方あたりから眠くなり起きていられなくなります。朝も早く目覚めます。
  • 不規則型睡眠覚醒パターン、原因は脳梗塞の患者さんや身体的な病気で入院生活が長くなり体内時計のリセットの機能が弱い状態にある時に見られます。症状は、睡眠と覚醒が昼夜関係なくなります。
  • 時差ぼけは、時差が大きい場所への旅行した時などで起こります。症状は、夜眠れなくなり昼間眠気があり疲れを感じたりします。

体内時計とは?体の色々な働きをつかさどっている!

人の体には体内時計というものがあります。これは、体の色々な働きをつかさどっています。これにより、朝明るくなると目が覚めて昼間動いて暗くなって夜になると眠くなるというリズムが出来るのです。

体内時計は、左右の目の奥で視神経が交わるところに視交叉上核という場所があり体内時計の大事なところがあります。体内時計は、24時間よりも少し長いので24時間とのズレを毎日リセットしないといけないがこれが上手くいかないと体内時計が上手く調節できなくなります。

体内時計が崩れると?

体内時計は、睡眠のリズムは勿論の事ホルモンや体温や血液に食などのリズムに関係しているので崩れると眠れないだけではなく便秘や代謝に影響が出て太りやすくなります。

概日リズム睡眠障害に悩んだら?専門医療機関へ!

夜遅くならないと眠れない、朝は起きれない。この様な事を繰り返していると、学生は遅刻を繰り返す事になりしまいには不登校にも繋がります。社会人では、昼間に眠くなり仕事に支障も出て来ます。

軽い症状の時には自分で出来る対処での対応でも良いのですが、眠れない事が原因でない時もあるので専門の医療機関への受診をお勧めします。

病院へ行ったら何を?

概日リズム睡眠障害の時病院では、まず症状と睡眠の状況を確認する為に寝る時間と起きる時間を記録する睡眠日誌を記録を勧められます。その結果、症状に合わせての治療になります。

概日リズム睡眠障害の出来る対処は?生活の見直し!

睡眠障害の対処方法は、生活のリズムを整える事が大きなポイントになります。そして、体内時計を整えてあげる事が必要不可欠になります。

体内時計が正しく働いていると、脳や体にも良い影響が出て機能が充分に働く事が出来て心身のバランスも良くなるので生活習慣病などを防いで心身ともにより健康に過ごす事が出来るようになります。

太陽を浴びてリセット!

朝起きたら太陽の光を浴びましょう。そうする事で、身体が朝になった事を認める事ができます。そして、体内時計がリセットされます。

規則正しい食事が大事!

食事を摂らないと、身体の臓器にある体内時計が防衛を起すので体内時計にズレが生じます。朝起きてから、1時間後くらいに食事をするのが良いです。

寝る前軽い運動をする!

寝る1時間から2時間くらい前に、ストレッチをしたり軽い運動をしたりすると効果が高いです。また、良い睡眠を得る事にも繋がります。

1日の作業で上手く調整!

朝食後1時間くらいしたら、ウォーキング等するとセロトニンの分泌が良くなるのでセロトニンを多く分泌させると良い睡眠をとる事にも繋がります。

まとめ

今回は睡眠障害の1つである、概日リズム睡眠障害について症状や原因について病院へ受診した時の事、自分で出来る対処について調べました。

概日リズム睡眠障害とは、体内時計の調節に支障が出て睡眠に障害が出る事です。体内時計は、体の色々な働きをつかさどっていて朝目が覚めて暗くなる夜は眠るリズムが出来ます。

体内時計が正しく働くと、脳や体に良い影響が出て機能が充分に働き心身のバランスも良くなるので生活習慣病などを防いで心身ともにより健康に過ごす事が出来ます。

対処方法は、生活のリズムを整えて体内時計を整える事が必要不可欠になります。その為には朝太陽の光を浴びて、食事や適度な運動で規則正しく生活をする事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ