適応障害で使用されるのはどんな薬?服薬で完治を目指せるの?

適応障害で精神科や心療内科を受診すると、多くの場合いくつかの薬が処方されることになります。精神科領域では、近年、薬物療法が大きな効果を発揮しているためです。

では、いったいどのような種類の薬が適応障害の治療に用いられるのでしょうか?そして、そもそも処方された薬を服用してさえいれば適応障害を完治させることが可能なのでしょうか?適応障害と薬の関係について徹底解説します。

適応障害って何?どのような症状がみられるの?

適応障害の治療について話す前に、まずは適応障害とはどのような疾患なのかを知っておきましょう。適応障害の定義と症状について解説します。

適応障害とは?

適応障害とは、特定のストレス環境に置かれると、日常生活を送るのが非常に困難になるほどの精神的・身体的な苦痛症状や問題行動がみられることを言います。

症状が現れる場面が非常に限定的で、それ以外の時では何ら健康な人と変わらなく生活を送ることが出来る点が大きな特徴です。

適応障害でみられる症状

適応障害では、症状が現れる場面が限られています。そんな時には以下のような症状がみられます。

  • 夜眠れない
  • 朝起きられない
  • 食欲がわかない
  • 物事に集中できない
  • 憂鬱な気持ち
  • やる気が出ない
  • 不安感や緊張感
  • 頭痛や吐き気、腹痛、めまい
  • 自傷行為や過食
  • ギャンブルや多量の飲酒などの社会的な問題行動

ストレス要因から離れると「健康な人」

適応障害では、うつ病とよく似た症状がみられます。しかしうつ病との決定的な違いは、原因となるストレスから離れれば症状が消失する点です。適応障害が「怠け」や「わがまま」と捉えられがちなのはここに理由があります。

適応障害で用いられる薬とは?基本的には対症療法!

適応障害では、現れる症状に応じて薬が処方されます。しかし薬はあくまでも症状を緩和するのが目的であることを理解しておく必要があります。それでは、適応障害で使用される代表的な薬を紹介しましょう。

抗不安薬

ストレス環境下にあるときや、その場面を想像したときに強い緊張や不安が現れる場合に処方されます。効果の出現が速いことに加え、頓服的な使用も可能なため、非常に多くの症例で用いられています。

抗うつ薬

抑うつ状態が強い場合に用いられます。しかし、効果を実感できるまでに数日~数週間を必要とすることや、適応障害はそもそもうつ病とは発生機序が異なっているため、誰にでも有効な薬とは言えません。

睡眠薬

ストレス環境のことを考えてしまうと、なかなか寝付けなくなったり何度も目が覚めたりすることは非常に多く見られます。

睡眠不足は精神的な不安定を増悪させてしまいますから、薬によって不眠状態を改善する必要があります。不眠の種類によって処方される睡眠薬が異なります。

気分安定薬

気持ちの浮き沈みを少なくし、感情を安定させる効果がある薬です。ストレス環境下と、解放時の精神状態のギャップが大きいときに用いることで、精神的な安定を図るのが目的です。

完治を目指すために!薬と上手く付き合おう!

適応障害を薬のみで治療することはできません。しかし、薬を併用することで完治までの道を非常にスムーズにしてくれます。薬と上手に付き合うための心構えを知っておいてください。

辛い症状の緩和

薬自体が適応障害を治してくれるのではありません。しかし、日常生活に支障が出るようではそもそも適応障害の治療を行うことが出来ません。治療を妨げる辛い症状を軽減するために用いるのが薬です。

ストレス耐性をつけるために

適応障害の治療には、原因となるストレスへの対処法を身に付ける方法を学ぶことが有効です。ストレスに向き合うための背中を押してくれるのが薬なのです。

こんな点に注意!薬に依存しないためには?

精神科領域で使用される薬には、依存性や耐性などの問題を持つものが少なくありません。薬に依存してしまうと、完治を目指せなくなるだけでなく、薬を手放せなくなってしまう恐れもあります。

そうならないためにも、薬を使用する際の注意点を紹介しましょう。

薬のみに頼らない

薬はあくまでサポート役に過ぎません。薬さえ飲めば治るという安易な考えは禁物です。薬に過度に期待しすぎず、頼りすぎないことが重要となります。

長期の服用を避ける

特定の向精神薬には身体的にも精神的にも依存性があるものが存在しています。長期間服用を続けると、体制や依存性が形成されてしまい、断薬時が困難になります。

適応障害の治療法とは?薬はどうやって使うのが有効?

適応障害はストレスに上手く対処できないことが原因で起こります。ですから、ストレスのマネジメント法を身に付けることで完治・再発予防が可能になります。その際、薬はどのように使用していけばよいのでしょう?

ストレスは無くせないことを知る

人間が生きている限り、ストレスをなくすことはできません。たとえ一つのストレスがなくなったとしても、また別のストレスが発生するからです。適応障害の治療の第一歩は、ストレスはなくならないことを知ることから始まります。

薬はあなたを守る服

極寒の時期を裸のままで過ごすことはできませんよね。適応障害での薬の役割は、言わば寒さから身を守るための服です。薬をうまく使いながらストレスマネジメントを行っていくのが効果的です。

薬だけでは完治しない!あくまでも補助手段であることを忘れないで!

適応障害では、薬のみでは完治を期待することはできません。なぜならストレスは絶対に無くすことが出来ないからです。

根本的な解決のためには、ストレスに対する対処方法を身に着ける必要があります。完治に向けたサポート役として支えてくれるのが、適応障害における薬の位置づけに他なりません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ