うつ病と家族の接し方における6つの注意点

うつと家族今やうつ病は「心の風邪」と言われて軽く見られがちですが、そんな軽い病気ではありません。家族で接する方には、まずはその点を理解していただきたいです。

「心の癌」だと思ってください。家族が癌患者だと思えば皆さん自ずと優しく接することが出来るのではないでしょうか。患者を抱える家族の接するときに注意した方がいいことを6つ説明します。

注意点1:励ましたりしない

うつ病の人にとって一番してはいけないことです。家族としては頑張ってほしいのはわかりますが、家族が「頑張れ」と励ますと、逆に「自分は頑張りが足りない」と思って落ち込んでしまってしまいます。

注意点2:重大な決断を止める

うつ病になっている人はどうしても「今の状態から解放されたい」と言う気持ちから、普通ならしない行動をとってしまうことがあります。例えば会社を辞めてしまうとか離婚をしてしまうとかです。必ず後から後悔することになります。重大な決断は別に今すぐしなくても先送りすることはできます。十分な判断能力が戻ってきたときにその決断をするように促しましょう。

注意点3:ゆっくり過ごさせてあげる

とにかく負担を減らしてあげることが重要です。仕事などストレスのある所からなるべく離れて、なるべく何も考えないでいい状態でゆっくり休ませてあげることが重要です。

注意点4:病人として扱わない

うつ病になった人はそれだけでも「自分はダメなんじゃないか」って思ってしまいます。「私が悪いんだ」って思っていることが多いです。ですから、とにかく病人としては意識せず今までと変わらず接してあげることが重要です。

注意点5:回復を焦らない

うつ病と言うのは普通の怪我と違って見た目で回復が確認できるものではありません。傷口の回復が見れるわけではないのです。今日は調子よさそうでも、明日になるとまた落ち込みと言うことを繰り返します。きちんと回復できる環境になっていれば、この繰り返しをしながらゆっくり回復の方向に向かっていきます。一日一日の行動で一喜一憂をしないでゆっくり見守ってあげましょう。

注意点6:家族自身が倒れないようにする

うつ病の家族を抱えるとそれだけで家族にも心労になり、家族までうつになってしまうことがあります。ですから、家族が苦しんでるんだから自分も我慢しようとか考えずに、自分の楽しみを持って日常の生活を送るよう心がけましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ