引きこもりで会社を辞めたら?必要なのは経済的自立の道!

引きこもりになってしまうと人にあったり外出する事が出来なくなってしまうので会社を辞めざるを得ない環境になってしまいます。しかし引きこもりとは言っても食べていくためには経済的自立は必要なのです。

経済的自立というとどうしても会社勤めをイメージしてしまいますが、引きこもりにも会社へ行かずにできる経済的自立方法はあるのです。

引きこもりになると?会社をやめざるを得ない

引きこもりになってしまうと会社を辞めざるを得ない状況になってしまう事が殆どなのですが、その時は外出する事が嫌だとか、人間関係に疲れて人と会うのが怖いなどと言うようになり外へ出られなくなってしまいます。

仕事をしないと?

引きこもりになって会社をやめて仕事をしない状況になってしまうと、しばらくは貯金があったとしても、いずれかは経済的に親や兄弟などに頼らざるを得なくなってしまいます。

できれば一人でやりたい?こんな仕事があります

引きこもりになると人との接触が、今まで以上に苦手になって行きます。そのような時に一人でできる仕事があればそれをやって経済的自立を図る事ができるのです。

具体的には?

一人でもできる仕事としては具体的な物としては次のようなものがあるのです。一人でもできる仕事は探してみると結構あるものです。ただし全てが引きこもりでもできるかというとその限りではありません。

    <一人でできる仕事>

  • アンケートモニターなどの在宅バイト
  • 自分の条件にあった派遣社員
  • 倉庫内の荷物整理
  • 荷物だけを運ぶトラックに運転手
  • クラウドソーシング
  • ライター業務
  • データ入力
  • プログラマー
  • 作家(小説家や画家など)
  • イラストレーター
  • 職人稼業
  • 株取引やFX
  • ネットオークション、転売
  • アフィリエイト

引きこもりでもできる仕事?人と接触しない

引きこもりになってしまった場合、外に出てお金を稼ぐことは非常に難しくなってきます。そのような場合でも経済的自立がして行かなくてはなりません。ネットにある口コミなどから引きこもりでもできるその手段を見て行きましょう。

不要品の販売

自宅にある不用品を販売することは、元々が不用品なので売れたとしても二束三文かも知れません。しかし少しでもお金になるならばやってみる価値はあります。

家にあるものを売るだけなので初心者でも簡単にできる仕組みがネットなどでも提供されているので活用してみてください。うまくいけば月に1~2万円は稼げるはずです。

意外と部屋も片付くことになるのでリフレッシュにもいいかも知れません。

書くことが得意なら?

ある程度の文書力があって書くことが得意ならばライター業務で稼ぐことも可能です。まず最初はアフィリエイターの人たちが外注で出している記事作成などで単価は安いのですが、文書技術を磨く事が大事かも知れません。比較的初心者でも書けるものはたくさんあるので試してみると月に1~2万円の収入にはなるはずです。

アフィリエイトで稼ぐ?

引きこもりでもできる仕事の一つにPCとネット環境ができるものとしてアフィリエイトがあります。未経験でも始める事はできますが、0から1を作るスキルが必要なので若干始める難易度は高くなります。なかなか成果が出ないので時間と努力は必要となります。収入については数万円から上限はかなり大きな金額まで稼ぐ事が可能な方法です。

在宅ワーク?

アルバイト登録サイトなどで意外と多く見つかるのが在宅ワークです。この場合は案件によって必要なスキルが変わったり、収入も少ない金額から10万円位になるものまで色々と紹介されています。

1日位なら外でも平気?

1日位なら外にでて働けそうと言うようならば、1日だけの短期アルバイトというのも一つの方法としてありなのです。これならば必ず決まった額の収入が入るので人との接触が我慢できるならばいい方法だと言えます。

更に積極的に仕事をするには?名刺がわりのブログ

引きこもりになっても自宅でできる仕事は思っているより意外と多いと感じたはずです。在宅での仕事も立派な仕事なので引きこもりになったとしてもちゃんとやれば経済的自立も可能なのです。

仕事の依頼を呼ぶために

引きこもりになってネットなどで仕事を始めた場合は、相手からの仕事の依頼を増やす為にも名刺がわりになるものを持つ事が大事です。簡単で効果的なのは自分の情報を載せる場所を作ると言う事です。

ネットの自分の場所?

ネットで自分の事を知ってもらう為に名刺がわりになる物が実はブログなのです。ブログでも稼げるのですが、それはほんの一握りの人の話でブログの役割は自分という人間が何を考えていて、何を得意としているのかなどを知ってもらうツールとなるのです。

そして忘れてはいけないのがプロフィールとメールアドレスを掲載することです。目的は仕事の依頼をしてもらう事なのでこの二つは必須です。

引きこもりになる前に?制度をフル活用

ここまでは引きこもりになって会社をやめる事になってしまったあとの経済的自立について記載してきましたが、そもそも引きこもりになる前に何か手を打てないかが大事です。

引きこもりになってしまう人の殆ど真面目すぎな一面が強く結果自分自身を傷つけるまで頑張ってしまうのです。

引きこもりたいと感じたら?

引きこもりたいと感じたら思い切ってひどくなる前にプチ引きこもり状態を作ってしまう事です。休日を徹底して引きこもったり、有給休暇や長期休暇を取得してみるなど試してみる事で改善が図れるかも知れません。

職場を変える?

その会社が問題で引きこもりたいと感じているならば、職場を変える、在宅勤務ができる会社へ変える、労働時間の短い会社へ変えるなどひどくならないように手を打つことはできるはずです。

まとめ

引きこもりは誰もが、最初からなりたいと思ってなる訳ではなく自分の性格や家庭環境、職場環境、人間関係などが複雑に絡み合ってなってしまうものなのです。しかし引きこもりという症状はその性格上社会との接点を絶ってしまうため会社などに勤めることも難しくなってしまいます。

しかし、引きこもりと言っても食べて生活して行くためには例え親や兄弟に経済的支援をしてもらえるとしても何処かの段階で経済的自立は必要なのです。その方法としては一人でもできる仕事やネットを使った対面の必要のない仕事など探してみると結構な数が見つかるのです。

できることなら引きこもりになる前に回避する事が大事な事なのでプチ引きこもりで対処したり、引きこもりになりたいと思う環境から身を遠ざける必要も重要な事なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ