引きこもりによる後悔とは?年代によってあるいろいろな違いが!

引きこもりは、なった人にしかわからない後悔を感じることがあるのです。そして引きこもりになってしまう年代によってもその後悔の内容や感じ方が違うのです。引きこもりを持つ親としては子供がどのような事を後悔しているのかが知りたい事の一つです。

引きこもりになった人たちの意見からどのような後悔があるのか、そして、引きこもりになってしまった後で後悔しないようにするにはどうしたらいいのかを調べてみました。

若くして引きこもると?大きな後悔が残る

引きこもりになってしまうのも若くしてなってしまう場合とある程度年をとってからなるのでは、その後悔の内容も違うのです。若くして引きこもってしまった場合の後悔とはどのようなものがあるのかみていきましょう。

学校途中で引きこもり

学校の途中で引きこもりになってしまった場合には、どの様な事が起きるかというと引きこもり中に在学していた学校を卒業することが出来ないという事が起こります。

特に高校より若くして引きこもりになってしまった場合は、中学卒業止まりとなってしまい、いざ就職しようとしても今のほとんどの会社が高校卒業を前提にしているので働き口が見つからないということが起きてしまうのです。

よって若くして引きこもりになって高校を卒業できていないとおいおい引きこもらずにちゃんと高校を卒業をしておけば良かったと後悔することになるのです。

友達が少ない?

引きこもりが10代で起きてしまうと、一番友人が作れる時期を自分の部屋で過ごすことになってしまうので楽しく遊べる友人を持つこともままならず、やはり引きこもらず学校に行っておけば良かったと後悔することになってしまうのです。

身体にも影響が?

引きこもりが若い時代、すなわち身体の発育期に当たってしまう場合には、太陽を浴びる事が極端に少なくなってしまうので骨の成長などに影響し背が伸びなかったり、免疫力が弱く病弱となってしまう事が多く後悔することになるのです。

20代での引きこもりは?人との出逢いを後悔

引きこもりの期間が20代に起きた場合には、どのような後悔が残るのかを見ていきます。

異性との出逢い?

20代といえば恋愛対象との出逢いが多い時期です。また生涯の伴侶との出逢いもこの年代となるのです。しかし、この時期を引きこもりとして過ごしてしまうとそのような異性との出逢いもデートをする時間も無く過ごしてしまう為、恋愛のチャンスを大きく逃す事になってしまうのです。

結婚の機会も?

この期間を引きこもりで過ごすと恋愛チャンスを逃してしまうばかりで無く、結婚相手としての理想の人とも巡り会えず家族を持つということも難しくなってしまうという現実に直面し後悔する事になるのです。

親に対しては?気づけば後悔だらけ

引きこもりになる時は、自分自身の現実逃避の方が大きく、とにかく誰とも接触を持ちたく無いという思いから自宅や部屋に引きこもるようになるのですが、引きこもりになって初めて気付く後悔もあるのです。

親への経済的負担?

引きこもりになると言うことは、社会との断絶を意味し、その結果は経済的困窮を導きます。引きこもり当の本人には気付きにくい事なのですが、生活にかかる費用をサポートしてくれるのは他の誰でも無く自分の親なのです。この負担に気付いた時点から本人にとっても罪悪感とともに後悔につながって行くのです。

親不孝を後悔

そして、その後悔の念は引きこもりしている時に親が亡くなったりした場合、もっと親孝行をしておくべきだったという強烈な後悔が襲ってくるのです。

特に親元を離れて一人暮らしをしながら引きこもりとなってしまった場合などは、自分を優先させてしまったばかりに親に対する相当な負担を思い知ることになってしまうのです。

引きこもりなった理由を後悔?他の幸せに気づかない

引きこもりになってしまうとなった期間に起きてしまう事に対する後悔もありますが、なった理由に対しても後悔する事が多く見られます。

引きこもりになる時は?

引きこもりになる時は、目の前の苦しみや逃げたい現実だけに直面し、そのことから逃げたい一心で引きこもりとなってしまうのです。

後で後悔する事は?

引きこもりになった後に気づく事で多いのが、なぜ目の前の苦しみだけしか考えず普段のちょっとした日常の幸せをもっと感じ取らなかったのだろうかという事なのです。冷静に考えれば悪いこともあったけどいい事も沢山あったはずなのです。そして自分を責めていた事を考えると後悔する事になるのです。

引きこもりを後悔しな為?考え方が大事

引きこもりになってしまうと後々色々な後悔が沸き起こってくるものです。しかしながら起きてしまった事は元に戻るわけでは無いので後悔しないためにどうするかを見ていきましょう。

なぜ人は後悔するのか?

後悔とは、そもそもどのようなものなのかというと、後悔している時点では、まずなぜそうなったのか問題解決をしようとせず自己否定をしています。そして、なぜ引きこもりをしてしまったのかと自分で決めたのにも関わらず困惑し自分の心を引き離そうとするのです。

そして、引きこもりをしてしまった自分を罰したい感情にかられているのですが、結局、また辛くなって引きこもりをしてしまうのです。そして引きこもりをみる社会の目を自覚する事になってしまうのです。

まずは後悔の苦しみと同居する

引きこもりになってしまった場合必ず後悔にさいなまれるのですが、後悔していても何も生まれないし後悔をしないということも難しいことなのです。

その為、おすすめなのが後悔と共に生きていく為の考え方として引きこもりには同じような人は沢山いて同じように苦しんでいるのだと普遍性を見出し、引きこもってしまった自分を愚かだったと頑張って笑い飛ばします。そして引きこもってしまったという事に対する後悔を時間をかけて癒していくのです。

大事なポイントは?

引きこもりを後悔しない為の大事なポイントとしては次の通りです。

    <後悔しないポイント>

  • 人は必ず後悔する生き物と考える
  • 引きこもりも自分で選んだ人生と考える
  • 引きこもりのお陰でこれからの人生がある

人は必ず後悔をする生き物で、後悔とは失敗を思い出し自己嫌悪に陥る事では無く、これから先の人生のために自分次第で良い結果を出すことができるという事に気付く機会であると考えることなのです。

まとめ

引きこもりになった人は、なる時には考えもしないのですが、その後の人生において引きこもりになってしまった事を多かれ少なかれ必ず後悔をします。その内容は引きこもりになった年代に大きく影響を受け、若年層でなってしまった場合には、高校を卒業できなくて学歴などの理由で仕事探しに苦慮する事が多く後悔してしまいます。

大人になっての引きこもりについても人との出逢いに影響が大きく、語り合える友人ができなかったり、恋人や結婚相手が出来ないという後悔に襲われることもあるのです。

理由はなんであれ人は後悔する生き物なので、その事に対して選んだのは自分であり、未来を変えていくのも自分であると言う考えを持って後悔から立ち直っていくことが大事なポイントとなるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ